『パン好きなのに小麦で良いの?だから米粉で作ってます』byあんずママ あなたに伝えたい大切なこと

広告

パンが大好きなのに、パンを食べるのは良くないと言われると、ショックですよね。

体脂肪率が24%になったらホームベーカリーを買うんだと決めて、ダイエットにも頑張っていたというのに・・・。

ただ、いまだになぜパンを食べてはいけないのか、正直、しっかり納得できていません。

少しくらいならいいんじゃないか?美味しいパンの一体どこが悪いんだ??とモヤモヤ。

なんとなく、今、売られている小麦が良くないということまではわかってきました。

器楽博士 白澤卓二先生の『「お菓子中毒」を抜け出す方法』によると

現在つくられている小麦は、交配に交配を重ねたうえに、遺伝子組み換えが行われた結果、本来の小麦とは似て非なるものになってしまったのです。雨や風があっても倒れにくく、収穫高が上がるように品種改良されたことが問題なのでした。

詳しくはこちらの記事を読んでみてください。↓↓

「お菓子中毒」を抜け出す方法by医学博士 白澤卓二 甘いものは麻薬と同じです

今回、読んだ『パン好きなのに小麦で良いの?だから米粉で作ってます』は、「あんずママ」こと「Glue 10 Free西麻布」の店主 あんず・モニカ・牧さんが伝えたいことが切々と書かれています。

8cmの子宮体がんを西洋医学に頼らず、自宅で家族と過ごしながら、栄養療法によって1年半で完治したというのです。

びっくりしますよね。

実は、私も8年前、子宮体がんの疑いで精密検査を受けました。

細胞を採取して、検査結果がわかるまでの1ヶ月間、頭の中ではさまざまな展開をシミュレーションをしていました。

仕事をしていたので、1ヶ月の入院で大丈夫か?子宮を全摘すれば他には広がらないのか??そんなことばかり。がん保険に入っておいて正解だったなとか。

悪いところがあれば切り取ればいい・・・。

自分の体なのに、なんの迷いもなく、ただ仕事は休めない・・・とばかり。

でも、かつての私のように考えている人、いっぱいいるんじゃないですか?

そんな人ばかりじゃないかと思ってしまいます。

だから、伝えたいです。

がんにならない体になりましょうって。

自分の体を悪くしてがんにならせるのも、一生大切にしてきれいな状態で老衰で亡くなるのも、自分自身の心がけ次第だと思うのです。

あんずママがどうやって、8cmの子宮体がんを完治させることができたのか、紹介しますね。

同じことをすれば同じ結果になるのかは分かりませんが、少しでも参考になるところがあれば取り入れていくのがいいと思うのです。

子宮体がん

あんずママは、胆管癌になったお父さんの看取りをして、ようやく一段落ついたころ、不自然な出血が始まったのです。

看病に気を取られ、生理が来てなかったことに気づくのも遅れてしまったみたいです。

私の場合は、50代になっていたので、もう閉経かなと思って、生理が来ないのを楽だなと気楽に考えていました。

ただ、不正出血がダラダラ続くのは困ります。

そして、オリモノが出てくるのです。

あんずママの場合は、水のようなオリモノと書いてありましたが、私の場合はドロッとしたレバーのような塊でした。

そして、共通するのが、「臭い」のです。

これは普通ではない。まずいかも・・・。あんずママ同様、私もそう感じました。

結果、私は大丈夫だったのですが、あんずママは腫瘍が8cmにもなっていたそうです。

ドクターから、「子宮摘出」その後「抗がん剤治療か放射線治療」かなと淡々と言われたそうで・・・。

こういう時のドクターの言い方って、その後、何度も何度も頭の中でリフレインするんですよね。

すでにほぼ子育てを終えている50代の私と違って、あんずママはその時、長女が小3、次女は保育園の年長さん。

西洋医学に頼らないやり方で、(子どもたちと一緒に生きるために)絶対に完治させることを心に決めたのです。

栄養が体の源である

旬の食材をバランスよく摂取する、その栄養が体の源なのです。

生体の化学変化を正常に行わせる環境づくりを!
正常な新陳代謝が健康維持・回復に繋がる。
「運動、睡眠、休息」を心がけ、「食い改める」
鏡を見たら自分に笑顔!
ミネラルを豊富に摂取。
食べる「順番」と「咀嚼」を大切に!

あんずママは学んだことを一生懸命、実践しました。

ファイトケミカルスープを飲んだり、サプリメントも摂りながら、断食も行いました。

3ヶ月後には、腫瘍が4.8cmに、半年後には腫瘍が3cmに、そして1年後には腫瘍がなくなっていたのでした。

子宮を摘出することもなく、抗がん剤を使用することもなく、放射線治療をすることもなく。

「白血球・NK細胞を強くする環境にフォーカスする」ことで、体内から癌が消滅したと書かれています。

詳しいところまでは分かりませんが、白血球は免疫活性物質を産生し、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)は腫瘍細胞やウィルス感染細胞の攻撃に重要とされています。

  1. 健康は誰も与えてくれない。
  2. 旬の食材をバランスよく摂取する。
  3. その栄養が身体の源である。

正しく、しっかりと食べると体と心が養われるのです。

日本は、世界一「農薬・添加物」を使用している国?

日本は、世界一「農薬・添加物」を使用している国になってしまっているそうです。

びっくり仰天ですね。

そして、日本で消費されている小麦粉は約9割が輸入小麦です。

海外で大量生産された小麦を食べる危険性を認識しなければなりません。

マーガリンなどは海外では禁止されているのに、日本では堂々と売られています。商品として出回っているからんだから、大丈夫などとは言えないのです。

海外セレブは、絶対1パック100円で売られている卵を食べないと思います。

その鶏がいったい何を食べて、どんな状態で育てられているか、知っているからです。

昔は、お金がない人が痩せていたけれど、今はお金がない人が肥満になる傾向があります。

体内ミネラルのバランスの崩れは、体内で必要としている栄養素のバランスに障害を与えます。

カロリーだけを気にするのでなく、栄養「素」が重要なのです。

出産準備は3年前から、という記述があり、ハッとさせられました。

母親が食べたものがお腹の赤ちゃんの栄養になるのです。

離乳食の時、あんなに慎重になっていたのに、今、どうでしょう。

私たちは、もっともっと自分の体に良い栄養を摂り入れ、悪いモノ(毒素)は排除しなければなりません。

必須栄養素

ビタミン18種類、ミネラル20種類、タンパク質8種類の合計46種類ある「必須栄養素」

1つでも欠けると完璧に機能しないようです。

しかも、栄養素は貯蓄することができず、日々摂取する必要があります。

さいごに

輸入小麦粉は高グルテンです。

グルテン過敏症は、グルテンが引き金で小腸に損傷をもたらし、栄養が吸収されなくなる病気です。

昔の日本にはなかったけれど、食生活の変化から増加傾向にあります。

乳幼児や幼少期にグルテンをたくさん摂取することで、青年期以降に異常な免疫反応が生じる人がいます。

テニスのジョコビッチ選手のおうちは、ピザ屋さんだったのです。小さい頃から小麦を食べ続けてきたのが原因でアレルギーになってしまったのでした。

ジョコビッチを苦しめていた小麦アレルギー 食事がどれだけ人生に影響を与えるか 認識しなければならない

簡単に食べられるもの、便利な人工調味料、美味しさを長持ちさせるための添加物は、腸内環境を破壊して、内臓に負担をかけます。

そして、免疫力の低下につながり、病気のもとになります。

今、感染症にならない、かかっても重症化しないために必要なのは、ワクチンより治療薬より、自分自身の免疫力です。

ウィルスはどんどん変化して私たちをこれからもずっと攻撃してきます。

その度にワクチンを打ち続けるのではなく、自分の抵抗力をつけていきませんか?

私もあんずママと同じくらい、パンが大好きです。

パンをあきらめるのではなく、小麦を摂らないようにすれば良いのだとわかって、ちょっと安心しました。

小麦粉ではなく、米粉でパンを作ればいい。

私は今回、この『パン好きなのに小麦で良いの?だから米粉で作ってます』をAmazon Kindle Unlimited 読み放題で読みました。

月980円がとっても安くてお得です。

それなのに、以前はその良さに気がつかず、なんでAmazonから毎月980円引き落としされているんだ?と混乱してしまいました。

Amazon 980円 引き落としの謎 「無料体験後の解約」を忘れないように気をつけよう【お金は大事】

その後、再度、契約し直して今に至っています。

Amazon Kindle Unlimited読み放題には良い本がたくさんありますよ。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!