大事なことは夜、寝る前に再確認 記憶の衝突起きず、朝まで覚えている インプット大全by樺沢紫苑

広告

物忘れが激しい人に朗報です。

寝る前15分は「記憶のゴールデンタイム」なんだそうです。

人は睡眠中に、前日の出来事やインプットされた情報を整理し、記憶として定着させます。

その際、インプットしたあとに、何もせずに眠ると記憶として定着しやすいと、精神科医 樺沢紫苑先生の『インプット大全』に書いてありました。

すぐ忘れてしまう人でも大丈夫

私は、恥ずかしながら記憶力に全く自信がありません。

買い物に行っても何を買いに来たか忘れてしまうような、情けなさ。

それがここ2日ほど、前日の夜、「大切なこと」として覚えたことを朝ちゃんと覚えていてびっくりしています。

2日間とも次の日の用事のことです。

インプット後、何もせずに眠るのがポイント

「明日、ちゃんとゴミ袋と除菌シートの詰め替え用を持って行かなくっちゃ」とスタッフに頼まれていたものを夜、思い出し、自分に言い聞かせました。

そして、その後、何もせずにそのまま寝ました。

この「何もせずに」というところが大事なようです。

「何もせずに」というのは、具体的にはスマホやテレビを見ずにというようなことです。

余計な情報を入れずにと考えればいいですね。

何もしないで眠ると「記憶の衝突」が起きないので、脳は余計な情報を整理する必要がなく、そのままストーンと記憶に定着するようです。

そして、朝、起きた時、頭がクリアな状態でその大事なことを思い出すのです。

自分がしっかり覚えていると気持ちいいですね。

そうじゃない時は、あれっ何かしないといけないことあったような気がするけど、なんだったかなぁって、モヤモヤするからです。

さいごに

寝る前15分の「記憶のゴールデンタイム」は、「インプットのゴールデンタイム」。

上手に活用していけば「記憶力のいい人」になれるかもしれません。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!

あわせて読みたい