「ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣」 小さな習慣は改善し続けると複利で大きくなっていく

広告

ジェームズ・クリアー著『ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣』を読みました。

長年、ずっとできていない早寝早起きを習慣化させたくて、今、習慣化倶楽部に所属して「22時就寝、5時半起床、21時以降は電子機器を触らない」にチャレンジしています。

習慣化チャレンジ2020年8月「早寝早起き」22時就寝、朝5時半起床 21時以降は電子機器を触らない宣言

8月1日から1週間、完璧に早寝早起きを守ることができているので、このまま習慣化したいです。

そんな勢いで読み始めたこの本、かなりすごいです。

今まで信じ込んでいたことがひっくり返ってしまったので、部分的になりますが、私が衝撃を受けた点を紹介します。

悪い習慣は意志が弱いからではない

良い習慣はなかなか身につかないのに、悪い習慣はなかなか改めることができません。

その悪い習慣をやめられずに困っていると、自分は意志が弱いと思ってしまいますよね。

でも、そうではないようですよ。

問題はあなたにあるのではない。
仕組みに問題がある。
悪い習慣を何度も繰り返してしまうのは
あなたが変えたくないからではなく
変えるための仕組みが間違っているからだ。

良い習慣を身につけられない本当の理由はセルフイメージ

なぜ悪い習慣を繰り返すのは簡単で、良い習慣を身につけるのは難しいのか、永遠の課題のように思いがちですが、これもそんなに難しいことではなさそうなんですよ。

あらゆる行動の仕組みの背後には、信念の仕組みがあります。

習慣の背後にはアイデンティティ-(自己同一性)があり、自身と矛盾する行動は長続きしないのです。

本当の行動の変化はアイデンティティ-(自己同一性)の変化であり、習慣を身につけられない本当の理由は、セルフイメージが邪魔をしているからという説明です。

だから、どのような人になりたいかを決めて、小さな成功を繰り返して自信を持てばいいのです。

私の例で言えば、「早起きしたいから22時に寝る」ではまだ自分は夜型人間だと思っている状態だけど、「早起きするから22時に寝る」と思った段階ではもうレベルが違って来ています。

「早起きしたいなぁ(結果)。早く寝たら早く起きることができるだろう(プロセス)。」

ここで止まっていたらいけない。

自分が早く起きる人間になるのだという信念に基づいて行動する時、初めて自分が変化するということなのです。

行動を変化させる4つの法則

良い仕組みを築き、良い習慣を形成するためには対策と戦略が大事です。

本の中でシンプルな4つのステップで良い習慣を身に着ける4つの法則が詳しく示されています。

書き出したら本の内容を全部丸写しするようなことになりそうなので、要点のみ紹介します。

時には習慣を忘れてしまうことがあるから、「はっきりさせる」必要がある。
また、始めたくない時には「魅力的にする」必要がある。
習慣が難しすぎると感じることも多いので、その場合は「易しくする」。
そして、続ける気になれない時には、「満足できるものにする」ことが大切だ。

いつまでも成果を得つづける秘訣

習慣は、一度身につくと次第に慣れてきて、無意識な繰り返しに陥ってしまうこともあります。

考えずに行動できるところが習慣化のプラス面であるけれど、マイナス面として一定のやり方で行動するのに慣れてしまい、小さなミスに注意を払わなくなる傾向も確かに出てきます。

時間とともにパフォーマンスがわずかに下がることが研究でわかっているようです。

自分の可能性を最大限に生かして抜きんでたパフォーマンスを達成したいなら、工夫が必要です。

それは、改善をやめないことなのです。

習慣を見直して、修正し改善を繰り返すことで、小さな習慣はただ加算されるのでなく、複利で大きくなっていくということです。

多くのアスリートや経営者がこの本を読んで、自分自身やチーム・会社のパフォーマンスを上げて結果を出しているのは、この部分なのだと思います。

さいごに

内容的にとても深くて、一度読んだだけでは不十分です。

とにかく今はまだ1週間しか続いていない早寝早起き習慣を完全に身につけたいと思っています。

暑い夏の期間、まだ涼しいうちに犬の散歩をしたいと思っています。

朝早く起きないと「責任を持って犬を飼う」と決めた自分を裏切ることになります。

早く起きるために早く寝るのは当たり前のことであり、早く寝るためにだらだらスマホに依存しないのも大事なことです。

どんな自分になりたいか、本気で決めたら、意外と習慣化って簡単なのかもしれないと思えてきました。

習慣化倶楽部リーダーの白江文江さんから、この本を紹介してもらいました。

とっても素晴らしい本です。

私のように意志が弱いから習慣化が難しいと感じている人にオススメしたいです。

メンタリストDaiGoの習慣化の本もいいですよ。

メンタリストDaiGo『超習慣術』習慣づくりは20秒ルール 良い習慣作り、悪い習慣なくす

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!