片づけの力by Fujinao 片づけはモノを通して自分と向き合っていく工程

広告

整理収納アドバイザーFujinao(フジナオ)さんの『片づけの力 私たちは、もっと美しくなれる、部屋も、心も、人生も。』を読みました。

「私、片づけができないんです。」と疲れた顔で助けを求めていたお客様が、片づけをとおして別人のように元気になっていかれたそうです。

まず、1回目、きれいになったキッチンで数年ぶりに手作りの夕食を作れるようになり、2回目は口紅をつけて迎えてくれて、3回目は素敵なネイルを、4回目ではパートに行けるくらい元気になられたとのこと。

片づけで一番大切なことは、収納術でも便利な道具でもなく、「モノを通して自分と向き合っていく」という工程です。

自分と向き合う時間を経て、考えや価値観に変化が生まれ、毎日がご機嫌な暮らしになる、片づけには、そんな大きな力があるというメッセージが本の中にいっぱいです。

言葉がとても力強く、読んでいてとても励まされていきます。

今すぐ片づけたい気持ちになってくるので、そんな素敵なメッセージを紹介しますね。

合わない人とは、付き合わない

「合わない人とは、無理して付き合わなくてもいい。」

そう考えたら楽ですよね。

Fujinaoさんは、その言葉の後に

「友人でも親戚でも親でも」と続けています。

ハッとします。

そこが引っかかりがちなところなんです。

よく考えたらその通りで、仕事上の付き合いで嫌な人とは、「嫌い」と割り切りやすいのですが、「友人」「親戚」「親」となるとかなり面倒です。

でも、そういう近い人の中に「合わない人」っているんですよね。

神経が消耗してしまいます。

胃が痛くなる人もいることでしょう。

親と合わないことでずっと嫌な思いを溜め込んでいる人もいるはず。

そんな「合わない人との付き合いをやめると人生が楽になる」の中に「親との付き合いをやめる」という発想が私にはなかったです。

でも、やめてもいいのか・・・と思うとちょっと楽になりますね。

付き合いをやめるまでいかなくても、距離を置くだけでもずいぶん楽になることでしょう。

そして、片づけも同じで、「使いにくい」「もう趣味じゃない」そんなふうに相性が合わなくなったモノとは付き合わない

なんだか、ちょっと斬新な考え方だと思いませんか?

相性が悪くなる。

そんなことってありますよね。

好きだったモノでも気づいたら好きじゃなくなっていたってこと。

そうしたら、もう手放すタイミングなんですね。

好きで買ったのに、全然使ってなくて、ということを自分責めする必要はなくて、飽きたり気が変わったりすることもあるのが人間だから、それもまたありでいいんですね。

「まだ使える」と「まだ使いたい」は別モノ

「まだ着られる」程度の服は手放して、「まだ着たい」と思える服だけ残せば、「着たい服ばかりのクローゼット」になりますね。

「まだ使える」と「まだ使いたい」は似ているけど、モノへの思いが決定的に違うというのが鋭い指摘です。

毎日が特別な日

お気に入りのワンピースを「特別な日に着よう」と思っていたって、そんな「特別の日」って滅多にありません。

日々、華やかなパーティーがあるような世界に生きている人って、そんなにいませんって、その通り。

人生、普通の日がほとんどで、特別な日を待っていたら、素敵なワンピースを着る機会を逃してしまいますよって。

今日、着ればいいんです!

せっかく買ったお気に入りのモノ、どんどん使いましょう。

さいごに

Fujinaoさんの考え方は、きっぱりしています。

片づけの3つのルールとして

  1. 掃除を楽に、極力モノは出さない。
  2. 使い終わったら、元の場所に戻す。
  3. 収納の仲がゴチャゴチャ指摘たり、いっぱいになったら、モノを見直す。

これを徹底するだけなんです。

残すのは、手にとってワクワクできるモノを、ちゃんと管理できる分だけ。

ちょっと耳が痛いですが、「自分が管理できるだけ」と決めることが大事ですね。

私は、ずんぶんモノを減らしてきたけれど、まだまだ「自分が管理できる」量ではありません。

もう少し減らそう、そう思いました・・・。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!