『必要十分生活』byたっく ミニマリストが家族と快適に生活する時のルール

広告

家庭を持つ30代男性が書く片づけ本もまた興味深いものです。

著者のたっくさんは、基本的にミニマリストの方と思われますが、一人で暮らしているわけではないので、家の中で自分が担当する場所とそうではないところを上手に分けています。

たっくさんが担当するのは、自分の部屋と洗面所と浴室です。

キッチン周りは奥さんの領域であり、口出しはしません。

リビングは共有スペースのため、一人で片づけられる場所ではないと判断しています。

その代わり、洗面所・浴室に新たなモノを持ち込み時は、協議をするというのです。

たっくさんが自分の領域をどのように片づけているか、その領域を家族が使う時、どういう約束をしているか、紹介しますね。

ちなみに、たっくさんにとっては、自分の部屋と洗面所と浴室が、いつ見てもホッとする快適スペースであれば、その他の場所のことは気にならないようです。

むしろ、「別の人が整理してくれているから、感謝しないと」くらいの余裕で見れるとのこと。

相手の領域を区別し、尊重することで、家族との良好な関係を保つことができているそうです。

潔癖な人と普通の人が一緒に暮らす際の参考になりそうです。

お風呂は毎日すべて洗う

たっくさんにとって、お風呂場に必要なモノは、シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、ひげそり、スポンジだけ。

ひげそり用のジェルはコンディショナーで代用です。

家族と協議した結果、シャンプーとコンディショナーは、個人別にせず統一されています。

お風呂から上がるとき、お風呂場のすべてをスポンジで洗います

排水口も毎日洗います。

そして、自分の体を拭いたタオルで、お風呂場全体を拭きあげます

お風呂場には、ラックもカゴもなく、ホテルのようにシャンプー、コンディショナー、ボディソープ、ひげそり、スポンジが並んで置かれているだけ。

女性の場合、化粧落とし用のクレンジング等、置きたいところですが、それはお風呂場には置かないという約束になっているらしい・・・ちょっと厳しい・・。

モノがあればあるほど、毎回すべてを洗って拭くのが億劫になるからということです。

私は、銭湯方式で小さなカゴに入れて持ち運びしているのですが、かごがヌメヌメになってしまうのは否めません。

洗って拭いて並べておくというのも良いかもと思いますね、本当にホテルのようです。

洗面所 1日1回しか使わないモノはしまう

洗面所は細かいモノが多く、乱雑になりやすい場所です。

たっくさんのルールは、「1日1回しか使わないモノは、洗面台の下にしまう」です。

洗面台の上に置いてあるのは、タオル、歯ブラシ、ハンドソープだけ。

そして、1日1回、鏡も含め、洗面台を綺麗に拭きあげます

洗面台も毎日ホテルのような状態が保たれているのです。

家族は、最初、抵抗があったようですが、今では歯磨き粉もしっかり戸棚にしまっているそうです。

慣れですかね?

持ち物全部ミニマリスト

たっくさんは、完全なミニマリストと言えそうです。

なにしろ、靴は3足、下着は3枚、バスタオルは不要、洋服は必要数のみ、本は現在読んでいる最中の本だけ、音楽はデジタル管理、会社のデスクもまったく無駄なしです。

さいごに

「おわりに」の部分で、「私が新しいルールを作り、家の中を引っ掻き回しても、温かい目で見守ってくれた妻に深く感謝します。」と書いてありました。

確かに、ここまで徹底したい人と一緒に暮らすとなると、いつも厳しい寮生活のようなモノですからね(笑)

でも、自分の領域はきれいを保ちたいと思うとここまでのルールというものが必要になってくるのかなとも思えました。

私たちは、どちらかと言えば、ルールを決めないから、モノが増えていくし、ルールを守らないから、ごちゃごちゃになっていくのです。

人に決められたルールは守れませんが、自分で決めてみるのも大事なことなのでしょう。

現代は、家の中のルールがなさすぎるかも。

我が家も祖母がいた時は、掃除担当場所が決まっていて、姉が廊下で私は階段でした。

大晦日に掃除して溜まったゴミをチリトリに入れたまま、階段に置きっぱなしにしてあったら、元日の朝、祖母にメチャメチャ怒られました。

うるさいババァやなと腹が立ちましたが、今となっては、なんてとんでもないことをしたのかと恥ずかしい思い出です。

共有部分に私物を置かないをルールとするのは、厳しいかもしれないけど、きっと会社も家も綺麗を保てると思います。

私は今回、この『必要十分生活』をAmazon Kindle Unlimited 読み放題で読みました。

月980円がとっても安くてお得です。

それなのに、以前はその良さに気がつかず、なんでAmazonから毎月980円引き落としされているんだ?と混乱してしまいました。

Amazon 980円 引き落としの謎 「無料体験後の解約」を忘れないように気をつけよう【お金は大事】

その後、再度、契約し直して今に至っています。

Amazon Kindle Unlimited読み放題には良い本がたくさんありますよ。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!