シンプルに生きるby ドミニック・ローホー 自分で自分をもてなして、ご機嫌に過ごす

広告

シンプルに生きるとはどういうことでしょう?

「たくさんのものを捨ててきて、これ以上何を減らせば良いのだろうか?」と迷いながら、 ドミニック・ローホーさんの『シンプルに生きる』を読んでみました。

そして、「な〜んだ。自分で自分をもてなして、ご機嫌に過ごすことなのか!」と 腑に落ちたのでした。

モノを過剰に所有することをやめると、モノに対して使っていた時間が減り、自分自身にかける時間が増えます。体をケアし、心の中の整理をすると、自分の持っている可能性を再発見することができ、意欲が湧いてきます。

「モノを捨てる」の次の段階に進んだ方に紹介したいのが、「体のケア」です。

ドミニック流 シンプル美容術

ドミニック・ローホーさんは、「自分の体は自分が作り上げるもの。体を徹底的にきれいにしましょう。」と言っています。

「シンプル=何もしないこと」と大きな勘違いをしていた私は、びっくりしています。

高い美容液を塗ったり、エステへ行くのではなく、自分で自分をきれいにするということです。

ボディブラッシング

ドミニック流ボディブラッシングは、体を洗う前に、 ボディブラシでブラッシングをします。

ブラッシングは、足の指から始めて、足、かかと、足首、ふくらはぎ、膝、腿(太腿を一周させる)、尻、腹部、胸、脇腹、脇の下、腕の裏側、肩、指、手、首そして耳(もちろんここは強くこすらない)の順に行います。特に足と手指の爪の甘皮は、入念にブラシをかけましょう。

ブラッシングすることで、肘の黒ずみ、膝やかかとのざらつき、足のタコなどといった症状が改善されます。 毛穴が開き、皮膚呼吸が活発になり、爪も硬く丈夫になります。

また、リンパの流れも良くしてくれます。リンパ系統は、体のあらゆる組織にたまる老廃物の排泄を促す大切なシステムです。体が宿している老廃物の3分の1が汗腺を通して表皮から排泄されるのです。

オイルを塗る

市販の栄養クリームや保湿クリームより、料理に使うオリーブオイルなどを少量塗るのが良いです。

ドミニック流では、月に1、2回、入浴前にオイル大さじ1を体中に塗ってから熱いお湯に浸かるのがおすすめです。

熱によって開いた毛穴からオイルが皮膚に吸収されてしまうからか、意外と浴槽が油っぽくなりませんとのことなので、チャレンジしてみたいと思います。

お風呂上がりには、赤ちゃんの肌のようにツルツルになっているそうなので、楽しみです。

ネイルケア

爪のお手入れは怠らないように、とのことです。

「手入れの行き届いた爪は、自分の気力にも、周りに与えるイメージにも魔法の作用を及ぼします。」と書かれていて、全然お手入れしていない私は、今、ヤバいなぁと凹んでいるところです。

全然、意識が足りない足の指も心を配りたい。

さいごに

「シンプル主義37カ条」の中では、次の3カ条がいいなと思いました。

  • 「 ものを処分したり、他人にあげたりすることに罪悪感を抱かない」
  • 「1年間一度も使わなかったものは、すべて捨てる」
  • 「場所を移動させただけで片付けたと思わない」

『シンプルに生きる』には、たくさんのことが書かれているのですが、シンプルライフのための基本が簡潔にまとめられているので、すぐ読めます。

  1. ものと上手に付き合う方法
  2. 住まい
  3. ファッション
  4. 時間管理
  5. お金の管理
  6. 美容
  7. 食事
  8. 人づきあい
  9. 自己管理

「今、頭の中にたくさんのことを抱えている」という自覚のある方は、読んでみられることをオススメします。

ドミニック・ローホーさんの本は、どれも超シンプルで読むともっともっと手放そうという気持ちになります。

捨てる贅沢 モノを減らすと心が豊かになるbyフランス・シンプル生活のカリスマ ドミニック・ローホー

シンプルだから、贅沢byドミニック・ローホー 物心ともにシンプルになることで、もっと幸せになれる

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!