すっきり暮らすために持たないもの、やめたこと 人気インスタグラマー &ブロガー21人の心地よい暮らしの作り方

広告

人気インスタグラマー &ブロガー21人の心地よい暮らしの作り方から学ぶ『すっきり暮らすために持たないもの、やめたこと』を読みました。

私が特に印象に残った3人の方の暮らしを紹介をします。

DAHLIA★さん

「いらないと感じたら、即、捨てます。」と言うブログシンプルライフ×シンプルスタイルのDAHLIA★さんは、東日本大震災を境に、物欲やモノへの執着を手放したそうです。

コーティングが焦げ付くと、「死ぬまでにあと何回買い替えないといけないの?」と思って、フッ素樹脂加工のフライパンをやめて、お手入れすればずっと使える鉄製のフライパンに替えたそうです。

「便利」とか「使いやすい」という観点でなく、「捨てずにずっと使えるモノ」を選ぶというのも大事なことだと思いました。

他にもキッチンのゴミ箱をなくし紙袋で代用したり、ソファーを手放しヨガマットで過ごしたり、保冷剤を空き瓶に入れて消臭剤として使ったりしているそうです。

mayukoさん

家を統一感のあるひとつの空間として捉え、全体をイメージしてモノを買うブログ 丁寧な暮らしのルールのmayukoさんは、部屋ごとにテーマを決め、インテリアはテーマからずれるものは買わないそうです。

manaさん

持っているものは常に把握し、新たに手に入れるときは「欲しい」のか「必要」なのか区別するInstagram rgrg__1110の manaさんは余計な買い物をしません。

manaさんは、モノを少なくしてから、片づけも管理も掃除も楽になったと言います。一つ一つしっかり間隔をあけて置いてあり、ホント取り出しやすそうです。片づけはモノを「全部出す」を定期的に実践しているそうです。

さいごに

モノを捨てるだけでは、本当に心地よい空間で暮らすところに到達しません。

モノにこだわって選び抜くことが大切です。

いろいろな人の暮らし方を見せてもらうことは、自分がどんな暮らしをしたいのか、イメージを描く参考になります。

暮らし方は「生き方」そのものです。

シンプルで素敵で管理も楽な暮らしができたらいいなと思います。

自分の部屋を写真で撮ってみるといいですね。

改めて、「別に気に入っているわけじゃないけど、なんとなく持っているモノを手放して、ときめくモノだけに囲まれてワクワクしながら暮らしたい」と思いました。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

金沢大学 日本史専攻 卒業。お城の中にあるキャンパスで加賀藩について学び、金沢をこよなく愛する。

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!