GACKTの勝ち方byGACKT 考え方、貫き方、生き方、徹底したストイックさがカッコイイ

広告

これだけ準備すれば成功する、なんて魔法のメソッドはありません。

GACKTは、【GACKT】という名前をブランディングし、お金を生み出す仕組みを構築してきたからこそ、成功しているのです。

GACKTは、一体どういうふうにやってきているのか、興味深いですよね。

読んでみて、【GACKT】になれるのはGACKTしかいないと思いました。

少なくとも、すぐ「難しい」と怖気づいてしまうような私や、すぐ「無理」と口に出してしまう人には決して・・・。

自分の人生だから、自分で決めて自分で行動すればいい

GACKTは、30歳から実業家として活動しているのです。

ミュージシャンは音楽だけで稼ぐものというのは古い考えですよね。

GACKTは、ミュージシャンとして輝き続けるために事業を展開していて、コアなファンをすごく大事にしています。

ある時のGACKTのファンクラブ限定ライブは、会場が2000人程度で、一番安い席で3万円、VIP席は300万円。それが瞬時に完売だそうです。

常にGACKTとして向上し、最高のライブと作品を創り続ける。

コアなファンたちにサポートされているから、そんなファンを絶対裏切らないと言うGACKT。

ファンのために音楽をやるのではなく、また、ファンのためのGACKTでいるわけでもない。

GACKTの音楽を追求し、GACKTがGACKTで在ることでファンに喜んでもらう。

GACKT自身が存在ビジネスなのです。

ファンの人たちが「私もやればできるかもしれない」「諦めないで続けよう」と思えるように、GACKTは自分がやると言ったことは必ずやり遂げる。

勇気を与えるのが、自分の使命だとまで言い切る。

そして、それを成し遂げるために死ぬほど努力する。

そして、それを継続する。

簡単じゃないし、ツラいことだけど、それをファン一人一人の代わりにやって見せて「できるだろ?」って魅せるのがGACKTなんだって。カッコ良すぎるね。

オマエも自分で決めた何かにまっすぐ向き合い、実行していればきっと誰かが応援してくれる。そうやって応援してくれる人を増やしていけばいいって。

GACKTやるって、マジで大変だけど、覚悟ある?

GACKTは、本当はお米が大好きならしい。でも20年間、一度も口にしていない。

1日1食だけだし。毎朝、必ずキツいトレーニングしているし。

仕事もしっかりやっている。

こうありたいと願う【GACKT】の背中をGACKTが追いかけている。

一生追いかけ走り続ける覚悟で。

物事を途中で諦めてしまうのは、他人の影を追いかけているからだとGACKT

は言う。

理想の自分自身を描いていれば、諦めそうになった時、理想の自分が振り返り「オマエ、そんなもんか?」と言うだろうって。

できない、は無い

GACKTには「できないは無い」。言ったことは必ず実行する。

できないんじゃない。どうすればできるかを実践する。

そして、「できるまでやる」という行動が、「やればできる」という結果を生む。

さいごに

GACKTが吉田松陰の言葉を紹介していたので、私もここに載せておきたい。

夢なき者に理想なし
理想なき者に計画なし
計画なき者に実行なし
実行なき者に成功なし
故に、夢なき者に成功なし

できない,とか難しいとか、ごちゃごちゃ言っていないで、残りの人生を精一杯輝かせてみようかな。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

金沢大学 日本史専攻 卒業。お城の中にあるキャンパスで加賀藩について学び、金沢をこよなく愛する。

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!