50過ぎたら、住まいは安全、そうじは要領by沖 幸子 見た目の美しさがポイント

広告

衛生意識が高くきれい好きな日本人は、 昔から家を快適にする住まい方ができているのです。

私たちもコロナと共存しながら自然体で生きていくために、換気を始めとして簡単で負担なく楽しくできる掃除の仕方、住まい方をしっかり身に付けていきましょう。

ドイツなどヨーロッパで暮らした経験が豊富な沖さんの家は本当に素敵で、海外の高級ホテルのようです。

家具が立派なのは言うまでもありませんが、空間のゆとりがよりゴージャスに見せるのですね。

とにかくオシャレで、モノが飾るように置かれています。

見た目の美しさは重要です。

お客様が手を触れるドアノブを光らせる。

洗面所の蛇口のステンレスを光らせる。

ドイツでは窓ガラスが汚れていたら、通りかかった人に注意されるそうですよ。

美しくしておくことが必須なんですね(笑)

でも、ドイツでは掃除に時間をかけすぎる人は「そうじ魔」と呼ばれて嫌われるそうです。いつも計画的に上手に掃除をし、誰が見ても、住まいを清潔に美しく保っている人が尊敬されるのだとか。

軽い汚れのうちに時間も手間もかけずにサッと掃除する、さらに汚れる前に掃除するといった要領の良さがポイントなのです。

では、要領の良い掃除を沖さんに教えていただきましょう。

ながらそうじ

沖さんのおすすめは「ながらそうじ」です。

他のことをしているついでに、”ながら”気分でそうじします。習慣になってしまえば楽に続けられます。

歯磨き×洗面所そうじ

歯を磨きながら、 洗面台の水滴や鏡の汚れをさっと拭いてしまいます。

トイレ× トイレそうじ

トイレは自分が使った後に、トイレブラシでこすっておくだけ。

料理×キッチンそうじ

キッチンでは、料理とそうじはセットです。

お鍋は用が済むとすぐ洗ってしまいます。フライパン料理の後は必ずレンジ台まわりを拭きます。お湯を沸かしたケトルは余熱が残っている間にタオル雑巾などで水拭きします。

いつもピカピカ。

入浴×お風呂そうじ

湯気が立ち込めて、汚れがゆるんで浮き上がっているうちに、熱いシャワーを天井から壁に向かってかけておけばいいそうです。

バスタブは、お湯を抜きながら残り湯を使ってタオルでこすれば湯アカも水アカも落ちます。

あとは、窓を開けて、換気扇を回して湿気対策をの換気をしっかりするのを忘れずに。

瞬間そうじ

汚れたとき、気になったときは”すぐ”汚れた場所を拭きます。

特に油汚れは、後で時間をとってやるより、コンロやオーブンを使いながら”すぐ”です。

また、ドイツ式で、汚れが見えないうちにサッと拭いてしまうというのも上級ですね。

そのために沖さんは「タオル雑巾」を用意されていると書いてありましたが、私はペーパータオルやウェットティッシュをそばに置いておくことで対応したいです。

そうじのスケジュール化

そうじはやりだすと結構時間がかかってしまうものです。

やり過ぎないように、スケジュールを組んでおくと良いようです。

毎日やるそうじ

毎日やるそうじは1分〜5分で

  • 部屋の換気
  • ベッドメイク
  • 水まわりを整える
  • トイレブラシ
  • 浴室の換気
  • 玄関を整える
  • キッチン コンロ・流し台の水拭き
  • 外まわりを掃く
  • 掃除機かけ

タイミングを見てやるそうじ

無理のない範囲で

  • 窓ガラス拭き(1面ずつ)
  • 床拭き
  • 換気扇そうじ
  • 家具の乾拭き
  • 光りもの(ドアノブ・窓ガラス・鏡・洗面台・ステンレスの蛇口など)を磨く

さいごに

お客さんの目線で見て、気になるところを美しくすればよいのだそうです。

ポイントを押さえれば良いということですね。

見た目重視(笑)

普段、何気なく使っているため、気がつかないところもたくさんあります。

部屋の写真を撮ってみるというのも良さそうです。

美しい部屋にしていれば、そこに長い間いる自分自身が一番心地よくなってきます

そうじのポイントが見た目を整えることだったとは、ちょっとびっくりです。

もちろん、汚れを溜めないが最重要事項ですけどね。

沖 幸子さんの本は、こちらもとても良かったですよ。

沖 幸子著『50過ぎたら、暮らしは単純、気持ちは豊かに』人生100年時代 やり残し癖を改めて、お金も時間も無駄にしない (祥伝社)

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!