28文字の片づけ 今日の下着で救急車に乗れるか?by yur.3 鋭い言葉で核心をつかれドキッとする

広告

捨てたい気持ちを後押ししてくれる格言をインスタグラム(@yur.3)で発信し、フォロワー数12万人を超えるyur.3(ゆりさん)の『28文字の片づけ』を読みました。

これは、本というより「格言集」という感じで、うむうむと唸りながらサラッと読めます。

「今日の下着で救急車に乗れるか?」という強烈な表現がインパクトありますが、それ以上にドキッ、ズキッときた言葉があるので紹介したいです。

きっとみんな心当たりあるだろうし、言われてイタイ思いをすると思います。

覚悟して読んでくださいね。

片づけとは

使わないペン1本を減らしたところで
その瞬間から劇的に暮らしが良くなることはないけれど

その使わないペン1本さえも減らせない人は
一生変わることはない

最初から結構すごいですよね。

洋服

古いパンツも捨てられず
女をサラリと捨てていく

ズキンときます。

適当な服で過ごせば
適当な1日になる

その通り。

1週間着ない服には
着ない理由が必ずある

確かに認めざるを得ません。

他人から見えるのは
服の量より質だった

これは、私にとってホームランでした。これから服を買う時、絶対良いものを買おうと決心。

「高かった」のは過去の話

反省・・。

「とりあえず」は敵

何事においても「とりあえず」は敵。

とりあえず買っておく。とりあえず置いておく。

判断を先延ばしにすると、面倒なことほど溜まっていく。

買い物も掃除も断捨離も「今、この瞬間」。

後回しにしない。

整理整頓は「とりあえず」を減らすこと

「何かに使える」と思うものは、ほとんど何にも使わない

店で迷ったら買わない。家で迷ったら捨てる。

溜めない

物とゴミとストレスを溜めない人はうまくいく

最近、なんとなくイライラすると感じる時、物質的にも精神的にも「不要なもの」が溜まっているのかもしれませんね。

厄払いより
神頼みより
トイレの掃除

 

あはは・・・、まさにその通りでございます。

 

ホコリを溜める人に
お金は貯まらない

暮らしをないがしろにする人にお金は貯まらないということで・・・。

さいごに

ゆりさんは、「手放すことで人生が変わる」というメッセージを独自のyur.3という世界観の中で一生懸命伝えています。

そして、本の中で「うーん」と思い、ピンとこないものは片づけと同じように捨ててくださいって書いてあります。

「必要な言葉だけをそっと頭の片隅に置いていただければ幸いです。」と結んでいます。

いいですね。

自分にとって必要なものだけ受け取る、それでいいのだと思います。

私にとっては、「他人から見えるのは、服の量より質だった」という言葉がすごく響きました。

ものはたくさんあっても意味がなくて、結局はどれだけ自分が気に入っているものを使っているかなんだと確信できたからです。

短い言葉に思いを込めるという素敵な本でした。

ミニマリストさんたちの本をまとめました。良い本ばかりなので、ぜひのぞいてみてください。

ミニマリスト本 16冊 「時間」「お金」「心」が豊かな生き方の参考になります

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

金沢大学 日本史専攻 卒業。お城の中にあるキャンパスで加賀藩について学び、金沢をこよなく愛する。

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!