反応しない練習by草薙龍瞬 「妄想」「判断」をやめれば人生が楽になるブッダの超合理的な考え方

広告

草薙龍瞬という方の『反応しない練習』という本を読みました。

草薙龍瞬という方は、僧侶ではありますが、とても変わった方だと思います。1969年生まれ、中学中退後、16歳で家出上京。放浪の後、大検(高認)を経て東大法学部卒業。政策シンクタンクなどで働きながら「生き方」を探求し続け、出家後、インド・ミャンマー・タイで学ばれました。

現在、インドで仏教徒とともに社会改善NGOと幼稚園を運営。日本では宗派に属さず、実用的な仏教の「本質」を、仕事や人間関係、生き方全般にわたって伝える活動をしておられます。

「もっと人の幸福に役立つ合理的な仏教」を伝えている方ととらえたら良いのかなと思われます。

それから、「反応しない」という言葉に対して、私は最初「仏教だから悟りを開いて、何があってもなかったことにするってことかな?」「それって、どうなん?」と否定的に見ながら読み始めてしまいました。

そこまで首を傾げながらも読んでみようと思ったのは、Amazonで私へのおすすめに上がっていたこの本がすごく多くの人に読まれていることが気になったからです。

読んで、すぐ、自分の考えが浅はかだったと気がつきました。

この本、素晴らしい本です。

私がハッとしたことをお伝えしたいと思います。

ムダな反応をしなくなれば人生が楽になる

動揺しない、落ち込まない、腹が立たない、プレッシャーを感じない、人前に出ても緊張しない、過去を振り返って後悔しない、先のことに不安を感じない。

これができたらいいですよね。

ブッダは「心のムダな反応を止めることで、一切の悩み・苦しみを抜けることができる」と説きます。

この本の特色は、悩みを解消する「ブッダの考え方」を原始仏教に学ぶことです。

原始仏教には、宗教的な内容とは異なる、実用的で、合理的な、現代にも使える「考え方」が溢れているとのことです。

「妄想」をやめる

「妄想」は特別なことを空想することと思いがちですが、実は人間がもっとも得意で、大好きでほぼ一日中絶え間なく繰り広げている、ナンバーワンの煩悩だそうです。

仕事や家事に追われて「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」と感じたり、「この先どうなるのだろう」と不安にかられたり、過去を振り返って落ち込んだり、これらは全部「妄想」なのでした。

そう言われてみればその通りですよね。

私なんて、いつも考え事をしています。未来のこともずっと先のことまで「妄想」しているし、過去のこともずっと昔のことも思い出して「妄想」しています。

目を閉じてみるといいそうです。

いろんなことを想像して、パッと目を開けると、そこにはさっきまで想像していたものはなく、現実の世界が見えます。

そのとき、「さっき見ていたものは、妄想である」「今見ているのは、視覚(光)である」と意識できます。

「妄想」ではなく、「視覚」など身体の感覚を大事にしないといけないんですよね。

今の自分を感じることが大切。

「いい・悪い」「好き・嫌い」をやめる

人が悩んでしまう理由の一つは、「判断しすぎる心」にあるようです。

「判断」は人の心を縛りつけてしまうのです。

運勢がいい・悪い、あの人はいい人・悪い人、好きだ・嫌いだ、自分は正しい、こうでなければ、自分はダメな人間だ、どうせ失敗するに決まっている、私にはそれだけの能力がない・・・。

こんな言葉をよく言うし、よく聞きますよね。

一人で結論を出してしまっている、これらは全部「判断」

「判断」が私たちの人生を支配してしまっているのです。

人間は、「判断」しすぎるのです。

なぜなら、判断することが気持ちいいからのようです。

わかった気になって、結論が出せた気がして、安心するのです。

そして、判断することで認められた気分になるため、他の人にも同意を求めたりします。

自分は間違っていないと思いたいのですね。

ただ、この間違っているとか間違っていないというのも「判断」

人が苦しみを感じるとき、その心には必ず「執着」がある。

サラサラと流れる小川のような心で、そのままを見ると良いのに、「執着」ゆえに滞り、苦しみを生み出すようです。

まず、「判断」をやめるということからですね。

現実は常に無常-変わりゆくもの-

仏教では、人も心も無常-うつろいゆくもの-ととらえます。

私たちは、自分も相手も「昨日と同じ人物」だと思っているけど、お互い「心は常に変わっている」のです。

だから、「過去にあんなことをした、こんなことを言われた」と『執着』せず、「新しい人」として向き合うとうまくいくようです。

この部分を読んだとき、特にズキーンときました。

過去のことをいつまでも根に持って、恨みつらみをこぼしてしまう私がいます。

もうずっとずっと前のことなのに、いつまでもグチグチと。

もう終わってしまったことに私が『執着』していただけなんですよね。

そう思ったら、なんだか、自分のことをしつこくて嫌なヤツだなって思えて、笑えました。

良かったです。

さいごに

この本を読んで、とても楽になりました。

「妄想」したり「判断」したり、「執着」したりしないようにすれば、絶対楽になると確信できます。

2020年は、誰にとってもかなり苦しい年だったのではないかと思われます。

そんな年の最後に、こういう本に出会えるととてもいいですよ。

いいとか悪いとか、また「判断」してしまっていますが、いいものはいいので、オススメします。

こんな良い本を私はAmazon Kindle Unlimited 読み放題で読みました。

月980円がとっても安くてお得です。

それなのに、以前はその良さに気がつかず、なんでAmazonから毎月980円引き落としされているんだ?と混乱してしまいました。

Amazon 980円 引き落としの謎 「無料体験後の解約」を忘れないように気をつけよう【お金は大事】

その後、再度、契約し直して今に至っています。

Amazon Kindle Unlimited読み放題には良い本がたくさんありますよ。

他にAmazon Kindle Unlimited読み放題で読んだ本を載せておきますね。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

金沢大学 日本史専攻 卒業。お城の中にあるキャンパスで加賀藩について学び、金沢をこよなく愛する。

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!