沖 幸子著『50過ぎたら、暮らしは単純、気持ちは豊かに』人生100年時代 やり残し癖を改めて、お金も時間も無駄にしない (祥伝社)

広告

沖 幸子さんと言えば、「ドイツ式片づけ術」「ドイツ流掃除の賢人」で有名な方です。

生活経済評論家で、家事サポートサービス「フラオ グルッペ」代表、大学客員教授(起業論)もされており、経済産業省、厚生労働省などの政府審議会委員までも務めておられます。

著書として『ドイツ流 掃除の賢人―世界一きれい好きな国に学ぶ 』や『50過ぎたら、ものは引き算、心は足し算』などがあります。

この本『50過ぎたら、暮らしは単純、気持ちは豊かに』の最初にお部屋の写真が出ていますが、どれを見てもうっとりする素晴らしさです。

高級過ぎて、自分の家の実態と全然違いますが、ドイツ流の無駄のない考え方はとても参考になります。

老後貧乏にならないために、単純な暮らしにシフトする

この本を書くきっかけになったのは、”老後貧乏”という言葉に踊らされて、老後の不安におののく前に、もう一度自分の足元の暮らしを”単純”に見つめ直してみることが、すべての解決策につながると思ったからですと書かれています。

老後は、暮らしを単純にして、シンプルに生きましょうということです。

ものを減らし、小さな家事を毎日こまめに行う。健康生活を心がけ、他人と比べず、ユーモアのセンスを持って、今日に感謝する。

書かれていることは、すべてその通りと頷くことばかりです。

やり残し癖を改めよう

この本の中で、特に私がハッとさせられたのは、「3章 単純に使う-時間とお金の流れをスムーズに-」に書かれていた”やり残し癖”を改めるという部分です。

きちんと最後までやって次の行動に移れば、あとでそのやり残しを完成させる必要がないことを自覚しましょうという言葉は、とても耳が痛いです。

一言で言えば、他人から見て”だらしない”と思えるものを改善しましょうということで、私がドキッとしたのは

・脱いだ服をハンガーにかけない
・使った道具を元に戻さない
・使った後の洗面台の水滴をそのままにしておく
・水道の水を出しっぱなしで歯を磨く

などです。

特になんでもすぐ一時置きをしてしまい、定位置まで片づけないのが私の”だらしない”ところです。

沖さんは、このような”だらしない”生活は、時間の使い方として無駄だと言い切ります。

厳しいですが、その通りですよね。

子どもの頃、祖母に注意されていたことを思い出します。

明治生まれの祖母は、少ない持ち物をとても大切にする人でした。

使ったものを片づけずに出しっぱなしにしているのは、お金の無駄+時間の無駄ですね。

行動と行動の”つなぎ”の時間を考えて予定を組む

いつも予定時刻ギリギリで、待ち合わせの場所に飛び込んでくる人のことを「少し余裕を持って行動すれば避けられることなのに、あたふたと駆けずり回っていて気の毒」と言う沖さん。

私のことだ-と小さくなります。

行動と行動の間に移行時間、つまり”つなぎの時間”を考えて予定を組むことが重要ですとまたまた耳が痛い。

言われる通り、余裕のない行動は、遅刻したり、約束をキャンセルしたりしなければいけない最悪の恐れも出ます。

その通りです。

時間ギリギリってやっぱりだめですよね。

つなぎ時間は、次の行動の準備する時間。

朝食の後片づけと同時に、次の食事の献立を考える。気分転換して次の作業に取りかかる。

その時間のことをないがしろにするから、肝心の大事な用事の時間に集中できなくなるくらい慌てなければならなくなります。

当たり前のことなのに、いまだにできていなくて、反省します。

さいごに

読んでいて「その通り」と頷きながら余裕で読める部分と「あ-、その通りでございますぅ」と反省しながら読んだ部分がありました。

耳が痛いと思いながらも、誰かにこういう厳しいことを言われないとちゃんとできないよねと思ったりします。

年齢を重ねると誰も何も言ってくれなくなります。

独りよがりになって、人に迷惑をかけていても気づかなかったりすると悲しいですよね。

老後はどういう暮らしをしたら良いのか、その老後を沖さんは「50過ぎたら」とシリーズ化しています。

本当に年取ってしまったら、こういう本を読めないと思います。

人生100年時代で考えると50歳は折り返し地点であり、60歳はもう復路です。

どういう生き方をするか、早く決めてしまわないとお金も足りなくなってしまいます。

今、60歳の私は、あと40年をどんなふうに生きるか、をいつも考えています。

マラソンの終盤は体力がかなり衰えていて、体はしんどいでしょう。

お金も時間も無駄遣いしないで、最後まで笑顔で完走したいですね。

ミニマリストさんたちの本をまとめました。良い本ばかりなので、ぜひのぞいてみてください。

ミニマリスト本 16冊 「時間」「お金」「心」が豊かな生き方の参考になります

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!