父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教えbyジェイエル・コリンズ 「会社に縛られないお金」を作る

広告

個人投資家ジェイエル・コリンズさんは、インデックスファンドに投資し続けた結果、働かなくても暮らせるようになり、経済的自由を手に入れました。

娘さん宛に「お金と投資」について手紙をしたため、その内容をブログで公開したら世界中から注目されたという人です。

ジェイエル・コリンズさん自身、さまざまなやり方をやってみた上で、最終的にバンガード創業者ジャック・ボーグルの教えに従ってインデックスファンドだけに投資するのが一番であると結論づけています。

データに基づく説明なので、とても説得力があります。

人生100年時代を生き抜くために、私たちはどういう資産運用をすればいいのか、悩みますよね。

でも、いつまでも「わからない」と言って何もしないわけにはいきません。

正直、現在62歳の私は、年金に支えてもらって逃げ切れる気がします。

でも、もっと若い人は、1日でも早く投資を始めることが大切です。

私もジェイエル・コリンズさんが自らの経験から娘さんに伝えた大原則を、自分の娘たちにも伝えたいので投資に関して素人でありながらも、私の娘がわかるようにまとめてみたいと思います。

裕福になるための三原則

裕福になるための三原則は、シンプルです。

  • 支出は稼ぎより少なくする
  • 余りは投資する
  • 借金をしない

これを実践すれば良いのです!

僧侶と大臣

例え話です。

仲の良かった2人の少年が、1人は質素な僧侶に、もう1人はお金も力もある王様側近の大臣になりました。
でっぷり太った大臣は、痩せてみすぼらしい僧を見てかわいそうに思い、助けようと声をかけました。
「王様の役に立つ方法を学べば、米と豆しか食べられない生活をしなくて済むよ」
僧侶が答えました。
「米と豆で生きる方法を学べば、王様のためにあくせくしなくて済むよ」

経済的自立とは、選択肢を持っているということです。何かあれば「ノー」と言える状態です。「会社に縛られないお金」を持てば、そのおかげで自由になれるのです。

使い方をマスターすれば、お金は忠実な部下になる

ジェイエル・コリンズさんの娘さんがまだ10代の時、「お金は大切だと思うけど、一生、お金のことばかり考えたくないわ」と言ったそうです。

まだ聞く準備ができていない娘さんに対して、ジェイエル・コリンズさんは大切なことを手紙に書いたのです。

  • 複雑な世界を生き抜くために、お金はもっとも有力な道具です。
  • 生きる上でお金を理解することは最も大切です。
  • 使い方をマスターすれば、お金は忠実な部下になります。
  • うまくやれないと逆にあなたが使われてしまいます。

金融の仕組みを知らないと金融の世界で騙されてしまいます。投資は複雑で、そうする(複雑にする)ことで儲ける人がいるからです。私たちに高いお金を払わせ、罠にはめようとする人たちがいるのです。

実は、私の親戚でも株で大失敗し、大きな借金を背負い、家族を失った人がいます。「うまい話」に騙されてしまったんだと思います。

上の「裕福になるための三原則」+「健全な投資は複雑ではない」ことをしっかり覚えておきたいですね。

「会社に縛られないお金」があれば、(必要以上にいい車や大きな家は買えないけど)働かなくても生きていけるという選択肢ができるのです。

ジェイエル・コリンズさんは、

  • 収入の50%を貯蓄した
  • 借金をしなかった(自動車ローンも組まない)
  • バンガードのインデックスファンドだけに投資した

バンガードのインデックスファンド以外の株を買ったり売ったりしていた時は、失敗もかなりあったそうですが、長期的に見てみると、バンガードのインデックスファンドだけに投資するやり方が一番確実にお金が増えていくと言うのです。

ジェイエル・コリンズさんが投資を始めてから40年、マーケットは年平均11.9%の利回りを生み出しました。

1年ごとの利回りは、大きく変化しますが、40年経ってみると確かに平均11.9%を達成しています。

ただ、短期的に見ると、今回のコロナのように急降下し、今はバブル状態に急上昇しているようなことも起こりますね。

びっくりしましたが、これが市場なのだと理解しました。

これからいつどうなるのか、は誰も正確に予測できる人はいないそうです。そんなものなのだということです。

シンプルに資産を3つに分散する

リスクを分散するために、資産をいくつにも分けるという考えをジェイエル・コリンズさんは否定します。

資産を分けるのは3つだけ。

  1. 株式として、VTSAX(バンガード・トータル・ストック・マーケット・インデックスファンド)に投資する。
  2. 債券として、VBTLX(バッガード・トータル・ボンド・マーケット・インデックスファンド)に投資する。
  3. 現金

「資産を増やし、インフレに備える」「デフレに備える」「日常的な支出と緊急時への備え」に分けます。

これだけでいいと言うのです。

これ以外は不要と。

資産の増やし方を考え、1〜3の配分を決めていけば良いのです。

手数料が高いファンドは、お客様のためのものではないと断言されると、素人はオロオロになりますね・・・。証券会社が勧めるものは誰が儲かるのか、よく考えてみなさいと娘さんに教えているわけで、やっぱり投資先を選ぶときはしっかり考えなければいけません。

さいごに

ジェイエル・コリンズさん自身が40年にわたり、投資してきての実績に基づいた話なので、説得力があります。

なんのために投資するか、も重要です。

お金に縛られず、自由に生きることに成功したのは、堅実な方法をとっているからです。

まず出だしの「収入の50%を貯蓄した」ことで、投資の元手を作ったのだと思うのですが、そこが一番難しそうです。

バクチではなく、しっかりお金を貯める方法です。

人生100年時代を最後まで生活の質を落とさずに暮らしていくためには、本気で定年後の40年分の収入源を考えないといけないと改めて思いました。

今、30代初めの娘たちは、あと70年どうやって暮らしていくのか・・・私も上手に遺産を残していけるように、もっとお金の勉強をしよう。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

金沢大学 日本史専攻 卒業。お城の中にあるキャンパスで加賀藩について学び、金沢をこよなく愛する。

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!