『 家じゅうの「めんどくさい」をなくす。』by家族の片づけコンサルタントsea 散らかる家は必ず、何かがめんどくさい

広告

「散らかる家は必ず、何かがめんどくさい。」

確かに、その通りだと思いませんか?

私は、鋭いところを突かれたと思いました。

片づけのプロとして、20年以上、のべ6万軒もの家へ行ってきたというsea(シー)さん。

今は、「タスカジ」という家事代行マッチングサービスを通じて依頼を受け、1回3時間の片づけサービスを提供されています。

「リバウンドしない」「来てもらったその日から散らからなくなった」と評判で、ご指名が多く、『予約が取れない家政婦』として人気の方です。

片づかないのは、仕組みのせい

seaさんがクライアントさんの家を訪問すると、みんな「すみません」と謝り、「ぐちゃぐちゃで申し訳ない」と恐縮し、「自分は片づけられない人間なんだ」と卑下し、「片づけなきゃと思っているけど時間がなくて」と弁解するそうです。

目に浮かびそうな光景ですね。

片づけのプロに家の中を見てもらうとき、誰でもそうなると思います。

お金を出して来てもらっているんだから、堂々としていればいいのにね(笑)

seaさんの片づけは、この「自分が悪い」「家族が悪い」という目線をやめてもらうことから始めるそうです。

「片づかない」家は、必ず何かが「めんどくさい」からで、片づかないのは、人のせいではなく家のせいだとseaさんは言い切るのです。

「めんどくさい」を解消するには

じゃあ、その「めんどくさい」を解消するにはどうしたら良いかですが、一番簡単なところでは、「ゴミ箱を増やす」。

いらないモノを捨てる、その場所にゴミ箱を置けば、ゴミが散らからない。

当たり前のことだけど、意外とみんな気づいてないそうです。

そう言われてみれば、私は郵便物など来たらすぐ開けて、処理するのですが、封筒を開けた時の切れ端をゴミ箱に捨てにいくのが「めんどくさい」と思っていました。

ゴミ箱を増やすとゴミを集めるのがまた「めんどくさい」ので、キッチンのゴミ箱まで10歩くらい歩いて捨てていたのですが地味に「めんどくさい」。

でも、ある時、シュレッダーのゴミ受けに直接ポイッと入れてしまうことをやったら、それからは一歩も動かずにゴミを捨てられることが楽で、もう後戻りできません。

最近は、すっかりここもゴミ箱になっちゃいました。

家じゅうの「めんどくさい」をなくす

この本を読んでから、私自身が「めんどくさい」と感じていることを自分にとって都合が良いように改善してみました。

私は、この洗濯物を2階のクローゼットへ持っていくのが、とってもめんどくさいのです。

夏は、服が薄くて軽いので苦にならないのに、冬の服は嵩張って重い。

ちょっとのことでココに溜まるのです。

それで、一応、冬場だけの期間限定として、2階へ持って行かず、次また着るまでずっとサンルームに干したままにしておくことにしてみました。

すると、なんと、すごく快適じゃありませんか!

そういうことなのですよ、きっと。

もともと靴下や下着は、洗濯乾燥機のそばにカゴを置いてそこに収納しています。

タオルやパジャマもココに。

洗濯乾燥機から出して、それぞれのカゴに入れるだけなので、あっという間に終わり、楽です。

時間がない時は、たたまずに入れることもあります。

これはこうしなければならないとか、こうした方が良いとかいうことは考えず、めんどくさいと思ったら、できるだけ楽な方を選ぶ。

人間って楽なことしか続かないんですよ。

こういう改善を1つ1つやっていけば、ちゃんと片づくようになるんだと思えます。

部屋が散らかるには理由があるから、ピンポイントでそこを改善していけば良いのだと思います。

さいごに

seaさんは、「めんどくさいをなくす」というメソッドは、片づけメソッドの中で王道ではないことや「モノを捨てる」という意思決定を先送りして、「今の生活の快適さ」をとにかく優先させる邪道なやり方を紹介することは果たして良いものか、と葛藤があったそうです。

でも、私は、とても現実的で片づけが苦手な人に役立っていいと思いますが、いかがですか。

「めんどくさい」が減ることで、人生が「快適」になりますよね。

見映えが良くなるのは、快適になってからで十分ではないでしょうか。

まずは、自分が楽をして、それでいて家の中が散らからなければ最高です。

その家その家に合う片づけの仕組みを見つけたらいいんだなと思いました。

綺麗に整理収納するのが苦手と思う人におすすめの1冊です。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!