Joy at Work 片づけでときめく働き方を手に入れる byこんまりさん&スコット・ソネンシェイン教授

広告

『人生がときめく片づけの魔法』を仕事に活かす最強メソッド本が出ました。

『Joy at Work 片づけでときめく働き方を手に入れる』

こんまりさんこと近藤麻理恵さんとアメリカ合衆国の名門私立大学であるライス大学 スコット・ソネンシェイン教授による共著です。

こんまりさんの「ときめきによる片づけ」は、今まで「おうち」に関するものと認識されていたと思います。

こんまりさんの可愛らしさから、「ときめき」が女性的であり、ハッキリと「ときめくってどんなことか、意味わからない」と言う人もいることは確かです。

でも、今回、仕事(職場)においても、片づけで「結果」が変わることが、スコット・ソネンシェイン氏の科学的データをもとに解説されていて、多くの人がそれを認めざるを得ないと思われます。

こんまり流片づけが世界の働き方を変えられる理由

いよいよこんまり流片づけが世界中の働き方を変える方向に進んでいるんだなとワクワクしてきます。

こんまりさん自身が本の最後の方で語っているように、こんまりさんが世界に認められているのは、旦那様の影響が大きいと見ています。

こんまりさんの旦那様、こんまりメソッドのブランド管理をしている「KonMari Media Inc.」の代表で、プロデューサーの川原卓巳さんです。

コンサルのお仕事をしていたので、学生時代からの友人だったこんまりさんのアドバイスをするようになり、その後、公私ともにパートナーとして彼女のマネジメントとこんまりメソッドの世界展開をプロデュースしています。

2016年にアメリカへ移住し、2019年に公開されたNetflixオリジナル TVシリーズ”Tidying Up with Maire Kondo” のエグゼクティブプロディーサーだったのでした。

こんまりさんが米国の家庭を回り、住人と一緒に衣類や本を処分したり、小さなスペースに収納したりしながら、魔法のように片づけていく番組が大人気になったのです。

その結果、「世界で最も影響力がある100人」に選ばれたのですね。

心が「ときめく」モノは残し、それ以外は思い切って捨てるという日本的なスピルチュアリティー(精神性)が米国人の琴線に触れ、古着などを寄付する人が急増したそうです。

仕事場を片づけると仕事がうまく回り始める

オフィスを片づけると生産性が上がり業績が20%伸びて、2時間早く帰れるようになったり、片づけをすることで自分の仕事の意義を見直して、さらに仕事に打ち込めるようになったり。

本の中に、物理的にも精神的にもワークスタイルが好転していく例がたくさんあげられていて、読んでいると自分も同じと思えてきます。

家を片づけると人生がときめくのと同じように、ワークスペースを片づけることでキャリアがときめく、整う、うまくいくのです。

その秘訣を知ることはとっても有意義です。

スコット・ソネンシェイン教授は、ときめくキャリア作りの専門家

スコット・ソネンシェイン教授は、ライス大学のビジネススクールの教授であり、組織心理学者です。

個人の働き方、組織内でのコミュニケーションやビジネス上の問題解決などから、有意義で幸せなキャリアづくりを目指す研究をされている方。

「すでに持っているものをよりよく使うことで、人々が仕事で成功と満足を見つけるための方法」を紹介した『ストレッチ』がベストセラーだそうです。

共著本の構成

『Joy at Work 片づけでときめく働き方を手に入れる』は、こんまりさんとスコット・ソネンシェイン教授の共著ですが、基本的にこんまり流片づけをより多くの人が理解できるように解説されています。

第1章 どうして、片づけが必要なのか?(こんまり
第2章 片づけでリバウンドしないために(こんまり
第3章 仕事場を片づける(こんまり
第4章 デジタルデータを片づける(スコット)☆
第5章 時間を片づける(スコット)☆
第6章 決断を片づける (スコット)☆
第7章 人脈を片づける (スコット)☆
第8章 会議を片づける (スコット)☆
第9章 チームを片づける (スコット)☆
第10章 片づけの魔法をシェアする (スコット)☆
第11章 もっと仕事で”ときめく”ためには(こんまり

ベースとしてこんまりさんの考えで進められており、それを具体的にやり方を説明する形でスコット教授の解説が入っています。

ここで注目したいのは、スコット教授が第10章で「片づけの魔法をシェアする」方法を説いている点です。

家を片づける方法と、仕事で成功し、満足を得るための方法を関連づけるために、スコット教授はご自身のオフィスを実験台にしてこんまりメソッドの片づけを実践されたのです。

その上で、これは単なる整理整頓を超越した行動であり、むしろ自己発見のプロセスなのだと認識したと言われるのです。

さらに、こんまりメソッドの片づけは、自分自身についての「学び」であり、それによって、望んだ人生へ近く道につながるとまで言い切ります。

こんまりさん自身もスコット教授からレッスンを受けて、学んだことを取り入れたということでお互いに良い影響を与え合っていることが読み取れます。

さいごに

本当は、本の内容から学んだことで、具体的にすぐ実践したいことがたくさんあります。

例えば、私をいつも悩ませる書類の片づけに関する部分も「全捨て前提の覚悟をもって、本当に必要な書類を選ぶという心構え」で再チャレンジしたいと思っています。

いつ、それをやるか、ですが、この本を読んだタイミングの今がその時なのだと思えます。

他にも「忙しい時ほど、まずは自分をときめかせる時間を優先してとる」ことも大切だと思います。

ときめくものを選ぶことは、残したものを大切にすることです。

「捨てる」に留まるのではなく、1日の多くの時間を費やす仕事時間も含めて、ときめく人生を送りたいですね。

この本は、すべての人にオススメしたいです。

私にとって、こんまりさんの片づけ本はバイブルです。

私の今までの片づけ記録をぜひ覗いてみてくださいね。

こんまりさんの魔法の片づけノートを実践してリバウンドしない完璧な片づけができました 【実践記録まとめ】

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!