出口治明著『還暦からの底力』定年はいらない 老人は次世代のために働くべし

広告

出口治明さんの『還暦からの底力-歴史・人・たびに学ぶ生き方』を読みました。

私のずっとモヤモヤしていた思いがすべて解決されて、スカッとしました。

反論もあるかもしれませんが、私は出口さんの主張はとてもいいと思います。

年を取ったらどんなふうに生きていけば良いのか、日本の高齢化社会への提言です。

高齢者って寝たきりになって、周囲の負担が重くなる、貯蓄や年金を食いつぶしながら肩身を狭くして生きていく・・・そんな暗いイメージですが、それではいけないのです。

出口さんは還暦過ぎても大活躍

出口さんは、還暦(60歳)でインターネットを主な販売チャンネルとするライフネット生命を開業し、古希(70歳)を迎えた2018年にAPU(立命館アジア太平洋大学)の学長に就任されました。

お友達から「還暦ベンチャー」「古希学長」と言われているそうです。

決断する際、年齢は関係ない

出口さんは、何かの決断をする際、年齢を意識したことは一度もないそうです。

エピソードでなく、エビデンス(証拠)で物事を見ることが大事と言われます。

価値観や人生観といった色眼鏡を出来るだけ外して、数字・ファクト(事実)・ロジック(論理)で世界を見なさいということです。

「もう年だから」と年齢を隠れ蓑にしない

根拠のない常識や不毛な精神論に縛られて「もう年だから」と年齢を隠れ蓑にして自分にブレーキをかけるのをやめましょうとも言います。

定年廃止し、健康寿命を延ばす

長生きしても元気がなく、寝たきりの生活では意味がありません。

年齢に意味はない

65歳以上を高齢者と定義したのは、1965年のことです。

当時、欧米諸国の平均寿命は、男性66歳前後・女性72歳前後、日本の平均寿命は男性63歳前後・女性67歳前後だったそうです。

今から55年前のことです。

この後、医学の進歩や栄養状態の改善がめざましく、随分平均寿命が延びましたね。

2017年に日本老年学会・日本老年医学会が連名で「高齢者の定義を75歳以上にしましょう」と提言しました。

今の75歳が昔の65歳と同じような状態なのです。

老人は次世代のために働くべし

老人は子育てを支援し、若者が子どもを作りたくなる環境を整備する。

身体も脳も日々よく使い、自立した生活をして老化を遅らせ、必要になったら互いに介護につとめ、医療費・介護費を少なくし、そうすることにより、出来るだけ次世代の足を引っ張らないようにする。
本川達夫『生物学的文明論』より

出口さんは、本川氏の提言を引用し、高齢者は「次世代のために働くこと」に意味があり、次世代を健全に育成するために生かされていると考えるべきと言います。

「保育園が近くにできるとうるさい」などと反対する高齢者は問題外で、行政はそういう人のわがままを受け入れるのではなく、逆に「子どものいない山奥にでも行って、一人で生活してください」と説得すべきとは気持ちいいですね。

選挙権がある高齢者のご機嫌を取って、子どもを犠牲にするのは許せません。

洋の東西を問わず、船が沈没する際に脱出する順番は、子ども・女性・男性・そのあとに高齢者です。

なぜなら、その順番にしないと群れが死滅するから。

高齢者より、将来を担う若者たちの優先順位を高くしなければいけないのは、昔からみんなわかっていることのはずです。

働き続けることで健康寿命が延びる

アメリカをはじめとしてほとんどの国では、定年がないのですね。

知らなかったです。

寝たきり老人がいるのは日本だけで『欧米に寝たきり老人はいない』という本も出ているそうです。

定年の廃止で一石五鳥

出口さんは、定年を廃止すると一石五鳥のメリットがあると言います。

1 健康寿命が延びて介護が減る
2 医療・年金財政がもらうから支払うにシフトするので、ダブルで好転
3 年功序列がなくなり、業績序列にシフトしていくことが期待できる
4 中高年の労働意欲が高まる
5 労働力不足を補える

医学的にも、健康寿命を延ばし、楽しい人生を送るためには働くのが一番良いと言われているのです。

その人に応じて、働けるまでずっと働いて収入を得ていくのがいいですよね。

人為的に年齢(定年)を決めて、働けるのに働けなくするのはおかしいです。

確かに「いつまで働かせるつもりだ?楽したいのに」と反発する人もいると思います。

60歳以降はのんびり遊んで暮らしたいなら、60歳までに精一杯お金を貯めればいいのです。

若者が少ない給料から負担するお金で自分が遊んで暮らそうという発想をしているとすれば、それはおかしいと思います。

長生きして自分が納めたお金以上に年金を受け取る高齢者がほとんどですから、社会の仕組みとして若者の負担を軽くすることを考えていかなければなりません。

さいごに

「高齢者を大切にする」という優しさを否定するつもりはありませんが、「高齢者」が「子ども」の未来を暗くするようなことをしてはいけないと思います。

私が就職した昭和の終わり頃、高額の年金をもらって海外旅行を楽しんでいる退職者の方々を見て、60歳過ぎたら遊んで暮らせるんだと驚きました。

まだ現金でお給料を受け取っていたので、定年間近の方はボーナスが100万円を超えていて「立っている封筒」を羨ましく眺めた記憶もあります。

仕事ができてもできなくてもお給料をもらえた時代は終わったのです。

そしてまだまだ働けるのに、お金をもらって遊んで暮らすというのも間違っていると思います。

「定年」という制度がなくならないのなら、自衛手段として、60歳以降もずっと自分なりのペースで働き続けられるように副業を準備しておかないといけないと思います。

私は、とにかく子どもたちにとって、自分はお金を納めるけど自分の生活は保証されないということに虚しさを感じないように、高齢者自身を含めて社会全体で社会を支えるシステムになることを祈っています。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!