プロジェクト333『 もう、服は買わない』byコートニー・カーヴァー 3ヶ月精鋭の33アイテムで過ごしてみよう

広告

「プロジェクト333」3ヶ月33アイテムで過ごし、クローゼットや日常生活にスペースをつくり、愛情あふれる毎日を送りましょう。

これまでの考え方を変え、服の着方を変え、自分が心から望んでいるものを知り、自分のクローゼットと人生に、本当に必要なものを知るチャンスです。

33着か・・・と思っていたら、33アイテムでした。

小物、アクセサリー、靴も含めての33なのです。

「絶対に無理!」と拒否する人がほとんどで、「試してみる!」と言う人はいるでしょうか?

ところが、実際には、結構いました。

ネットで「プロジェクト333」と検索してみると、「少ない数だからコーディネートを考えるのも楽だし、それがまた楽しい」と言う声がたくさん上がっていました。

プロジェクト333とは

このプロジェクトは、何を着れば良いかを提案するものではありません。

また、人と比較するものでもありません。

でも、他の人が選んでいるものの情報はとても参考になります。

やり方

まず、リストを作成します。

  • アクセサリー・小物類
  • バッグ
  • トップス
  • パンツ
  • スカート
  • ワンピース
  • アウター・ジャケット

次に、基本アイテム-毎日のように使うものを決めます。

その後で、自分が出かける時に着る服を選びます。

(例)

1毎日のように使うアイテムネックレス
2プレスレット
3サングラス
4ハンドバッグ
5仕事用のバッグ
6厚手のマフラーかスカーフ
7薄手のショールかスカーフ
8ヒールのあるパンプス
9フラットシューズ
10ブーツ
11スニーカー
12毎日のように着る服黒のTシャツ
13白のシャツ
14パーカー
15ジーンズ
16紺のワンピース
17ブレザー
18出かける時の服
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33

得られる変化

プロジェクト333にチャレンジし、クローゼットを整理して「より少ない」服で暮らし始めると大きく変化する点が5つあります。

  1. 新たなものを買わないので、消費が減る
  2. 買い物しなくなると時間ができる
  3. 部屋にも頭にもスペースができる
  4. 決断が減り、頭がクリアになる
  5. 過剰なものの重みからも後めたさからも解放される

始めたきっかけ

著者はバリバリ仕事と子育てを両立させていていたのですが、「多発性硬化症」という免疫疾患の難病になってしまいました。

そのため、生活からストレスの源になるものを大幅に取り除く必要があったのです。

家の中のガラクタを処分し、借金を返済し、持ち家も売って、ミニマリストになり小さな暮らしを始めたのがこのプロジェクトを始めたきっかけです。

33アイテムの内訳

33アイテムの内訳はどういう配分でも良いのです。

例えば、著者が初めてこのプロジェクトに挑戦したときは

  • 服21着
  • 小物 6個
  • アクセサリー 2個
  • 靴 4足

別に服を少なくして靴を増やしたりしてもOKです。

それ以外を捨てなくてもいい

まず、クローゼットおよび洋服を置いてある場所の服や小物、アクセサリー、靴を全部、1ヶ所に集めます。

そして、3ヶ月分の33アイテムを選びます。

3ヶ月分の33アイテムを選ぶわけで、別の季節になったら、別の33アイテムになるから、今着ないからと言ってそれを捨てるとかの意味ではないのです。

ただ、精鋭の33アイテムにいつまで経っても選ばれないものも当然出てきます。

それらが、処分すべき服と判断して良いものなのです。

33アイテムしか選べないから

高かったからとか、痩せたら着たいとか、そんな服を33の中に入れてしまっては、着る服が足りなくなります。

33アイテムしか選べないとなると、真剣に選びますよね。

今の体型に合わない服とはきっぱりお別れできます。

決断疲れにさようなら

わずかしかないワードローブの中から着る服を選ぶようにすれば、お気に入りの服を毎日着られるようになります。

そして、決断疲れ」からも解放されるのです。

その結果、節約できた脳のパワーを、もっと意義のある決断、創造的なアイディア、日々の問題解決のために活用できるようになります

私たちは、他人にどう思われるか、気にし過ぎています。

たった数着の服を着回していても、同僚もお客様も誰も気づかなかったということも書かれていました。

確かに仕事の時などは特に、自分が気にするほど、他人はまったく気にしてないですね。

さいごに

33アイテムに入れなくても良いとされているものもあります。

  • 結婚指輪などいつも身につけているもの
  • 下着類
  • パジャマ
  • ルームウェア
  • トレーニング用ウェア

本の中には書いてありませんでしたが、喪服なども別枠ですね。

私も7,8,9月用の33アイテムを選んでみました。

  • 服 22着
  • 小物 5個
  • アクセサリー 2個
  • 靴 4足

10月からは寒くなるので、防寒用の小物が増えて、服はシンプルになるかもしれません。

「とにかく33を超えない」と意識するのは、自分の感覚が研ぎ澄まされて良いと思います。

これから3ヶ月ごとの衣替えが楽しみになってきました。

みなさんもいかがですか?

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!