他人と自分を比べない方法『ストレスフリー超大全』by精神科医 樺沢紫苑

広告

精神科医 樺沢紫苑先生の『ストレスフリー超大全』は、ストレス解消のためのバイブルです。

困ったことが起きた時、該当するページを1項目ずつ読んでいます。

今回、ストンと腑に落ちたのが、「他人と自分を比べない方法」です。

うまくできないことがあるとつい上手にできている人と自分を比較してしまって、自分はダメだと落ち込んでしまいますよね。

定期的にそういうことがあるのは、私だけでしょうか?

いやいや、心理学者レオン・フェスティンガー氏によると、人が他人と自分を比較してしまうのは、本能、あるいは無意識の反応なんだそうです。

そして、「他人と自分を比較して落ち込んでしまう」という心理は、ほとんどの人に存在するものということでした。

だから、他人と比較する自分を責める必要はないのです。良かった。

ただ、そうは言うものの、問題は無意識で比較してしまった時、どうしたらいいかですよね。

ポジティブな上方比較をしよう

他人と比較して落ち込むのは、自分より上の人と自分を比較した時です。

ポジティブな上方比較

自分より優れた相手に対して「すごいな!」「自分もマネしよう!」と思えたらいいですよね。

ネガティブな上方比較

「自分はダメだ・・」と落ち込み、そのうちエスカレートして「悔しい!嫌がらせしてやる・・」となると最悪です。

他人でなく過去の自分と比べよう

過去の自分より少しでも成長していることを実感できると「もっと頑張ろう」とモチベーションが上がります。

そして、「結果」がで始めると嬉しくなり、「やる気」も湧いてきます。

下方比較は成長が止まる

ここが結構重要かなと思います。

自分より下の人と自分を比べて、それよりはマシと思う心理を、心理学では「下方比較」と言います。

下方比較をすると、今のダメな自分に対する「ささやかな自己肯定」が得られますが、「自分より下の人はたくさんいるから、まぁいいか」と思考も行動も停止してしまうのです。

これは友達同士でもありますね。

自分たちより下手な人たちのことをけなして、あの人たちより私たちの方がまだいいよねって・・・。

あるあるです・・・。

でも、そんな集団は絶対足を引っ張りあうだけで、伸びていきません。

他人と比較するのでなく、他人を観察する

では、どうすればいいかと言うと、相手と比較するのでなく、他人を観察するのです。

相手の良いところを探し出し、徹底的に観察して、徹底的にマネをする。

いわゆるTTP「徹底的にパクる」ですね。

そうすると能力は間違いなくアップすると樺沢先生がおっしゃってますから、やるしかないです!

さいごに

人間は、他人と自分を比較する生き物だから、(ネガティブな)感情は捨てて、中立(ニュートラル)な気持ちで、優れた相手をリスペクトして徹底的にマネしていきましょう。

とにかく、他人と比較してはいけないなんて難しく考えないで、してしまうものなんだから、上手に相手の良いところを盗み取ろうという姿勢ですよね。

謙虚さを失わなければできると思います。

精神科医 樺沢紫苑先生の『ストレスフリー超大全』超オススメです。

こちらの記事もぜひどうぞ。

 

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!