『やましたひでこのまいにち断捨離』 (TJMOOK) 断捨離がぐんぐん進む1日1格言の日めくり

広告

断捨離は「いかに収納しないか」です。

収納アイテムに詰め込んだモノは、「収納した」ではなく「隠した」だけ。

これは、なかなか鋭い指摘、さすが、やましたひでこさんですよね。

取り出しやすく、しまいやすく、なおかつ美しい、それが究極の収納なのです。

日めくりになっている31日分のカレンダー。

表紙のやましたさん、すっごくかわいいですね。

なんだか、女優さんみたいです。

1日1日のページにもモデルとして出ています。

爽やかな笑顔で、なかなか厳しいことをズバリ言っているのが、またいいですわ(笑)

1日1格言以外にも、大事なことが書かれていたので、ここに書き留めておきたいと思います。

断捨離の心得

断捨離の心得として、要点のみ。

  1. 一軍だけ残す
  2. 過剰なストックは持たない
  3. いじましい節約はしない
  4. 詰め込まない
  5. 「使えるか」でなく「必要か」
  6. 「売れるかも」を考えず、潔く処分
  7. 平面(テーブル・棚・床)にモノを置かない

禁句

この言葉を使わないようにしよう。

  1. 「でも・だって」
  2. 「とりあえず・なんとなく」
  3. 「せっかく」

モノを手放せば、執着も手放せる

執着を手放すのは、なかなか大変です。

どうすればいいか・・・。

まずは、行動。

目の前のモノを1つ捨てる。

空間が変わり、爽快感を味わうことで、心がスッキリ。

物理的にモノを捨てることが、執着を手放す第一歩になる!

お気に入りの格言ベスト3

31個ある格言の中から、私のツポにはまった3つを紹介します。

  • 断捨離は、考えるより行動です
  • なんとなく「使える」と思う、そのいじましさ
  • 思い出は形がないとダメですか?

さいごに

やましたさんにキッパリ言われたら、逃げ場はないです。

その通り。

とにかく行動。

毎日、「捨てる」。

そして、残ったモノを美しく飾るように配置する。

ついゆるくなりがちな収納、隠した中はゴチャゴチャ。

本当に必要なモノなのか、問い返す日々に役立つ日めくりカレンダーです。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!