人生を楽しみたいあなたへおすすめする23冊 -2021年5月に読んだ本-

広告

本が大好きです。人生を楽しむ方法を本は教えてくれます。だから、毎月20冊以上の本を読んでいます。

2021年5月に読んだ本23冊を「片づけ・家事」「お金(投資)」「人生を豊かに過ごす」のテーマに分けて紹介します。

年末に2021年のベスト10など決めてみたいので、便宜上、テーマ内では本の題名のあいうえお順にしています。アルファベットは最後に。

片づけ・家事

1分で決まる! 志麻さんの献立の作り方

伝説の家政婦 志麻さんがお料理の基本を教えてくれます。メインの食材×調理法に付け合わせの組み合わせ方をマスターすれば、フランス料理ができあがる。志麻さんが目指すのは、フランスの家庭料理です。

片づけを楽しむ、好きになる。by清水幸子・清水麻帆

小6で最年少の整理収納アドバイザー1級の資格を取った麻帆さん。お母さんから習って身についた片づけ方法でしっかり収納上手です。センスの良さや片づけるのが当たり前という感覚をぜひ見習いたい。

50過ぎたら、住まいは安全、そうじは要領by沖 幸子

まるでヨーロッパの高級ホテルではないかと思うような沖さんの住まい。美しい部屋にいれば、そこに長い間いる自分自身が一番心地よくなってきます。お客さんの目線で見て、気になるところを美しくすればよいというのが、ドイツ式掃除術です。

さよさんの「物の減らし方」事典by小西紗代

何かが起きてから考えるのでなく、覚悟を決めて何があっても慌てないように備えておくことが大切です。モノを手放せば手放すほど、空間・快適・自由が増えます。手放す行為は、モノを粗末にすることではありません。本当に必要なモノ、大切なモノを見極める作業なのです。

ジジイの片づけby沢野ひとし

毎朝起きたら窓を開ける。職人のようにものを大切にし、掃除する。山登りをする時のように、本当に必要なものだけを持って生きる。ジジイから学ぶことを結構素直な気持ちで受け取れます。

自分の機嫌は「家事」でとる 家事好き6人の心がけとアイデアby主婦の友社

家で過ごす時間が快適になるように、家事も暮らしそのものも楽しんでいけたらいいですね。いろいろな人の暮らしぶりを見せてもらうことは、とても参考になります。私の記事では、石川県のユーチューバーasakoさんfutabaさんの紹介をさせてもらいました。

掃除は単なる家事じゃない!byちゅら

掃除をとおして、実際に金運が上がり、お金がちゃんと貯まってきているちゅらさんが言うことなので、説得力あります。トイレ・玄関・窓、全部水拭きして美しくしておこう。

ためこまない暮らしby 中山あいこ

家事のやり方は、こうと決めつけないで、柔軟に何度もアップデートしていくのが良いようです。トライアンドエラーを繰り返しながら、無駄を削ぎ落とし、シンプルになって、スムーズに快適になっていきます。ストック収納のアイデア、我が家でも早速真似してみました。

漫画家主婦の掃除と片づけby 御手洗直子

今、部屋が汚いという人にとって、ナチャラルな重曹やクエン酸洗剤を勧められても間に合いません。まずはひどい汚れを落としてから。具体的に、どんな汚れにどんな洗剤や道具が効果的か、漫画なのですごくよくわかります。

ものは捨てても、ワタシは「好き」を捨てられないby mami 

ミニマリストのmamiさんのお部屋に本当にモノが少ないのに驚きます。女性でここまで少ないのに、暮らしを楽しめるのは、考え方そのものがシンプルなんです。禅の世界のような豊かさと言ったら少し大袈裟かもしれませんが、若いのにしっかりしてます。

ゆるく暮らすbyマキ

ゆるく暮らすと言っている本人が忙しい子育てママです。無駄なことをしないと決めて、仕組みを作っていくとシンプルでゆとりのある暮らしが可能になるのです。忙しい人ほど、なんでもテキパキこなしています。

お金(投資)

しあわせ貯金生活byぽち 。

将来、結婚して子どもを育て、一軒家に住むという夢があるから、コツコツお金を貯めることが苦にならないみたいです。若さっていいな。お金の貯め方も、みんなが真似したらいいことばかりです。

14歳の自分に伝えたい「お金の話」by藤野英人

お金のために働くのでなく、やりたい夢を実現して、人生を楽しむためにお金が動くのです。14歳だって、お金を使う=「買う」ことで、自分の意思を表明することになります。ちゃんと決めて買う行動は、その会社を応援し、投資していることにつながります。

にぎやかだけど、たった一人で、人生が変わる、大富豪の33の教えby丸尾孝俊×吉本ばなな

バリ島でたくさんの不動産資産と数十軒の自宅を所有する「兄貴」は、日本からたくさんの若者を呼んで、生き方・仕事の仕方・働き方のアドバイスをしています。自治体への寄付も積極的に行い、地域の人から尊敬され、頼りにされています。吉本ばななさんの文章が素敵。

人生を豊かに過ごす

いのちの停車場by南 杏子

吉永小百合さん主演の映画化で注目されている本。原作の方は、映画の何倍もリアルで生々しい介護現場の様子が描かれていて、家族の死をどう受け入れるか、考えさせられます。編集者だった著者が出産後、医学部へ入り、医療現場で働いているからこそ描ける世界です。

暮らしを変える 書く力by一田憲子

何気ない出来事でも、書くことで鮮明に心に刻まれます。編集者という書くプロが教えてくれる伝え方のコツはなるほどと唸ることばかりです。個人的な事実をみんなが「そうそう」と「自分ごと」として読んでくれるように書くには、みんなが手を伸ばせば届く言葉で綴る必要があるのです。

コロナ脳〜日本人はデマに殺される〜by小林よしのり・宮沢孝幸

コロナはインフルエンザと同じように怖れればよい。感染症については、結局、誰も決定的な結論を示すことができていません。それだけ未知のものなんですね。精神的に強くいないと本当に息苦しい。いろいろな考え方を知ることは必要だと思います。

2040年の未来予測by成毛 眞

2040年、今から20年後、テクノロジーは加速度的に進化し、生活はどんどん変わることでしょう。しかし、少子高齢化は進み、日本はますます「貧しい国」になっていく。そして、地震が起きる可能性は70%。未来が不安になります。怖いけど読んでほしい。

ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのかbyピアーズ・スティール

三部作でまとめました。ヒトは後悔するとわかっているのに、先延ばしをしてしまいます。現代社会はあまりに身近に誘惑が多く、油断するとあっという間に目先の興味に心奪われてしまいます。先延ばしをしてしまう仕組みを理解して、本当に大切なことを見失わずにいきたいものです。

マンガで「めんどくさい」がなくなる本by 鶴田豊和 

真面目な人ほど「やらなきゃ」と思い、考え過ぎてめんどくさくなっていきます。「やらなきゃいけないことを減らす」「やらなきゃと思わないようにする」「やらなきゃと思っても、いろいろ考えない」「工夫して、とにかく行動する」まずはやらなきゃと思い込んでいることを書き出すことから始めましょう。

マンガ版 人生の勝負は、朝で決まる。by 千田琢哉

漫画は読みやすくていいです。目覚めが不幸な人、という表現がドキッとします。確かに毎朝、起きたとき、しんどい気持ちなのは残念です。スッキリ気持ちよく起きることができたら絶対いいですよね。読み終わったら、自然と早寝早起きしようと思えます。

やり抜く人の9つの習慣by ハイディ・グラント・ハルバーソン

私はこの本を読んで、しばらく意欲が低下していたダイエットに再チャレンジしてみようとやる気が出ました。具体的な目標に変え、ちゃんと目標達成への行動計画を立てました。できるようになると信じて継続することが大事です。読むと確実にモチベーション上がります。

LIFE SHIFT ライフシフト100年時代の人生戦略 リンダ・グラトン/アンドリュー・スコット

人生100年時代を健康でお金の心配なく生き抜くには、長期的な人生プランを立てることが必要です。60歳定年時代は終わりました。無理なく75歳くらいまで、生きがいを持って働くと残りの人生を安心して過ごせそうです。女性も子育てを終えた50代からキャリアに再チャレンジしましょう。

終わりに

コロナで自粛生活を続けている中で、どんどん本が読めるようになってきました。

最近はずっと月20冊ペースで読んでいます。

という私も、実はコロナ前は月3冊くらいしか読めていなかったのです。毎日読むことが習慣になると読むスピードも速くなり、アウトプットをとおして理解が深まっています。

もし、「これ、面白いかも?」とピンときた本がありましたら、ぜひ読んでみてもらえると嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!