『すぐ死ぬんだから』by内館牧子 高齢者こそ生きがいが必要です

広告

内館牧子さんの『すぐ死ぬんだから』を読みました。

小説なので内容を解説するとネタバレになってしまうから書けませんが、将来のことを具体的に考えさせられる本でした。

書き方がとっても面白いので、グイグイ惹きつけられて読めます。

2日で読みました。

内容ではなく読後の感想を呟きますね。

実年齢に見られることは良くないことなのか?

主人公ハナは78歳、60代までは全く身の回りを構わなかったが、お店で実年齢より上に見られてショックを受けます。

その日から健康や美容に目覚め、実年齢より10歳は若く見られる美しい人に変わりました。

お化粧だけでなく、体も内面も整えていて、本当にオシャレな人になる努力をしています。

そんなハナから見ると周りの同年代の人たちは、もうすっかりおじいさん・おばあさんです。

ハナは、そんな人たちと一緒になりたくないと思っています。

気持ちは十分わかりますよね。

本の表紙に描かれているように、暗い色のダボっとした服を着て、帽子を被りリュックを背負い、ゆっくり歩いている人たちの集団を見るといかにも高齢者です。

私にとっても70〜80代の人のイメージはこんな感じで、自分はこの中の人になりたくないなぁというのが本音です。

ただ、今、60歳なので高齢者に見られるのは嫌だと思っているけど、実際に自分が80歳になった時、10歳若く見られたいかと言われるとどうかなとわかりません。

ハナのように雑誌に載るくらい、目立ちたいかというとそれもちょっとと気が引けてしまいます。

それくらいハナは際立って、若作りを目指す人なのです。

ちゃんと孫が「おばあちゃん、それ以上派手にするとイタイよ」と苦言を呈してくれています。

実年齢に見られるのは嫌だという気持ちを持ち続けることは大切かもしれません。

「すぐ死ぬんだから」は禁句

年を取ってくると、だんだん物事をするのが億劫になってきます。

痛いところが出てきたり、できないことが増えてくると病院へ行っても「加齢」で済まされることが増えます。

ショックですが、実際その通りです。

若い頃、頑張ってきた人ほど無理がたたって、体がボロボロになっています。

アドレナリン出して張り切ってきた分、仕事を辞めると一気に老け込む男性も多いですよね。

そういう人が偉そうにしていると、はっきり言って「迷惑」ですよ。

前向きなことを言われても「どうせ死ぬんだから」と人生を投げ出してしまっている人、確かに多いかもしれません。

余生って一体いつなのでしょうか?

昔、平均寿命が59歳の時、設定された60歳定年制は、終身雇用の意味でした。

それが人生100年時代となったら、退職後40年もあるわけです。

60年生きてきて、残り40年・・・それは「余り」なのでしょうか?

だから、現代において、60歳以降を「余生」と呼ぶのは間違いですね。

決して「すぐ死ぬんだから」何もしなくていいというわけにはいきません。

いくつになっても「生きがい」が大切

最後に思わぬ展開になって「生きがい」を手に入れたハナ。

真の意味で、人生の晩年をイキイキと生きられそうです。

息子や嫁・孫たちのあたたかい愛情が、ハナを支えてくれました。

それはハナが一生懸命子どもを育ててきた賜物です。

さいごに

人生の最終章が家族と一緒に幸せに過ごせるのは最高だと思います。

最後の最後まで自分の人生を投げ出さずに、責任持ってしっかり生きていきたいですよね。

認知症になって自分のことがわからなくなるのが一番悲しいです。

そうならないように、これからは高齢者になっても、決して「どうせすぐ死ぬんだから」などという暴言を吐かないようにしたいです。

そして、できればそんなことを呟く人が一人でもいなくなるように元気づけていきたいです。

人生100年時代の新「終活」小説、人生後半の生き方に迷いのある方におすすめです。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!