人気インスタグラマー8人の「#ひとり暮らし」を紹介する『わたしの「ひとり暮らし」ルール』が素敵

広告

人気インスタグラマー8人の「#ひとり暮らし」を紹介する『わたしの「ひとり暮らし」ルール』を読みました。

狭くても、毎日を丁寧に暮らしている素敵な女性たちです。

ひとり暮らし歴7ヶ月〜13年という人までいろいろですが、どの人も整ったお部屋できちんと自炊している様子が美しい写真から伝わってきます。

お部屋は1R(洋10帖)・1K(キッチン+洋5.2帖)・1K(キッチン3帖+洋8帖)・1K(キッチン+洋6帖)・1K(キッチン+洋10帖)・1K(キッチン1.5帖+洋5.4帖)・1LDK(リビング12帖+寝室6帖+キッチン3帖)・2LDKの8名です。

娘たちがいなくなり、古くて無駄に広い一軒家に一人で暮らしている私にとっては、なんだか別世界のようで憧れます。

「狭いアパートにひとり暮らし」に対して、モノが溢れていっぱいというイメージを持っていましたが、全然違いました。

それと「疲れて帰ってきて、家でだらしない」という自分の過去の姿とも全然違う世界でした。

部屋や食事、暮らしぶりそのものを写真で撮って公開するって良いことだと思えてきました。

誰も見ないところってつい手抜きしてしまいますが、誰に見られても恥ずかしくない、むしろ積極的に見てもらうくらい綺麗にしていくと自分自身が気持ちよく過ごせそうです。

素敵な写真を紹介しますね。

お料理編

美味しそうなご飯ですよね。

ランチを食べに行ってるみたいです。

自分のためにこんなにすごい料理を作るということ自体が素晴らしいです。

カフェのモーニングより豪華ですよ。

毎日こんな夕食作れたらいいなぁ・・・。

お部屋編

おしゃれなお部屋ですね-。

収納編

お楽しみ編

日頃頑張ってるから、ご褒美として、旅行に出かけるのが楽しみな人が多いようです。

この能登半島の端っこにある珠洲は、金沢から車で3時間もかかるところなんですよ。

私も数回しか行ったことないけど、とっても綺麗な場所です。

さいごに

人気インスタグラマーさんたちの暮らしを見せてもらって、私はとても参考になりました。

今まで外に向いていた目がますます内側に向いてきました。

自分の暮らしを大切にすることは、自分自身を大切にすることです。

長い間、家の中ではジャージで過ごすという生活をしてきた私でしたが、家の中こそいい気持ちで過ごしたいと思い始めています。

自分のために美味しいご飯を作るというのも大事ですよね。

子どもがいなくなったら、途端に作る気がしなくなったと同級生たちも言っています。

それくらい「他の人のために」頑張ってきたのです。

これからは「自分のために」頑張ってみたいですね。

他にも「ひとり暮らし」の参考になる本があります。

coyukiさんの『ラクに、すっきり、自分らしく 大人の小さなひとり暮らし』に新しい世界を見る

辰巳 渚さんの遺作 ひとり暮らしのバイブル 親としての溢れる愛情に涙が出る

ていねいなひとり暮らし 人気インスタグラマーshokoさん 賃貸1Kでの豊かでしっかりした暮らしぶりが素晴らしい

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!