食う・寝る・動くだけで痩せていく 野生の体力を取り戻すパレオ(狩猟民族)ダイエットbyパレオな男 鈴木祐

広告

パレオな男 鈴木祐さんの『一生リバウンドしないパレオダイエットの教科書』を読みました。

パレオさん自身の経験に基づく説明なので、とっても説得力がありました。

まず、写真が衝撃的。

うわー、見苦しいと正直思ってしまいましたが、私のお腹だって全然負けていません。

10年前までパレオさんは「デブで虚弱体質」だったんだそうです。

165cmで68kg、ラーメンと酒で体脂肪率35%、総コレステロール250以上、そのうえ月に1回肺炎で病院へ。

糖質制限も有名トレーナーによるプログラムも、最初の3ヶ月は効果があるけどすぐリバウンド。

極端なカロリー制限とエクササイズのせいで免疫力が低下し、さらに風邪をひきやすくなってしまったそうです。

そこで初めて、本当に必要なのは、死ぬまで使える一生ものの健康法だということ気づいたということなのです。

気づいて、徹底的に調べて、しっかり実践して成果をあげたところがパレオさんなんですよね。

実は、私も総コレステロールが250以上なのです。

死ぬまで健康的な頭脳と肉体をキープしたいと願う気持ちは私にもあるので、よし、やってみようという気持ちで読み出しました。

途中の運動と筋トレあたりで、ちょっと無理かもと弱気になりましたが、ここで書いておくということが自分のためになるので、素晴らしいパレオダイエットについて紹介します。

ちなみに、ダイエットと書いてあるから、自分は太ってないし関係ないと思う人がいるかもしれませんが、本当に健康なのかな?というチェックも必要だと思います。

狩猟民族には、デブもガンもうつ病もない

パレオダイエットとは、ズバリ「原始人のライフスタイルに学ぶ」ことです。

旧石器時代の暮らしからいいところを取り入れていくのがポイントです。

人類が誕生した旧石器時代は、およそ260万年前に始まり、1万年前に終わりました。

その長期間、人類は木の実や根菜を集め、野生の動物や魚を狩りながら暮らす狩猟採集生活をしてきました。

それに対し、農耕や牧畜が始まったのは1万年前のことで、現在のように加工食品やファストフードが広まったのはほんの少し前です。

つまり、人間の心と体は、旧石器時代の環境でうまく働くように進化してきたのですね。

それで野生の体を取り戻すのがパレオダイエットなのです。

欧米の人類学者たちがタンザニアやパプアニューギニアの狩猟採集民を調査した結果がすごいのです。

・狩猟採集民にはデブがおらず、たいてい自然に腹筋が割れている
・ガンや糖尿病、心疾患、痛風などの現代病はほとんどない
・コレステロールや中性脂肪、血圧などの数値もパーフェクト
・日中の疲れはその日寝れば回復する
・ニキビや乾燥肌、脂肌などの肌トラブルもない
・虫歯や歯周病といった口まわりの悩みもゼロ
・うつ病や不安症といったメンタルの問題もない

狩猟採集民は、カロリー制限せず、週3回ジムに通わず、保湿クリームも日焼け止めも使わず、歯ブラシすらありません。

それにもかかわらず、先進国の人々より見た目が良く、健やかなメンタルを保ちながら幸福に暮らしているというのですよ。

なんたることでしょう・・・。

デブの最大の原因は加工食品

食べ過ぎて肥満になる原因は、ズバリ「加工食品」とのこと。

冷凍食品、コンビニ弁当、スナック菓子、ファストフードなどです。

砂糖と脂肪の中毒性が危険なのです。

加工食品を徹底的に減らすと確実に体脂肪が減るそうです。

加工食品のせいで、脳が満腹感を正しく判定できないようになり、もっと食べたいと思ってしまうのです。

結局、何を食べてはいけないかと言うと、次の定義に当てはまるものです。

・原材料がどんな形をしていたのかわからない商品
・植物油脂、砂糖、人工甘味料、精製穀物、食品添加物が入ったもの、および低脂肪食品

どうしてもお菓子やジャンクフードを食べたい時は、全体の食事量の2割までに抑えておきましょうと優しく書いてありました。

低脂肪の食品って体にいいんだとばかり思っていましたが、大量の砂糖や添加物が入っていることが多いそうです。

乳製品を食べたい時は、全乳の商品の方が良いそうですよ。

光を制する者は睡眠を制す

人類は、太陽のリズムにしたがって暮らしてきました。

そのため、私たちの体には生まれつき、自然光に反応して睡眠をコントロールするシステムが備わっているのです。

「体内時計」です。

でも、今は人工照明で夜でも明るい状態が続くので体内時計が狂ってしまうんですよね。

私が苦労しながら早寝早起きにチャレンジを続けているのは、この体内時計がなかなかうまく調整できないためです。

最近の研究で、ブルーライトが睡眠の質を下げる最大の原因と考えられているようです。

ブルーライトは太陽光の中に存在するものなので、人工照明でブルーライトを浴びているとずっと昼だと思ってしまうのです。

日中、十分に太陽光を浴びて、夜はブルーライトをできるだけ減らすようにしなければなりません。

早速、パレオさんの言う通り、iPhoneの設定でブルーライトの量を減らしました。

設定→画面と明るさ→Night Shift→時間指定→開始時間20時→色温度→温かく

アンドロイドのスマホの人は、「ブルーライト軽減フィルター」と言うアプリを入れて、光のカット率を設定すると良いそうです。

部屋の照明も暖色系に変えました。

具体的な方法を提示してくれるから、すぐ実践できるというのがパレオさんの本の良いところです。

痩せるための運動をしてはいけない

古代の人類はマンモスを狩ったり、木の実を集めたりしながら暮らしていたため、日常的によく体を動かしていたんですよね。

現代の狩猟採集民も、1日に6km〜16kmぐらい歩いているそうです。

そして、時々、獲物をかついだり、崖を登ったり、筋トレに近い活動をします。

危険が迫ると、最大心拍数80%以上の猛ダッシュをします。

現代の科学では、「運動だけでは痩せられない」が常識で、食事を改善しない限り体脂肪は減りません。

だから、痩せる=体重を落とすのに必要なのは食事の調整であって、運動して痩せようとするのは意味がないのです。

運動は、「若返り」「メンタルの改善」「頭を良くする」効果があります。

今まで運動不足の人がいきなり狩猟採集民レベルのエクササイズをするとオーバーワークになるので、日常生活の中でジワジワと活動量を増やしていくのが良いのです。

これが「NEAT(ニート)=非運動性活動熱産生」という考え方だそうです。

日常生活で消費されるカロリーの合計を増やしましょうということです。

座っている時間を減らすためにスタンディングデスクとDaiGoがオススメしていたステッパーを買いました。

実践(予定)

自分の目標に合わせて無理のない範囲でライフスタイルを変えていきましょうと書いてありました。

1 本格的に体質改善を目指す場合
2 見た目を引き締めたい場合
3 健康な生活をキープしたい場合

2を選んだのですが、ちょっとキツそうなので3にしておきます。

3は「そこまで見た目にはこだわらないが、生活習慣病の予防や健康診断の数値を改善したい人」です。

本当は見た目、もうちょっと良くしたいんですけど。

とりあえず、3は生活の7割をパレオダイエットで過ごします。

食う

プチ断食、1日のうち13〜14時間は断食をする。

夜早めにご飯を食べてその後、半日以上食べない時間を作る。

寝る

眠りにつく1時間前にスマホやパソコンを見ない。

動く

1時間以上連続して座らない。

1時間以上のウォーキングを行い、1日12000歩を目指して歩く。

週に3〜4回のエクササイズ、HIITに加えてパレオ式ダイエットの筋トレをする。

HIITとは「ハイ・インテンシティ・インターバル・トレーニング(高強度休憩訓練)」です。

1 30秒だけ限界まで猛ダッシュ
2 10秒だけ休む
3 再び30秒だけ限界まで猛ダッシュ
4 10秒だけ休む
5 1〜4までのステップを数回繰り返す

う-ん、絶対無理だと思う・・。

パレオダイエットの筋トレは、5種目

・スクワット
・プッシュアップ
・ダンベルロウ
・リバースランジ
・オーバーヘッドプレス

スクワットだけやろうかな・・・。

さいごに

HIITのエクササイズや筋トレはキツそうなので、早々に諦めることになりそうです。

その代わり、NEAT(ニート)普段の生活でよく動くよう心がけたいと思います。

最近、車にできるだけ乗らないようにしていて、乗った場合も駐車場では遠くに停めてお店まで早歩きで歩くようにしています。

無理ない範囲で続けていくことが大事ですよね。

若い人は積極的にトレーニングして鍛えてください!

世の中に健康でカッコイイ人が増えていくと楽しみです。

私もお腹ポッコリが少しでも改善されることを夢見て、少しだけエクササイズも頑張ってみたいです。

パレオさんは、DaiGoが尊敬する人と言うほどのすごい人です。

どの本もとっても説得力があって良いですよ。

超ストレス解消法by鈴木 祐 最先端の科学的テクニック100から自分にあうものを見つけよう

最高の体調by鈴木 祐 withコロナの時代を乗り越える時に気をつけていきたいこと

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!