ザ・ミッション 人生の目的の見つけ方 ドクター・ジョン・F・ディマティーニ著 本当はみんな自分のミッションを知っている

広告

「自分のミッションって一体何なのだろう?」とわかっていない人が多いのではないでしょうか。

あるいは「自分はなんのために生きているのだろうか?」と、日々の忙しさに疲れ、人生の目的を見失っている人だって少なくないと思われます。

もう還暦になってしまった私たちの年代では「ただなんとなく慌ただしく動き回っていて、いつの間にかこの年になってしまった」なんて声も聞きます。

かく言う私だって、9年前、父が突然倒れて不動産賃貸業を引き継ぐことになり、それまで天職と思い込んでいた教員を辞めた時、「私はこれから何を目指して生きていくのだろうか?」と不安になりました。

この本をおすすめしたい人

「自分のミッションは何なのだろうか?」と考えている人に、この本をおすすめしたいです。

なぜなら、著者は「みんな、自分の心の中では、やりたいことをわかっている。ただ怖れているだけ。」と言うのです。

また「人は誰でもミッションを生きる権利があります。自分のミッションを生きることは不可能ではなく、自分に許可すればよいだけです。」

そして、「学習障害として診断され、旅に出たテントの中で死にかけたホームレスのサーファーだった私にできたのだから、あなたにできないはずはありません。」と言い切ってくれます。

学習障害について

私は、かつて特別支援学校に勤務していたので、学習障害の子どもの苦労はよく理解できます。

喋ることは普通にできるのですが、文字を読んだり、書いたりすることに困難があり、テストではほぼ0点になってしまうのです。

小さい頃なので、著者は先生にそのことをうまく伝えることもできなかったんだと思います。

小学校の担任の先生から「この子は人生で成功するのが難しい」と言われたそうです。

時別支援に対する理解が少ない状況では、担任の先生がそう断定してしまうのもやむを得なかったのかと同業ゆえに同情してしまいます。

でも、私自身は自閉症のお子さんについて特別に研修する機会に恵まれ、意識が異なります。

特別な障害を持って生まれてくる子どもは、その存在そのものがギフトであると思うのです。

一般社会から見たら障害に思えるかもしれないけど、その子どもたちは特別の才能を有しているのです。

ただ、それがアンバランスなため、日常的なコミュニケーションがうまくいかないことが多いのです。

著者のドクター・ジョン・F・ディマティーニ氏も成功するまで、ずっと自身の障害に苦しんでこられたことと思います。

自分の才能に気づきにくい

才能は、往々にして隠れていて見えにくい場合があります。

本人自身が才能であることに気づいていないことも多いです。

むしろ、その才能を発揮すると、集中し過ぎて他の部分でうまくいかないこともあるため、欠点のように感じてしまっていることもあります。

だから、それを発揮するのが怖いのですね。

小さい頃、誰かに何か言われた・・・ただそれだけのことで、ずっとずっと封印してきたことってないでしょうか?

きっとそれがミッションなんだと思います。

ミッションは思い出すもの

ミッションは、考えるものではなく、自分自身の中にあり、思い出すものなのだと思うのです。

『ザ・ミッション 人生の目的の見つけ方』は、誰もが皆、ミッション(人生の目的)をもって生まれてきたのに、今、見えていない人におすすめの本です。

過去に無意識で自分で隠してしまった人は、残りの人生で自分が本当にやりたかったことを思い出しましょう。

その本当にやりたかったことが、あなたのミッションなんだと思います。

私のミッション

ちなみに、私のミッションについて書かせていただきます。

私のミッションは、自分が幸せになって周りの人をどんどん幸せにしていくことです。

自分自身が断捨離して、ときめくお掃除をしていたら、家がパワースポットになってきて守られて幸せになってきました。

そして、自分に余裕ができてきたので、まわりの人も幸せになって欲しいと願っていたら、私のエネルギーが伝わっていき、幸せの輪が広がっているように感じています。

私は、このパワーをブログをとおして、直接会えない人にも届けることができるのではないかと思うようになってきました。

きっとこれが私のミッションではないかと思うのです。

さいごに

自分なんて・・と思いがちな人にこそ、この本を読んで「すべての人はミッションをもって生まれてきた」と実感して欲しいです。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!