羽田空港で働く世界一のカリスマ清掃員が教える『掃除は「ついで」にやりなさい!』

広告

羽田空港で働く世界一のカリスマ清掃員 新津春子さんの『掃除は「ついで」にやりなさい!」を読みました。

「プロフェッショナル 仕事の流儀」(NHK)や「金スマ」(TBS系列)で大反響があった方です。

羽田空港が2013年・2014年・2016年に「世界一清潔な空港」に選ばれたのは、この方をはじめとする清掃員の方々の優秀な仕事ぶりのおかげなのですね。

新津さんは、1970年中国瀋陽生まれ。

第二次世界大戦の時に中国に取り残された日本人を父に持つ日本人残留孤児二世だそうです。

17歳で来日し、家計を助けるために高校へ通いながら清掃の仕事に従事し、日本空港テクノ株式会社に入社後、全国ビルクリーニング技能競技会で最年少優勝しました。

日本語がわからなくても清掃はできるということで、清掃員の仕事を始めらたのです。

残留孤児二世というだけで、中国でも日本でもいじめにあい、帰国した際は十分な蓄えもなく、パンの耳を食べて過ごした日々もあったそうです。

カリスマ清掃員の美しい心

新津さんは、前向きな方です。

誰に気づかれなくてもいい。

誰に認められなくてもいい。

ただ、この場を使う人がきれいだって喜んでくれるだけで救われる。

空港にはさまざまな国の人が訪れます。

文化の違いもあり、外国のお客様が不慣れなトイレで汚してしまうことや、到着後すぐトイレで髪を洗って排水口を詰まらせてしまうというようなこともあるそうです。

そんな時、すぐ駆けつけてキレイに清掃するのが自分たちの仕事と・・・。

羽田空港の清潔さと快適さは、誇れる日本人のおもてなしの心ですよね。

家庭の掃除ラクラク段取り術

カリスマ清掃員が教える家庭の掃除術は3つ

汚れの種類はたった3つ

家庭の汚れは、「固形」「水性」「油性」の3つに分ければいいです。

埃などの固形の汚れは、ブラシで払い落とす。

水性の汚れは、軽いうちならぬるま湯の水拭き、洗剤を使う場合は中性洗剤。

油性の汚れは、アルカリ〜弱アルカリ洗剤。洗浄力が強いのでゴム手袋を使用すること。

洗剤は基本5種類

カリスマ清掃員おすすめの洗剤は、次の5種類です。

・食器用洗剤
・クエン酸
・重曹
・セスキ炭酸ソーダ
・クレンザー

道具は極論、タオル1枚でもOK

本の中で写真入りで、タオルの「折り方」「持ち方」「絞り方」「拭き方」が解説されています。

 

「ついで掃除」と「しっかり掃除」

カリスマ清掃員が教える「ついで掃除」と「しっかり掃除」のコツです。

キッチンを例に紹介します。

キッチンの「ついで掃除」

キッチン掃除のコツは、水分・油分を残さないこと

・調理台を拭く
・コンロ周りの壁の汚れを軽く水拭き
・シンク全体を磨く&拭く
・排水口を洗うor酸素系漂白剤をたらしておく
・床を拭く

シンクの「しっかり掃除」

・排水口と三角コーナーのゴミを捨てる
・三角コーナーとスポンジラック、排水口のカゴを洗う
・シンクを水で濡らす
・排水口のパーツを洗う
・シンクをなで洗いする
・排水口の部品を浸け置きする
・シンクの底と四隅を洗う
・排水口の近くとシンクの手前を磨く
・蛇口などを包み洗いする
・歯ブラシで水栓の細部や排水口の縁を洗う
・排水口の側面を洗う
・シンクのへりを洗う
・濡らしたタオルでシンクや水栓の泡を拭き取る
・三角コーナーとスポンジラックを拭く
・シンク周りを拭きあげる
・最後に排水口周りと水栓、シンク内側を拭きあげる

本の中では写真入りで詳しく解説されています。

さいごに

「トイレを綺麗にしている家で他の場所が汚れている家を見たことがありません」と新津さんに言われると、身が引き締まります。

「ついで掃除」では、見える場所・触れる場所だけやれれば十分ですという優しい言葉もあります。

ポイントは、動線に沿って目線より低い場所を掃除して、埃・湿気・臭いに気をつけることです。

汚れをどう落とすかではなく、いかに溜めないかが大事ということです。

汚れはむし歯と同じとのこと。

予防清掃に取り組んでいかないといけませんね。

『掃除は「ついで」にやりなさい!』と言われたら、『ハイッ』と返事しないといけないと思えてくる本でした。

空港のように、誰が汚したかわからないようなところをも美しく保とうと毎日一生懸命掃除する人がいるわけですから、自分の家くらい自分で綺麗にしたいですね。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!