習慣が10割by吉井雅之 どんなことも習慣にしてしまえば、理想の自分になれる

広告

習慣形成コンサルタントとして、人材育成トレーニングを実践されている吉井雅之さんの『習慣が10割』を読みました。

習慣が大事とよく言われますが、「習慣が10割=すべて」とまでは思っていませんでした。

むしろ、イチロー選手のようにすべてルーティン化された生活って、ちょっとついていけない・・・みたいな逃げ腰です。

根底には、「私にはどうせ無理・・・」という気持ちが確かにあります。

結局、目の前の快楽を求めてしまい、せっかくの夢も挫折を繰り返すんですよね。

苦痛に感じるものは続かない

「脳」が楽しいと感じることは続けられますが、楽しいと感じられないことは続けることが難しいです。

だから、食事の後、甘いものを食べることはすぐ習慣化されてしまい、それをやめることはなんと難しいことか。

五感から入った情報は、脳の扁桃核(へんとうかく)という部位が「快・不快」を判断するそうです。

そこで「快=好き・楽しい・嬉しい・ワクワク」を感じたものには、自ら接近する「接近反応」を示し、「不快=嫌い・退屈・悲しい・ムカムカ」を感じたものからは遠ざかろうとする「回避反応」をするのです。

だから、好きなものは続くし、嫌いなものは続かない。

脳は、正しさだけではワクワクなんてしないんですよね。

私は以前、ジムで声かけの仕方がとっても素敵なインストラクターさんに惹かれて一生懸命に筋トレをしていたのですが、その方が異動してしまうと途端にやる気がなくなり、ジムをやめてしまった経験があります。

苦手なことをやるときは、脳をワクワクさせるような刺激が必要なのでした。

悪い習慣をやめるにはどうしたら良いか

覚醒剤を常習していた人は、どんなに更生しても、目の前に覚醒剤を出されたらもう我慢できないと聞いたことがあります。

テレビの画面で見ただけでもすぐ元に戻ってしまうとか。

確かに、甘いものをずっと控えていたのに、ちょっとだけと思って食べ始めるとそれが呼び水になり、またお菓子を買ってしまう人も多いと思います。(私のように)

良い習慣が続かず、悪い習慣がやめられない理由は、「楽して生きたい」欲求が「充実して生きたい」欲求に勝ってしまうからなのです。

人間は何も意識せずに生きていると、安楽の欲求が勝ちます。

安楽の欲求に流されず、充実の欲求を追求するには、「理想の自分」のイメージを描くことが大事

5年後、10年後の自分がどうなっていたいかを思い描けばいいんです。

まずは「小さな習慣」から始めて、それを積み重ねていけば、必ず人生が変わる

自分との約束を守るようにしていけばいいということだったのです。

「1個前の習慣」を決める

習慣が続かない人の共通点は、1個前の習慣を意識していないことでした。

私が毎朝5時半に起きることができていたときは、「22時に寝る」

さらに「22時に寝るには、21時にお風呂に入る」

「21時にお風呂に入るには20時までに・・・」という具合に逆算していったら早寝早起きが成功したのでした。

これが寝るのが22時を超えるようになった途端、崩れました。

今は寒くて起きれない・・と甘ったれています。

結局、「1個前の習慣」が意識できていないと、次の習慣はどうしても長くは続かないのです。

脳をだまして「確信習慣」を作る

人間の脳って、とってもだまされやすいようです。

真実と嘘の区別がつかないんだとか。

どんな難しいことでも「自分はできる」って確信すれば、誰もが夢を実現し、成功することができるらしいのです。

ちょっと逆の話ですが、私はかつて摂食障害の生徒の担任をしていたとき、その子が、「ダイエットして極端に痩せていた時期は食べ物を見てもそれが食べ物に見えず、消しゴムに見えた」と言っていました。

だから鏡を見て、自分はまだまだ太っているから運動しなきゃいけないと思って一生懸命縄跳びをしていたのでした。

脳は決して客観的に冷静な判断を下すわけではないのだとショックを受けたのを思い出しました。

だから、逆に、自分はできると信じ込めば、不可能も可能になることは十分あると思えます。

さいごに

プラスの言葉は勇気を与えてくれます。

本の中で、プラスの言葉を返してくれる友人を大切にしようと書いてあるのですが、私は、自分で自分を励ますのもいいなと思いました。

自分に対して、「できる」「すばらしい」「ついてる」「いける」そんな素敵な言葉かけをしていけばいい。

就寝前の10分間は、脳のゴールデンタイム。

その日の良かったことを思い出して、幸せな気持ちで眠りにつくようにしていきたいです。

私は、この本をAmazon Kindle Unlimited 読み放題で無料で読みました。

他にAmazon Kindle Unlimited読み放題で無料で読んだ本を載せておきますね。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

金沢大学 日本史専攻 卒業。お城の中にあるキャンパスで加賀藩について学び、金沢をこよなく愛する。

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!