年収200万円からの投資生活宣言by横山光昭 地道にコツコツ、少しずつ、とにかく始めよう

広告

投資は怖いというイメージは、投資についてよくわからないから思ってしまうのですね。

投資にもいろいろあるのがわかってくると、安全な増やし方が見えてきます。

家計再生コンサルタントの横山さんが言うことは、投資初心者にもわかりやすいです。

「投資は必要」ということと「インデックス投資がおすすめ」ということしかわかっていなかった私ですが、少しわかってきたことを紹介します。

超初心者レベルなので、投資に詳しい人はスルーしてください。

投資をしてもいい人

預金をしていてもお金が目減りしていくから、投資をした方がいいのですが、投資を始める最低条件があります。

  • 貯金が年収の6ヶ月分ある
  • 家計の支出がだいたい把握できている
  • 毎月支払いがきつくなるような借金がない

などです。

ただただ銀行に預けて長年ほったらかしにしているのはもったいない。一部を投資に回してみたいですね。

あれこれ調べて時間を使っても、結局よくわからないと思うので、とにかく少額から始めてみると良いです。

やりだすと興味が湧いてきて、自然と情報も入ってくるものです。

投資を怖がらない

最初は心配ですから、リスクの低いものがいいですね。その分、リターンも低くなりますが、「地道にコツコツ、少しずつ」と行った貯金と同じような感覚のものが安心です。

そして、細く長く続けていくためには、大勝ちするのでなく、負けないことが何より大事。

バクチのような金融商品は買わず、身の丈に合った投資先を選ばなければなりません。

投資初心者の心得

「すべての卵を1つのかごに入れるな」というアメリカのことわざがあります。

分散投資

資産の種類を4つに分けて、リスクを分散します。

  1. 「日本のもの」と「外国のもの」
  2. 「株式」と「債券」

日本経済が破綻するかもしれないし、外国のものを複数国持っている必要があります。

また株式と債券の値動きは常に反対の動きをするので、両方持っていると安心です。

コツコツ積み立てる

毎月少しずつ一定額で積立すると「一度に支払う出費を低く抑えられる」のと「値上がりした時は少なく、値下がりした時はたくさん買える」というメリットがあります。

長い目で考える

短期間の売り買いで一喜一憂するのはギャンブルのようで危険です。

横山さんは、株で勝負してみたとき、「投資」にのめり込んでしまって、いつも気になってしまい、これではいけないと思ったそうです。

投資を本業にしているプロの人たちと勝負するような世界は、素人が利益を出せるほど甘いものではないと断言されています。

24時間ずっと株価を監視しているような生活、ゾッとしますよね。

なんのために投資するかという目的を間違うと大変です。

実は、親戚で株で失敗して大損をした人がいます。親戚みんなに迷惑がかかり、本人は家にいられなくなりました。

それ以来、我が家では株は「キケン」だから、手をつけてはいけないものになってしまっていました。

子どものころの怖い話から、「投資」=「株」=「リスク」と思い込んでいた愚かな私です。

投資の世界では大前提として「市場は伸びていくものである」と言われているようです。

長期間、保有し続けることで、恐慌や暴落を乗り越え、市場成長の恩恵にあずかれるというわけです。

実際、コロナの影響で株価が大暴落した時はどうなることかと思いましたが、今、回復してさらに上昇していますからね。

手数料を意識する

投資には「手数料」がかかります。

  • 販売手数料
  • 株式売買手数料
  • 信託報酬(投信の管理にかかる手数料)
  • 信託財産留保額(中途解約手数料のようなもの)など

証券会社は自分たちが儲かる商品(つまり、手数料の高い商品)を売りたいと考えているから、気をつけるようにとのことです。

ただ、これについては、私は手数料がかかっても証券会社の営業担当さんがついてくれる方が安心なので、まとまった金額を投資する時は野村證券を利用しています。

自分で調べたり、相談できる人がいる場合は、手数料が安いネット証券でいいと思います。

投資初心者におすすめはインデックスファンド

横山さんも、投資初心者におすすめするのは、投資信託「インデックスファンド」です。

投資信託とは、「投資家から集めた資金(ファンド)を、プロが、株や債券などで運用し、成果に応じて収益を投資家に分配する」金融商品です。

素人が自分で探して選ぶより、ファンドマネージャーに資金を託して、効率的に増やしてもらうのが一番です。

インデックスファンドには、いくつかの投信が組み合わされている商品があるので、それだけで「分散投資」ができることにもなります。

まとまったお金を投資するなら

十分な貯金があるのが前提ですが、まとまったお金を投資したい場合のアドバイスも書かれていました。

横山さんが実際に投資してきた中での、初心者向けです。

  1. 通常の(積立型でない)インデックスファンドを組み合わせて持つ
  2. ETF(上場投資信託)
  3. 個人向け国債
  4. 外貨MMF(マネー・マーケット・ファンド=投資信託の一種)
  5. MRF(マネー・リザーブ・ファンド=公社債投信)

これらについて、詳しく知りたい人は、実際に本を読んでみてください。

私には説明が難しいです。

さいごに

投資は元本割れするリスクもあることは覚悟しておかないといけませんね。

でも、自分のお金が日本だけでなく世界の企業を応援していると思うとワクワクします。

例えば100万円を後生大事に握りしめていても、誰も幸せになれないけど、世の中に流すとそのお金がさまざまな人のところへ行き、みんなを幸せにする可能性があります。

今までだって、銀行や郵便局がそんな役割を果たしてきたはずで、私が子どもの頃は利息が5%以上だったので、父は貯金しろとうるさかったです。

預けておけば増えるのなら、誰だって預けますよね。

今は、個人で預けて増やす時代なのです。

インデックスファンドは、貯金感覚で積立できます。

私がセゾン投信で毎月33000円ずつ積立している「セゾン資産形成の達人ファンド」は、2019年1月から始めて今、1,655,780円で+368,781円利益が出ています。(2021年3月27日現在)

株価が異常に高いコロナバブルはいつまで続く? 2021年2月中旬の情勢報告

コロナで一時期-165,853円まで落ち込んだのですが、そのまま持ち続けていたら、安かった時にたくさん購入できたのですね。

とにかくわからない状態ながら始めてみると「損をしたくない」気持ちから、社会情勢・世界の動きなどに興味を持ちます。

実は、私は野村證券の商品でSDGsに取り組んでいる企業を支援する「世界インパクト投資ファンド(資産成長型)」に200万円投資しています。

自分の思いが世の中に広まったらいいなと思って、担当営業マンに選んでもらいました。

それも今+72万円の利益が出ているので嬉しいです。一時期はかなりのマイナスでしたけどね。

SDGsについては、マイナスになっても応援し続けることが大事と思っているので、これからもずっとそのままです。

貧困国にダムができて、綺麗な水が供給されるようになったりしたら、きっと子どもたちの病気も少なくなるはずです。

自分の利益も大事だけど、世界の子どもたちに役立つことができたら幸せです。

投資して、世の中にお金を回すようにしていこう!自分が損をしない範囲でね。

横山さんの本、わかりやすくためになります。

ビンボー習慣をやめてお金持ちになる本by家計再生コンサルタント横山光昭 隠れビンボータイプが危険

貯められる人は、超シンプルby家計再生コンサルタント横山光昭 お金の乱れは生活の乱れが数値化されたもの

私はこの『年収200万円からの投資生活宣言』をAmazon Kindle Unlimited 読み放題で読みました。

月980円がとっても安くてお得です。

それなのに、以前はその良さに気がつかず、なんでAmazonから毎月980円引き落としされているんだ?と混乱してしまいました。

Amazon 980円 引き落としの謎 「無料体験後の解約」を忘れないように気をつけよう【お金は大事】

その後、再度、契約し直して今に至っています。

Amazon Kindle Unlimited読み放題には良い本がたくさんありますよ。

他にAmazon Kindle Unlimited読み放題で読んだ本を載せておきますね。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

金沢大学 日本史専攻 卒業。お城の中にあるキャンパスで加賀藩について学び、金沢をこよなく愛する。

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!