なかなかお金を貯められない人へ 支出の洗い出し 無駄遣いに気づく 将来へ向けて投資『みんなのお金の使い方、貯め方』

広告

やりくり上手のブロガー&インスタグラマー発『みんなのお金の使い方、貯め方』を読みました。

若い14名のブロガー、インスタグラマーさんたちが実践している家計管理内容をまとめた実例集です。

若い人たちはしっかりしているなぁと感心します。

しっかりせざるを得ないのかもしれませんね。

昔のように預金していたらどんどん利息が貯まっていくなんて時代はもうきません。

60歳定年後、海外旅行して悠々自適な年金生活なんていうのももはや夢物語です。

お給料が少ないから、貯金なんてゼロという人も少なくないかもしれませんが、将来のためにお金を蓄えておくことは必要です。

いつか働けなくなる日が来ます。

高齢になる前に、病気になったり、突然ケガをしたりして仕事ができなくなる日が来るかもしれないのです。

医療が発達した現在、治療費はとんでもなく高額になります。

私の父が脳幹部出血で倒れて2年間寝たきりで入院していた時、入院費は月20万円を超えていました。

私の友達はお父さん・お母さんが施設に入っているのですが、途中で肺炎になったりすると施設利用費と別に入院費も払い、年金ではとてもじゃないけどまかないきれない金額で困り果てていました。

とにかく、今が精一杯かもしれないけど、それでもいざとなった時のためにお金を蓄えておくことは必要なのです。

それでいて、大切なのは「今」を楽しむことです。

お金を貯めている人はどうやって貯めているのだろうかと覗き見ることはとても勉強になりますよね。

すごいなぁと感心した部分を紹介します。

長期的な視点で家計管理、経験を積むための出費は惜しまない

ブログ「ほどよいミニマリストに。ミニマライフ.com」の香村薫さんご夫妻は、何にお金を使うか、どう貯めていくかなど大事なことは家族でしっかり話し合って決めているそうです。

備えは大事だけど、貯金を目的にしないことを意識し、将来への不安解消はお金を貯めることで終わりにせず、人間性や経験、スキルで補えるように今をしっかり生きることが大切。

なんとなく参加する、付き合い程度の飲み会は不要と考え、厳選して出席。

家での生活を充実させるため、食費はケチらず、満足できる自炊を目指す。

子どもの体験を大切にしてキャンプで親子の絆を深める。

そして何より素晴らしいのが、年間予算を組むための会議を家族全員で話し合って決めているというのです。

テーマパークへ1回行くか、キャンプに年5回行くか、子どもの意見を聞くとのことです。

10年先の理想の生活を実現するための貯蓄計画を立て、住宅ローンは子どもができる前に8年で完済したというのもすごいですよね。

素晴らしいとしか言いようがありません。

具体的に目標を立て、貯蓄額は1000万超え

Instagram@nao_kakeiboさんは、結婚式やマイホーム購入という目標を立てコツコツ貯金して実現。

今は既に貯蓄総額1100万円で、教育資金の貯蓄を準備、そのあとは老後のための貯蓄へ移行したいとのこと。

生活費は袋分けで管理、素晴らしいのは「特別費」を一覧表でまとめ前もって貯金している点です。

お年玉・固定資産税・保険・自動車税・母の日・父の日・夏休みレジャー費・浄化槽検査費等まで洗い出して月ごとの一覧表に記入してあります。

会社の予算では当たり前の事かもしれませんが、家計でここまできちんと年間予算を考えている家は少ないのではないでしょうか。

アプリ「マネーフォワード」で自動家計管理

ブログ「のんびり楽しく貯金」のハピコさんは、家計簿アプリ「マネーフォワード」の達人です。

ゲーム感覚で固定費を削減し、質は落とさず生活を小さくすることで出費を抑え、借金返済後どんどんお金を貯めて今では貯蓄総額1100万円、投資もしています。

旦那さんへのお小遣いは月極めでなく週単位で渡す方が使いすぎ防止できて良いらしいですよ。

貯まる人のコツ

若いのに1000万円という単位のお金を貯めることができる人たちは、共通する「暮らしのコツ」を身につけているようです。

1早寝早起き

時間に追われる毎日では、お金の使い方が雑になります。

慌ててタクシーを使ったり、食事も外食や惣菜で済ませたり。

貯まる人は、こうした「しなくてもいいムダ」を避けるために、ゆとりを保てる毎日を意識しているようです。

そのために心がけているのが「早寝早起き」です。

早起きして、朝のうちに家事を片づけ、その日の段取りを考えると、何事も先手を打って行動でき、行き当たりばったりにお金を使うムダがなくせます。

ドキッとして思いあたる節がある人も多いのではないでしょうか。

忘れ物をしなければ、外で「間に合わせ」のものを買う無駄遣いがなくなります。

早起きのために早寝すれば、電気代節約、疲れた頭でのネットサーフィンからの衝動買い防止、口寂しさでつまむお菓子や酒代も減らせます。

何より体調維持により、将来の医療費節約になります。

2 あるものを使い切る

どんなに安くてもお得でも、出費すればお金は減ります。

あるものを使い切ることを徹底したら、必ずお金が貯まります。

買ったのに使わないなんて以ての外。

本当に必要なものだけを買い、使い切る。

3 理想の暮らしを考え、お金を使う優先順位をはっきりさせる

なかなかお金は貯まらないものなので、面倒になったり、欲しいものが出てきたりすると「まぁいいか」と挫折しがちです。

でも、貯まる人は「叶えたい目標」が明確で、挫折しそうになっても「ここにお金を使うよりハワイで使いたい」など、お金を使う優先順位がはっきりしてムダを削ることができています。

目標が叶うとさらに貯蓄に前向きになってどんどん加速していくのです。

さいごに

無駄遣いしていないつもりなのに貯まらないという人もいると思います。

でも、支出をしっかり見つめると、無意識で使っているお金がたくさんあるのです。

コンビニでおやつを買う、終電を逃してタクシーで帰宅、使っていない有料コンテンツに加入したまま、特売で買いだめ等、結構無駄遣いしているものです。

一度、徹底的に自分が何にどれだけお金を使っているか、会社の経理になった気持ちで点検してみると良いのでしょうね。

そして、少しでも貯蓄を増やし、それを上手に投資に回していく力が必要なんだと思います。

どうしたらお金を貯めることができるかということは、残念ながら学校では習いません。

学校の先生たちは公務員でお金を稼ぐということに関しては知識が乏しいのです。

だから、自分たちで調べて工夫していかなければなりません。

何が正解ということはなかなか言えないと思います。

いろいろな人のやり方を参考にして自分に合うやり方をまねしてみることから始めるのが良いと思います。

なかなか面白い1冊でした。

お金を貯めたい人で、どうしたら貯められるかわからないという人はぜひ読んでみると良いと思います。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!