精神科医が見つけた3つの幸福by樺沢紫苑 これを読めば幸せになる方法がわかる

広告

『精神科医が見つけた3つの幸福』には、幸せになる方法が実にわかりやすく書かれています。

ずっと長い間、苦しい人生を送っていた私が、最近、とても幸せだなぁと感じられるようになったのがなぜか、その理由もわかりました。

「幸せ」ってどういうことなのか、抽象的でとらえどころがないように思えますが、実は脳内物質の反応だったのです。

この仕組みが理解できると幸せを実感できる人が増えると思います。

早速紹介します。

幸福とは「脳内物質」だった

私たちが「幸せ」と感じる時、主に「セロトニン」「オキシトシン」「ドーパミン」という脳内物質が分泌されています。

3大幸福物質と呼ばれているものです。

  • 「セロトニン」が出ていると、爽やか、安らかな、穏やかな幸福感が出ます。
  • 「オキシトシン」が出ていると、人やペットなととの「つながり」「愛情」、あるいは赤ちゃんを抱っこしているときの、愛に包まれた幸福感が出ます。
  • 「ドーパミン」が出ていると、心臓がドキドキするような高揚をともなう幸福感が出ます。

3つの幸福には優先順位がある

この3つの幸福には優先順位があり、その順番を間違うと不幸になるのです。

セロトニン的幸福がベースにあり、その上にオキシトシン的幸福、その上にドーパミン的幸福です。

心と体の健康が土台です。

セロトニン的幸福を蔑ろにして、つまり健康を害してまで頑張って、成功を手に入れようとしてドーパミン的幸福を追求しようとすると、メンタル疾患や身体疾患に陥るのです。

それでは幸福になるどころか、不幸になります。

また、家族のつながりを軽視して、仕事で頑張りすぎると、どれだけ仕事で成功しても家族がバラバラで「幸せ」とは言えません。

オキシトシン的幸福が先で、ドーパミン的幸福はその後なのです。

セロトニン的幸福が失われると、連鎖的にオキシトシン的幸福も失います。

セロトニン的幸福+オキシトシン的幸福という土台があって初めてその上にドーパミン的幸福が積み上げられるのです。

実は、私はずっと幸せを感じることができませんでした。

仕事ではうまくいくことが多かったのに、定期的に心が落ち込むことがあるのです。ふとした時の孤独感がとても寂しかった。

今思えば、子供がいるのに離婚したことで自己肯定感が低く、娘たちから信頼されていないと感じていて自信を喪失していたのでした。

余裕がなく、娘たちを十分受け入れてあげることができていなくて申し訳なかったといつも思い悩んでいました。

それでいて母子家庭でもちゃんと育てていかなければと必死で仕事を頑張っていたのです。

そんな私が、父が倒れて早期退職してから、さらに骨折して体が不都合になってから、不動産関係の仕事のことで悩みポツポツ娘たちに相談するようになってから、少しずつ関係が変わってきました。

今は、良い距離感でお互いを尊重しているので、以前とは比べ物にならないくらい良い関係になってきました。

そしたら、私は毎日がとても幸せだと思えるようになってきたのです。

もっと早くに「仕事」より「家族」が大切なのだと気づけば良かったとつくづく思います。

セロトニンは家族も守る

健康は幸せのためにもっとも重要なことです。

ただ、自分がどれだけ幸せでも、家族が病気だとその幸福は一瞬で消失します。

私自身も父親が突然、脳幹部出血で倒れて手術もできない状態で集中治療室に運ばれ、今晩がヤマですと言われた時、どうしていいかわからずオロオロになりました。

その後2年間寝たきりで何度も誤嚥性肺炎を繰り返し、その間、母まで入院することがあり、それでいて100歳を超える祖母は健在で、私は仕事どころではありませんでした。

高齢者の健康管理は家族が守る

実は父が倒れる少し前、なんとなく歩き方が変だなということは感じていたのですが、見て見ぬふりをしてしまっていました。

膝が痛いので痛み止めの注射を打っていたことを後で知りました。車の運転が得意だったのに、道がわからなくなって戻ってきたりしていたことも。

そのため、母と同居した時、母が飲んでいる睡眠導入剤をやめさせたり、整形外科で痛み止めの注射を打つのをやめて別の整体へ連れて行ったりしました。

高齢になった親が寝たきりになったり、要介護になったりすると、結局家族が困ります。

喧嘩になることもありますが、病気にならないように、認知症にならないように、守ってあげるのも家族の役割なのです。

本人の「大丈夫」は信用しない

どう見ても調子が悪そうなのに「大丈夫」という人、いますよね。

そういう人は、自分の調子がいいのか悪いのかもわからなくなっています。人に悪いところを見せないように取り繕いたい心理も働いて、実際にはもっとひどい状態かもしれません。

樺沢先生が言うには、「大丈夫」を連発する人ほど、病状が進行していて、すぐにでも治療しなければいけない状態に陥っていることが多いそうです。

運動は認知症予防にも絶大な効果があり、1日20分の散歩で、アルツハイマー病のリスクが半分以下に減るらしい。

「散歩しなさい」と言ってもしないので、「一緒に買い物に行こう」とか誘わないといけないようです。

さいごに

樺沢先生がメンタル疾患の予防、自殺の予防を呼びかける情報発信をするきっかけとなった、ご自身の突発性難聴に、私もなったことがあります。

なんとなく聞こえにくいと思って耳鼻科へ行き、検査すると右耳ではすぐに聞こえる音が左耳ではキーンと高い音になるまでなかなか聞こえませんでした。

生まれて初めて聞こえないという状態を経験して怖いと思いました。

幸い、私も薬を飲んで1週間くらいで治ったので良かったです。

結局、私の場合も原因はさまざま考えられますが、要はストレスでした。

忙しかったのです。

自分の健康・家族の健康がなにより大切です。

そして、家族で助け合うことです。

その土台があってはじめて、ワクワク・ドキドキするようなドーパミン的幸せを手にすることができます。

絶対に土台を崩さないようにしなければいけません

その土台さえしっかりしていれば、幸せになることはたやすいことだと思います。

たくさんの人がこの本を読んで、本当の幸せを実感できたらいいなと願っています。

樺沢先生の本は、とてもわかりやすくためになります。

不安な時こそ、行動すべし『ストレスフリー大全」by精神科医 樺沢紫苑

ブレインメンタル強化大全by精神科医 樺沢紫苑 withコロナ時代だからこそ絶好調で乗り切ろう

インプット大全by精神科医 樺沢紫苑 インプットは量じゃなくて質が重要だ 不要な情報は入れない努力を

ストレスを受け入れる 精神科医 樺沢紫苑 著『人生うまくいく人の 感情リセット術』

精神科医 樺沢紫苑 著『神・時間術』は全ての真面目すぎる日本人に読んでほしい本

精神科医 樺沢紫苑さんの「アウトプット大全」を読んで やる気が一気に出た!

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

金沢大学 日本史専攻 卒業。お城の中にあるキャンパスで加賀藩について学び、金沢をこよなく愛する。

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!