『「やめる」という選択』by澤 円 「埋没コスト」を手放し、自分らしく自由に生きる

広告

「コスト化」したヒト・モノ・コトとのだらだらした付き合いを見直す時が来ました。

  • 仕事・・・会議は「貢献」できるものだけに
  • 人間関係・・・人脈構築より「今の心地よさ」を優先
  • モノ・お金・・・手放しにくいなら「上手にゆずる」
  • 夢・目標・・・逆算思考で自分を追い立てなくていい

日本マイクロソフト業務執行役員という立場を辞めて、自分らしく自由に生きることを大事にした澤 円(さわ まどか)さんが、目の前のことに追われ続けているのに「全部、手放せない」と思い込んでいる人たちへ、自分を開放する方法を伝えてくれています

私たちは、長年にわたって気づかないうちに、人生の「埋没コスト(サンクコスト)」を抱えてしまっているようです。

「埋没コスト」とは、経済学の概念で、「ある経済行為に対して、どんな意思決定をしても回収できない費用」を指します。

その行為をずっと続けていると、損失がより拡大するおそれがあるコストなのです。

  • せっかくここまで頑張ったのだから
  • せっかく大企業に入れたのだから
  • せっかく続けてきたのだから

過去にとらわれてしまっているのですよね。

そして、そんなに頑張っているのに、うまくいかない。

「やめる」ことを考えてみるチャンスなのかもしれません。

もっと「やるべきこと」から自由になっていい

なかなか「やめられない人」が、何かを一気に「やめる」のは、どう考えても難しそうですね。

人間はとかく現状を維持しようとする習性があります。

変わらない方が楽だからです。

でも、違和感があることに関しては、「特にやらなくてもいいかな」と思うことの中から「小さな行動を1つだけやめてみる」を始めたらいいのです。

会社内では「小さな行動を1つだけやめてみる」だけでも大変なことで、諦めている人が多いと思うのですが、一度きりの人生だから、澤さんは「やめる」選択をしてみようと背中を押してくれています。

あなただって、もっと「やるべきこと」から自由になってもいいのだよと。

過去の成功体験を捨てる

コロナ禍におけるパンデミックで世界中が「リセット」されました。

でも、なかなかそれを受け入れることができず、いつか元に戻ると思っている人もいます。

しかし、私たちの意識は大きく変わってしまい、元通りに戻ることはないでしょう。

今まで頑張ってきたのだから・・・何度もピンチを乗り越えてきたんだから・・・。

自らの「過去」の体験の延長線上でしかものごとが考えられず、過去の成功体験が捨てられないのが、埋没コストになるのです。

大切なのは、これからです。

時代の変化に合わせて、自らをアップデートしていかなければなりません。

過去の成功体験をずっと引きずっていてはいけないのは、老人ホームに入ってからも施設職員の人に対して部下のように命令する爺さんが嫌われていることで明らかです。

ちなみに、澤さんは、こんな下世話なことは書いていませんよ。私が福祉施設で働いている人の愚痴を聞いて、そうだそうだと思ったのでした〜。

「使っていないのに捨てられないモノ」も埋没コスト

人生の埋没コストは仕事だけではありません。

澤さんが言う典型的な埋没コストは、買ったのに使っていない資格試験の教材やダイエット器具など「うまくいかなかった記憶」がたっぷり詰まっているモノたち。

「その教材で英語が話せるようになった自分」「そのダイエット器具で痩せた自分」という理想をイメージしすぎるため、うまくいかないと「埋没」させてしまうのです。

確かに、理想も捨ててしまうことに抵抗があり、なんとかして使わなければ・・と執着してしまうのです。

我が家にもあるあるです。

マイクロソフト社でビル・ゲイツから 「Chairman’s Award」賞を受賞した澤さんの場合、捨てられなかったモノは、最新ではないデジタル製品。

次の製品を買えば、古い方は使わなくなります。

当然、捨てるのはもったいない。

でも、それが澤さんの「埋没コスト」で、家の中に少しずつ溜まっていく「使わないデジタル機器」が重荷になっていたようです。

今、澤さんは、それらを人にあげることで「埋没コスト」を解消できています。

自分のオンラインサロンでオークションして、売れたお金を寄付しているそうです。

ゆるく繋がっている人たちにモノを渡しているので、その後のストーリーを聞く機会もあり面白い。

キャノンのIXYを出品した時、こんなもの欲しい人いるかなぁと思っていたのに、子どもの修学旅行で使いたいと落札する人がいて、自分には思いもよらないニーズがあり、自分の埋没コストが他の人のリソースに変わるなんてと喜んでおられます。

確かにシェアリングエコノミーという言葉があります。

メルカリでもいいと思います。他の人に役立ててもらえると嬉しいですね。

「自分というOS」をアップグレードしよう

コロナ後の時代を生き抜くためには、アップデートを超えて、働き方もライフスタイルも「アップグレード」していきましょう。

アップデートは、OSの修正・改善などを指し、アップグレードはOSそのものの入れ替えです。

過去の延長線上で「もっと良くしよう」「もっと頑張ろう」と考えるのではなく、自分というOSを根こそぎ入れ替えるくらいの感覚で行動していくのです。

その際の注意点として、澤さんは、周囲の意見、特に親の意見を聞くと「元に戻そう」とするパワーに引きずられることをあげています。

会社を辞めたいなどと言うとまず反対されるでしょうね。

澤さんの知り合いの方がマイクロソフト社に転職しようとしたら、親戚の人が「そんな訳のわからない会社へ行かず、公務員になれ」とたしなめたと言うのですから、笑えますよね。

ここまで極端なら、無視すればいいですが、大概の場合、昔からの知り合いは変化を知ると遠くへ行ってしまうと感じるのか、よく慎重論を言いますよね。

でも、そう言う人は最終的な責任は取らないわけですから、真剣に聞きすぎる必要はないはずです。

「向いていない仕事を続ける」は紛れもないコスト

昔の人は、「途中で投げ出すような人間は何をやってもうまくいかない」と言って、転職を諫めてきました。

でも、向いていない仕事をずっと続けることこそ、埋没コストです。

「置かれた場所で咲く」必要もなし。

失敗体験をもベースにして、次のステップへ移っていけばいいのです。

澤さんも向いていないエンジニアからITコンサルタントへ移ったことで成功したのです。

そう言えば、ノーベル賞を受賞した山中教授もオペがうまくできず、研究者になって大成功した例ですね。

向いていないと判断して、路線変更をすることは、悪くないどころか、自分の人生においてとても重要なポイントです。必要な時に、勇気ある決断をしよう!

それは澤さんだからできるんでしょ?

「それは、澤さんだからできるんでしょ?」といつも言われるそうです。

私でさえ、本を読みながらちょっと思ってしまいました。

でも、澤さんは「あなたは、やってみたことがあるのですか?」と聞き返すそうです。

そしたら、「やって失敗したらどうするんですか?」とまた返ってくる。

澤さんから見ると、なんで命綱なしで、いきなり崖から飛び降りるような考え方をするのか、不思議とのこと。

一か八かでフルスイングするのでなく、もっと小さな「ひと振り」をすればいいのでした。

引き返す場所を用意しておき、嫌だったら戻ってくればいい。

それくらいの慎重さで臨んで、とにかく「ひと振り」してみることから始めたらいいのです。

人生、いくつになってもチャレンジ大事ですよね。

世の中はどんどんすごいスピードで進化していっているのに、じっと立ち止まったままでいたら取り残されるに決まっています。

やってみたいことをやってみるのは、少しだって早い方がいいです。

いつも準備していて、チャンスがあったら、すぐ飛びついてみましょう!

さいごに

人間はあまりにものごとを平面的にとらえようとしていると指摘がありました。

もともと3次元の宇宙空間ですら、人間は2次元で把握しようとしていて、星座を形作りました。

でも、本当は、空間に星があるのです。

どの星が一番明るいとか、上にあるとか、人間が勝手に評価するだけで、そういう決めつけは宇宙空間の星にとっては、意味がないこと。

自分が世界の中心だととらえ直し、「自分のまわりは自分の好きなもので満たしていい」と自分自身に信じ込ませてあげることが、大事な一歩。

自分らしく、自由に生きることを目標に、これからの人生を楽しんでいきたいです。

コロナ禍の今にぴったりの本です。

勇気を出して一歩前へ進みましょう。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!