同調圧力 日本社会はなぜ息苦しいのかby鴻上尚史 佐藤直樹 「世間」が怖い日本人

広告

コロナは、私たちが抱え込んでいた本質的な問題を浮き彫りにしますね。

「同調圧力」・・・今までずっと私たちを苦しめてきたものです。

コロナによって、日本人の特異性が浮き上がりましたね。

東日本大震災の時は、この「同調圧力」の良い面が発揮され、空き家なのに略奪や強盗がない点やみんなで静かに助け合う姿勢が外国人からは信じられないと絶賛されました。

私たちは困ったときはお互い様で当たり前のことと受け止めていたと思います。

ところが、今は、自粛警察に始まり、感染者への嫌がらせがエスカレート、まるで犯罪を犯したかのような責め方です。

だから、病気になることより周りから責められることが恐怖ですよね。

ウィルス感染なのですから、誰もが感染する可能性があるというのに。

この「同調圧力」は日本人には根の深い深い問題であることを本を読んで改めて実感して、さらに恐ろしくなりました。

これはコロナによって新しく生み出されたものではなく、今まで水面下にあり、自覚していなかったり、ぼんやりとしか感じなかったことが、今回はっきりと凶暴で陰湿な形となって現れてきたものだったのです。

「同調圧力」は「世間」が作り出している

「営業をやめろ」「帰省はするな」と匿名の文書を貼り付ける自粛警察、自殺にまで追い込むSNSの誹謗・中傷、感染者を責める重苦しい雰囲気、すべて「同調圧力」が強大化した結果です。

コロナで炙り出された「世間」は、まるで戦時の風景だそうです。

異論を許さない空気やメディアが煽る危機感、かつて教科書で見た「日本人なら贅沢は出来ない筈だ!」という言葉も確かに今、同じような雰囲気が感じられます。

私自身も知らず知らずのうちに「同調」し、自分にも家族や周りにも「圧力」をかけていたかもしれません。

自分が感染したくない以上に自分のところでクラスターが発生したら大変と感じてしまいます。

周りに迷惑をかけたらどうしよう、緊急事態宣言下では完全にビビってしまいました。

過剰に忖度し、自主規制するシステムが日本人の中に根付いているのですね。

無意識でみ-んな同じ気持ちだったと思います。

「世間」のルール

世間には暗黙のルールがたくさんありますね。

香典返しをはじめとして「お返し」は、しなくてはいけないものになってしまっています。

「身分制」があり、1歳でも年上の先輩には従わなければならない部活や職場の世界も続いています。

その反面「平等主義」のルールもあり、みんな同じでなければならないと強制されることもあります。

そんなことがまかり通っているから、人より抜きん出ると妬まれたり、たたかれたりするんですよね。

笑い話のようで現実の話ですが、「先生がいいと言うまで水を飲んではいけない」というルールは、外国人には理解出来ないもののようです。

「世間」に謝罪しなければならない日本人

「親の顔が見てみたい」冗談めかして言ったりしますが、実際、犯罪を犯した加害者の家族へのバッシングは厳しく、親が頭を下げる場面があります。

それがエスカレートして感染者やクラスターを発生させた場所に対しても謝罪を求める風潮がないとは言えません。

海外では考えられないことだそうです。

こういう追い詰め方が自殺者を増やしているようです。

さいごに

「世間のルール」を緩めたいですね。

厳しすぎです。

他人のことに構いすぎ。

特に、高齢者の「正義」の押し付けは鬱陶しいです。

ネットで匿名で誹謗・中傷する人やワイドショーで批判ばっかりするコメンテーターもウザイです。

でも、そんなことを言っている私自身も「同調圧力」の一端を担っていてしまっている可能性があります。

息苦しいのは嫌ですよね。

みんながもっと楽に生きられるように、日本人ひとりひとりが「同調圧力」や「世間」に負けないように。

早くコロナがおさまることを願わずにはいられません。

私はちょっと安いKindle版で読みました。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!