『斎藤一人 みるみる運を引き寄せる「そうじ力」』by舛岡はなゑ 今すぐ家の掃除をしたくなる本

広告

捨てるのは好きだけど、掃除は嫌い。

そんな私が、この本を読んだら、掃除したくなりました。

なぜかと言うと、今までは「掃除しなければならない」と思っていて、汚いからやむを得ずやっていたのですが、してもしてもまた汚れるし、疲れるし、しんどいなぁと思っていました。

掃除が好きって人、本当に几帳面なんだなぁとつい気持ちが引いてしまうほど。

でも、この本を読んでわかったのです。

掃除したら、いいことがあるってことを。

使っていないモノは捨てる

使っていないものは、自分にとっていらないモノです。

それは、陰の波動を出して運勢を悪くします。

そういういらないモノで、自分の人生を台無しにして、命までなくすことがあっては大変です。

病気になったり、ケガをしたりするのも陰の波動の影響があります。

命より大切なモノなんてありません。

高かったから・・・、◯◯さんにもらったモノだから・・・とモノを中心に考えがちだけど、使っていないモノから陰の波動が出ていると思ったら、それを持ち続ける意味があるでしょうか。

「いつか使うかもしれない」と思って、押し入れに入れてあるモノ、それらはすべて、実は「ゴミ」なのです。

それらを手放せた時、「闇の霊」を引き寄せることがなくなるはずです。

たとえ、押し入れの中に隠していても、それを片づけなければ・・と思っている自分自身から出ている陰の波動は滲み出てしまうのですよ。

神様は、どんなに隠してもちゃ〜んとお見通しです。

お財布の中を掃除して、金運アップ

お金のおうちであるお財布の中が居心地悪かったら、お金さんは長くとどまってくれません。

そして、この先、たくさん入ってきてくれません。

お財布の中はいつもうんときれいにして、お金の居心地を良くして、「まだまだ入りますよ」という状態にしておきましょう。

お札の向きを揃えるのはもちろん、端っこが折れていたりしたら、ちゃんと伸ばしましょう。

レジでお釣りをもらった時、(レジの人や後ろの人を)待たせたら悪いと思って、サッと入れて後で整えようと思いがちですが、その後、たいてい忘れますよね。

レジでもらったお札の向きを備えて財布に入れるのに、ほんの数秒しかかからないのです。

ゆっくりやったとしても、それに腹を立てるレジの人はいないと思います。

それから、一人さん流では、お金を支払うとき、今まで自分のところにいてくれたお金にお礼の気持ちを込めて「ありがとう」と言うのですよ。

出ていってしまうお金に、普通は「行ってしまうのか・・・」と残念な気持ちでお別れするわけですが、「ありがとう」と伝えるとお金も喜ぶんじゃないかというのです。

そうやってお金と仲良くしていくと、また自分のところに来てくれるようですよ。

お金と心を通い合わせ、仲良くするなんて、なんだか新鮮な発想ですよね。

1万円札とお別れするときは、「また会おうね〜」と約束しておきたいですね(笑)

家の中にけがれた場所はないか?

家は、明日への英気を養い、憩い、安らぎを得る場所です。

その場所を知らず知らずのうちにけがれ(気枯れ)た場所にしてしまっていませんかというチェックです。

窓ガラスにホコリや泥、手垢がついて汚れている。また、サッシの端に砂ボコリが溜まっているのは、NGです。

キレイになると

いい情報が入ってきて、不安や心配が減ります

汚れていたり、古いモノが置いてあったりするのは、NGです。

キレイになると

ご先祖様のご加護がいただけます。

壁・天井

壁がホコリ、あるいはタバコのヤニで汚れている。天井に蜘蛛の巣が張っているのは、NGです。

キレイになると

天のご加護がいただけます。

玄関

靴が脱ぎ捨てられていたり、三和土が砂やホコリだらけ。使っていないモノ・履いていない靴があるとNGです。

キレイになると

運気上昇、心願成就。

キッチン

流しやテーブルに洗っていない食器や食べ残したモノが置きっぱなしだとNGです。

キレイになると

健康運上昇。

さいごに

自分自身の波動も上げる努力をしたいですね。

顔がツヤツヤになるよう、洗顔後、すぐ化粧水をつけ、その後、オイルやクリームで保湿すること。

女性は明るく、華やかな服装をすること。

キラキラのアクセサリーでオーラを補って、陰の波動から身を守ること。

メイクをして気持ちを上げること。

背筋を伸ばして颯爽と歩くこと。

どれも大事ですね。

捨てるのがもったいないと言って、いらないモノを溜めて、陰の波動が出ていると、大事な家が「闇の霊」の棲家になってしまいます。

そうならないように、家も自分もキラキラ輝いていたいですね。

掃除すると必ずいいことがある、そう思ったら、掃除がとても大切なことに思えてきませんか?

ちなみに、この本の著者の舛岡はなゑさんは、斎藤一人さんのお弟子さんです。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!