『秒でやれ 大丈夫、あなたは幸せになれるから』by鴨頭明子 悩んでいても、何も解決しない。すぐ行動しよう!

広告

やりたいことがあっても、前に踏み出せない人に、鴨頭明子さん(以下、かもあきさん)は、

「悩む暇なんてない!いいから秒でやれ!」

と励まします。

「お金がないから、 子育てで忙しいから、夫の反対があるから。
みんな、何か(誰か)のせいにして、自分の思いを押し殺してしまっている。
そして、自分には無理だと自分で自分に言い聞かせてしまっている。」

かもあきさんは、どんな時でも、自分の想いに従って行動するのです。

「5分考えても、5時間考えても、結果は同じ」

確かに・・・・。

テストの時のように、最初に思い浮かんだ答えの方が正解で、後で見返して直したら間違ったみたいなことも多いですよね。

一歩踏み出す勇気がなくて、延々、悩み続けて、結局、行動しない人へ

「悩んでいても、何も解決しない。すぐ行動しよう!」と励ましてくれます。

行動できない人は、自分に価値がないと思い込んでいるだけなのかもしれません。

とにかく、根っから明るくて、パワフルな、かもあきさん。

こんな人がすぐそばにいたら、うじうじした気持ちが吹っ飛びそうですよ。

早速、紹介しますね。

良き妻、良き母にならなくていい!

お母さんは、真面目すぎ、頑張りすぎ。

お母さんに対して、よく言われることではありますが、どうしても陥ってしまうところです。

お母さん自身が「優しくて、家事もちゃんとこなす、素敵なお母さん」になりたいんですよね。

かもあきさんは言います。

「大丈夫。その『素敵なお母さん』は、世界中どこにもいませんから!」

もし『素敵なお母さん』っぽい人がいたとしても、あなたが「見える部分だけ」切り取って、あの人はすごいと決めつけて、自分で勝手に落ち込んでいるだけ。

そういう人は被害妄想クラブの会員だと(笑)

家事なんか適当でいいんで、ニコニコ笑ってください!

お母さんが笑顔で幸せな状態でいることが、子供の幸せなのです。

子どもはお母さんが思っているより、ずっとずっとお母さんが大好き。

お母さんは、もう十分頑張っているから、大丈夫!

笑っていれば、大丈夫!

一番大事なことは、お母さんが笑っていることだったのですよね。

私自身、子育て期間を振り返ってみると、必死で・・全然笑ってなかった・・・。

もったいないことをしたなぁとつくづく思います。

今、子育て真っ最中のお母さん、ぜひぜひ笑ってください。

面倒なお付き合いは、もうおしまい!

かもあきさんは、他人の言うことには耳を貸さないんだそうですよ。

なぜかと言うと、他人は責任をとってくれないから

良かれと思ってアドバイスしてくれる親だって、「自分がそうありたかった」という願望を子どもに押し付けているだけかもしれない。

子どもが「他人の言うことばかり聞く良い子」にならないよう、自分で選ばせてあげることが大事。

子どもも大人も、自分の頭で考え、決断し、行動し、自分の人生に自分で責任を取らないといけませんよね。

カール・ロジャーズの2:7:1の法則が紹介されていました。

自分の周りにいる10人のうち、2人は気の合う人、7人はどちらでもなく、1人は気が合わない人。

どうしても自分と合わない1人が気になると思うのですが、10人中9人は好意的なのです。

だから、わざわざ1割の人に自分を合わせる必要はないって。

苦手な人との面倒なお付き合い、やめていいってことです!

節約なんてしなくていい!

お金の不安があると言う人に限って、意外とお金を持っているらしいですよ。

「月々、あと10万円お金が増えたらいいのに」と思っている人は、仮に10万円増えたとしても「あと20万円くらいお金が増えたら・・」と言い出すと。

結局、お金への執着を手放さない限り、安息の日は訪れないのです。

かもあきさんの旦那さんは、YouTube講演家の鴨頭嘉人さんです。

会社員を辞めて独立して数年、収入がなかったけれど、かもあきさんは貯金を切り崩しながら「ないならないなりの使い方をすればいい」と考えて、収入ゼロの間もずっと幸せだったと言います。

そして、もし、旦那さんが突然働けなくなったら、自分が働いて家計を支えていくという覚悟です。

お金が足りないなら、自分で稼げばいい

ため息なんかついている間に、行動ですね。

さいごに

かもあきさんのオンラインサロン「かもあきお花畑サロン」メンバーからのメッセージも載っていました。

かもあきさんから刺激を受け、励まされて、結果的に幸せを感じることができるようになっていった人が多く,読んでいて心が温かくなりました。

その中のお一人が書かれている文章です。

イライラしていた頃の私にも娘はちゃんと「ありがとう」を伝えてくれていました。
しかし、時間にも心にも余裕がなかった私は、「はいはい、わかったから早く支度して」と受け流していました。
以前よりも少しずつ穏やかな心になったおかげで、娘からの「ありがとう」が心の芯まで沁みるようになりました。
そして、「ありがとうって言ってくれて、ありがとうね」と私も娘への「ありがとう」が増えました。

触れ合い、笑顔で目を合わせる時間が増えたことを喜びと感じているのが素敵です。

家族と心が通じ合うのが、何よりの幸せですよね。

自分軸をしっかり持って、堂々としていればいいんだと確信できました。

ウジウジ悩んでいる人には、ここまで前向きな人のアドバイスは向かないかもしれませんが、一歩進みたいと思っている人にはオススメです。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!