クローゼットは6着だけでいいby 二神弓子 骨格診断×パーソナルカラーで洋服選び

広告

たった6着ってどういうこと?と 半信半疑で読み始めたこの本ですが、私は基本となる「自分に似合う6着」を持っていないことがわかりました。

基本となる6着とは

基本となる6着とは、

  1. ジャケット
  2. ブラウスもしくはシャツ
  3. ニット(春夏ならカットソーやTシャツ)
  4. パンツ
  5. スカート
  6. ワンピース

この6着をクローゼットに揃えるだけで良いと言うのです。

効率よく着回しできることも計算した6着ならコーディネートがパッと決まるし、無駄な買い物もなくなると いうわけなのです。

「自分らしい服」を選ぶには

でも、 素人には「自分らしい服」を選ぶこと自体が難しい。

そこで活用するのが、

  • 骨格診断
  • パーソナルカラー診断

2つのメソッドなんですね。

どちらも聞いた事はあるし、なんとなくわかるんだけど、じゃあどんな服を選べばいいのというところが結びついていませんでした。

この本は、まさに私のように「興味はあるけど実際にプロの人に聞いてみるところまでの勇気がない人」にお勧めの本でした。

私のタイプで紹介するので、違うタイプの人は直接本を読んで調べてみてください。

では、まず、骨格診断から

骨格診断とは

骨格診断とは約20年前に著者である二神さんが確立したメソッドだったのです。

体の「質感」や「ラインの特徴」から、自分自身の体型を最もきれいに見せてくれるファッションアイテムを導き出すことができます。

骨格タイプは、

  • ストレート
  • ウェーブ
  • ナチュラル

の 3タイプに分けられ、複数タイプの体の特徴を持っている人もいるけれど、必ずいずれかのタイプに分類されると二神さんは断言しています。

太っている、痩せているなどの体型は関係なくて、年齢とともに骨格タイプが変わることもないんだそうです。

次のような体の特徴で、各骨格のタイプが見極められるのです。

  • 体の重心が高いか低いか(腰位置が高いか低いか)
  • 体に厚みがあるのかないのか
  • 筋肉がつきやすいか脂肪を感じるか
  • 骨や関節が目立つか目立たないか

骨格タイプに合った服を着ることで、プロポーションがよく見え、着やせ効果があります。

また、自分の体の特徴に合ったデザインや素材を身に付けることで、服となじみ、簡単におしゃれな印象が叶います。

モデルさんが着ている服を自分が着ても全然似合わないのは、元々の骨格が違うからしょうがないのですね・・・。

骨格診断セルフチェックがあり、それによると私はウェーブタイプでした。

3タイプの特徴

3タイプの特徴を簡単に載せておきますね。

ストレートタイプ

ストレートタイプは、バストトップや腰位置が高く「重心バランスが上」にあります。また、体を横から見たときに、厚みがあり、腕をつかむと平べったさはなく、丸く立体的なのが特徴です。手のひらにも厚みがあります。

まさに私の姉がこのタイプです。(私とは正反対)

ウェーブタイプ

ウェーブタイプは、バストトップや腰位置が低めで「下重心」。横から見たときに、体が薄く、手首や手のひらも薄く平べったいのが特徴です。

私はこのタイプです。(筋肉がつきにくい)

ナチュラルタイプ

ナチュラルタイプは、鎖骨や肩、骨盤、膝などの骨や関節が大きく、全体的に骨っぽさや筋っぽさがあります。ストレートタイプやウェーブタイプのように、上重心や下重心といった特徴はなく、個人差があります。

身長の割に手や足のサイズが大きく、オーバーサイズの服を着てもだらしなく見えない人です。

二女がこのタイプかな。(ひとりごとですみません)

ウェーブタイプに似合う6着(ブルーベース)

ウェーブタイプに似合う6着とそのコーディネートが素敵です。

この6着をコーディネートすると

1枚ずつを見ていた時は、正直ふ〜んという感じだったのですが、コーディネートされた服を見るとどれも素敵です。(私が好きな雰囲気)

ストレートタイプやナチュラルタイプのコーディネートも素敵ですが、直感で私には似合わないと思いました。

パーソナルカラー診断

パーソナルカラー診断セルフチェックによると、私はオータムでした。

オータムタイプの特徴は、

  • 明るい茶髪にすると派手に見える
  • 大人っぽく落ち着いた印象に見られることが多い
  • リップやチークの色が薄いと顔色が悪く見える
  • 薄い色の服を着るとぼんやりする
  • パステルカラーが似合わない

ということです。

道理で、パステルカラーが好きなのに、自分が着ると全然落ち着かないし、ボヤ〜っとした印象になります。好きな色と似合う色は違いますね。

パーソナルカラー診断をしたことがない人は、ぜひやってみてください。

さいごに

たった6着?と思っていたのに、自分がその大事な6着を持っていないことにショックを受けました。

自分に似合うアイテムを持っていれば、もっといろいろコーディネートできるわけなんですよね。

洋服を買うのも勉強がいるなぁとようやくわかってきました。

それにしても、「骨格診断」って知ってるよなんて思っていましたが、まさかそれを考え出した本人の本を読む機会を持つとは驚きです。

せっかくですから、自分に似合う服を選べるようになりたいですね。

今回はまさに私の骨格診断タイプからの洋服選びにお付き合いいただきありがとうございました。

洋服の選び方については、こちらの本もオススメです。

どうせなら歳は素敵に重ねたいbyミランダかあちゃん 大人カジュアルを目指してみよう

幸せなクローゼットの育て方byミランダかあちゃん まずは服を組分けして並べてみよう

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

金沢大学 日本史専攻 卒業。お城の中にあるキャンパスで加賀藩について学び、金沢をこよなく愛する。

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!