『免疫力が10割』by小林弘幸 腸内環境と自律神経を整えてコロナに負けるな

広告

ウィルスへの最強の対策は、消毒でもワクチンでもありません。ただ「健康であること」です。

私自身、ずっとコロナ対策は、ワクチン以上に自己免疫力だと思っていたのですが、なかなかそれを周りの人にうまく伝えることができずにいました。

とにかくワクチンを2回打てば一安心と言う人に対し、いやいやワクチンを打っても、その有効性は人それぞれだし、もともとの基礎疾患の問題もあるから、とにかく自己免疫力が・・・とモヤモヤしていました。

そんな私に小林先生はズバリ、「結局は自己免疫力だけが頼りなんだ」ということを説明してくれました。

免疫力という人間が持つ素晴らしい力を十分発揮することが、一番のコロナ対策です

そして、みんなが自己免疫力を上げるように努力すれば、コロナ感染が拡大しても怖くない。

私自身に、そして今、体調を崩し検査入院中の姉に、さらにこれから子どもを授かりたい娘に、腸内環境のことや自律神経のことを伝えたいです。

もちろん、健康になりたいあなたへも。

新型コロナウィルスの感染拡大はワクチンでは解決しない

ワクチン接種の主目的は「抗体」を作ることです。

弱毒化したウィルスやウィルスの一部をリスクの少ない形で身体に取り込み、ウィルス感染と同じ状況を作り出すことで、免疫応答を起こし、(抗体を作る)B細胞に抗体を産出させることが目的です。

一般的に、二度とそのウィルスに感染・発症しない身体を作るために接種しているんですよね。

でも、現実問題として、インフルエンザの予防接種をしても型が違えばインフルエンザにかかる人はいるし、たとえ型が同じであっても、ワクチンを打ったのに毎年のようにかかる人もいます。

私が以前働いていた職場でも、インフルエンザが流行すると学級閉鎖になる前に自分がかかって休むという担任の先生がいて、私たちは「またや」と言っていたものです。

その人はよく風邪でも休みます・・・。

そういう人がいる反面、保健室の先生は、毎日熱がある子の対応をしているのに、不思議と自分はインフルエンザにかかりません。

その頃から、「何かが違う・・」と思っていました。ちなみに私は一度もインフルエンザにかかったことがありません。娘がかかっても私はかからない・・・。

話がずれました。

ワクチンとは、免疫システムに抗体を作らせて、ウィルスの感染を未然に防ぐためのものです。

ところが、新型コロナに関しては、重症化した患者ほど、体内の抗体量が高まっているという現象が起きました。

さらに、軽症であれ、重症であれ、症状が回復した患者の体内から、抗体が消えていくということもわかってきたそうです。

新型コロナウィルスの場合、ワクチンで抗体を作っても感染予防に寄与しない可能性があると判明したというのです。

そのために、一度感染した人が再感染したとか、時間が経つと(ウィルスも変化しているので)抗体が効かなくなる可能性があるのです。

それで、第3回目の接種ということが現実化してきているのですね。

救世主は「T細胞」?

現在のワクチンはみなさんご存知と思いますが、「生ワクチン」てはなく「不活化ワクチン」です。

安全性は高いのですが、免疫応答が弱く、抗体はできてもウィルスを退治するキラーT細胞の反応が得られません。

そのため、免疫の司令官であるT細胞の免疫応答を得ることを念頭においた「生ワクチン」に期待されているのですが、症状が出るリスクがあるため、慎重にならざるを得ないようです。

T細胞は、感染予防のみならず、新型コロナウィルス特有の「サイトカインストーム」という重症化防止に大きく関与していることがわかってきたのです。

この「サイトカインストーム」の「サイトカイン」とは、

  • 特定の免疫細胞を活性化させる
  • 免疫細胞を呼び寄せる
  • 感染した細胞周辺に炎症を起こし、血流量を高めて、免疫細胞が集まりやすくする
  • 体温を高め、ウィルスの活性を下げる

どれも良い機能ですよね。

それが度を越すと、「やり過ぎ」(=サイトカインストーム)になり、炎症が拡大して内臓や血管の機能不全を引き起こすのです。そして、その炎症が瞬く間に広がり、心肺が機能不全を起こすほどの肺炎となる。

一気に重症化して呼吸困難になる・・ということの仕組みがわかりますね。

サイトカイン自体は、免疫細胞同士が互いに協力したり、ウィルスとの戦いを有利に進めたりするために使われるのですが、時として、ガソリンのように危険な側面もあるのだと小林先生は解説しています。

さらに詳しい説明が続くのですが、私の曖昧な説明より直接本を読んでいただけるとありがたいです。

肥満・糖尿病などの基礎疾患を持つ人は重症化リスクが高い

免疫力が低く、炎症を起こしやすい高齢者や不健康な状態にある人は、重症化リスクが高いのも早い段階から言われていますよね。

小林先生は、肥満に警告しています。

基礎疾患は明確な病気であるため、本人の自覚があるけれど、肥満を軽くみている人が多すぎると。

肥満は、脂肪細胞が肥大化した状態で、全身の慢性炎症なのです。

欧米で甚大な死者数が出た、その多くは肥満だったというのです。

日本ではBMI 25を肥満の基準としていますが、海外ではBMI 30を基準としているにもかかわらず、肥満症患者の割合がとんでもなく多いことに驚きます。

アジアと欧米諸国では、人口に対する肥満症患者の割合が大きく異なります。

  • 日本・・・4.3%
  • 中国・・・6.2%
  • イギリス・・・27.8%
  • アメリカ・・・36.2%

肥満は、全身の慢性炎症であり、高血圧や糖尿病などの生活習慣病を始め、あらゆる疾患と密接に関連していて、肥満率が高ければ疾患を抱える人が多くなります。

もし、これを読んでいる人で、ドキッとしている人がいたら、ぜひ心を改めてくださいね。

でも、姉もそうですが、肥満傾向の人はこれくらい言っても全然いうことを聞きません(笑)

もう少し続けます。

基礎疾患には必ず原因があります。

健康な状態から病気になるわけではなく、不健康な生活習慣の結果として疾患を抱えるのです。

また、具体的な疾患はなくても、高血圧や肥満などは不健康の証です。

私も高脂血症なので、人のことは言えません。長年にわたって、原因となるものを大量に食べてきましたから。

基礎疾患と生活習慣による不健康は、慢性疾患と免疫力低下のダブルパンチでサイトカインストームを誘発してしまうのです。

復習ですが、サイトカインストームとは、免疫細胞が暴走して炎症拡大から機能不全に陥る状態ですよ。サイトカインが嵐になっちゃうんです。

免疫力向上の基礎は、腸内環境の改善にあり!

問題は、どうすれば免疫力を高めることができるかです。

そのカギを握る最重要ポイントが「腸内環境」なのです。

腸には、身体の中の免疫細胞の7割が生息しているのですよ。

食べ物と一緒にウィルスなどの病原菌も運ばれてくるのですが、免疫細胞が守りを固めているのです。

絨毛の間にある「パイエル板」という場所に無数の免疫細胞がいて、侵入してくる病原体を見張り、抗体で病原菌を攻撃してくれるのです。

この腸内細菌の中でも「善玉菌」が弱酸性の状態を保ち、腸内のバリア機能を高め、最近の繁殖やウィルスの感染を防いでくれるのです。

腸内環境を整えることが、「感染しないための免疫力」「重症化しないための免疫力」を高めるのですよ。

腸内細菌のメンバーは10歳までに決まる

ここからが特に、私が娘に伝えたいことなのですが、大人になってから食べ物で摂取する善玉菌は、基本的に腸内にとどまることなく排泄されるのです。

では、現在、腸内で悪玉菌とシェア争いを繰り広げている善玉菌は、というと私たちが子どもの頃に腸に住みついた菌なんだそうですよ!

私たちの腸内に生涯にわたって定着できる腸内細菌は、生まれてから最初の1年でほぼ決定し、10歳までに確定するんですって。

出産の際、産道でお母さんの腸内細菌を受け継ぎ、その後、子どものうちに生活環境や離乳食を通じて、体内に入り込んだ腸内細菌だけを、私たちの免疫細胞は「敵ではない」とみなすのだそうです。

お母さんから受け継ぐ腸内細菌の中でも、もっとも重要なのが善玉菌のビフィズス菌で、赤ちゃんはこのビフィズス菌が母乳に含まれるオリゴ糖をエサにして爆発的に繁殖し、強力に腸内を守って免疫力を高めてくれるのです。

つまり、今も私たちの腸内を守ってくれているビフィズス菌は、赤ちゃんの頃にお母さんから受け継いだ菌が繁殖を繰り返してきたものだというのです。

ガガがーん。お母さん、責任重大すぎませんか・・・。

娘に強く言っておこう!

今、10歳までのお子さんをお持ちの方、ぜひぜひココよ-く読んでおいてくださいね。

未来のママも。

さいごに

だんだん興奮してきて、その後の免疫力を強化する生活習慣のところまで書けなくなりました。

生活習慣を整えていくことはもちろん大事ですが、それ以上に腸内環境ですよ。

小林先生が私たちに勇気を与えるとっても素晴らしい言葉をプレゼントしてくれました。

私たちの心は、か弱いものです。
しかも、心を強くすることは簡単ではありません。
ですが、崩れそうな心を支える「身体」を強くすることは簡単です。
「今日を健康的に生きる」
ただそれだけです。

身体を守る強い免疫力は、心にも強い免疫力を宿してくれるようです。

まだまだコロナウィルスに対し、油断は禁物です。

ウィルスもストレスもつけいる隙のない「10割の免疫力」を備えて、健康的な人生を歩んで、幸せに暮らしたいですね。

私もあなたも、まわりの人たちもコロナウィルスに負けない免疫力をつけていきましょう。

この本をぜひ直接読んでいただけると嬉しいです。

小林先生の本は、こちらもオススメです。

『整える習慣』by小林弘幸 コロナ禍の今、自律神経を整え健康を保とう

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!