インプット大全by精神科医 樺沢紫苑 インプットは量じゃなくて質が重要だ 不要な情報は入れない努力を

広告

精神科医 樺沢紫苑先生の『インプット大全』を読みました。

書いてあることは全てその通りと思うことばかりだったので、途中まったく止まることなくあっという間に読みきりました。

とにかくわかりやすいです。

私が特にここが大切と思ったところを紹介します。

貧弱なインプットからは貧弱なアウトプットしかできない

貧弱なインプットからは貧弱なアウトプットしかできない。

当たり前と言えば当たり前ですが、樺沢先生が言われる「貧弱なインプット」の指摘がズシーンときます。

貧弱なインプットとは

まず、インプットすれば良いというものではありません。

本当に必要な情報というのは限られていて、世の中に出回っている情報のほとんどは自分に不要のものが多いです。

そのため、私たちはスマホ・パソコン・テレビ・新聞から毎日たくさんの情報に接触しているにも関わらず、1週間後にしっかり記憶に残っているのは、わずか3%だそうです。

質の低い情報を大量に入れすぎることによって、精度が低くなります。

そもそも必要のない情報は、「見ない」「接触しない」つまり情報を「捨てる」努力が必須ということでした。

まず、この時点で、ちょっとびっくりしませんか?

インプットする情報を断捨離しないといけないのです。

いらないものをインプットしてしまうこと自体が害になるわけですから、いらないものはインプットしてはいけないのです。

記憶にとどめて、初めてインプットが成立

情報が脳内を素通りしては意味がないというのもなかなか厳しい指摘です。

精神科医 樺沢先生が患者さんに薬の説明をした後、確認すると

先生:「わかりましたか?」
患者:「はい」
先生:「では、今説明したことを、話してもらえますか?」
患者:「・・・」

無言になる光景が目に浮かびます。

私もオロオロになります。

樺沢先生は、重要な説明を覚えていないようでは治る病気も治らないと言います。

本当にその通りですよね。

こういう私たちがよくやりがちな「右の耳から入って、左の耳から抜けていく」状態は「インプット」とは言えません。

インプットとは、「情報の入力(イン プット)」なのでした。

脳の中に情報が入って(IN)、脳の中に情報が置かれる(PUT)=記憶に留まっていることが大切なのです。

アウトプット前提のインプット術

2週間で3回以上アウトプットすると、インプットした内容がしっかり記憶に残るそうです。

アウトプットを前提にインプットすることで、インプット段階の意識が全然違ってきます。

効果的なインプットのために

必要な情報に最短でたどり着くコツも紹介されていて、とても助かります。

わからないことは、まず検索するわけですが、その際、コマンド(演算子)を使うと複雑な検索が一瞬で完了する技です。

・AND 検索・・語と語の間にスペースを挟むと「すべての語を含む」検索
・OR 検索・・・語と語の間にスペースを挟み、OR(半角大文字)を入れると「いずれかのキーワードを含む」検索
・NOT 検索・・除きたい語の直前にマイナス記号「-」を置く
・ワイルドカード・・アスタリスク(*)を不明な語句の代わりに使用
・フレーズ検索・・キーワードを“”で囲むことで、そのフレーズすべてを含むものを検索

知っている人は知ってると思うのですが、パソコン初心者の私などは全然知りませんでした。

こういうことを知っていれば、自分で必要な情報に素早くたどり着けるわけですよね。

良い本を読むと、今の自分にプラスになることをスッとすくい上げることができます。

もう一つ、びっくり情報。

Google検索窓に計算式を入力して、エンターキーを押すと計算結果が表示されるって、知ってましたか???

電卓アプリを開く必要なしです。

さいごに

アウトプットを前提にインプットしたいと思っている私ですが、アウトプットの質を高めるためにはインプットの質を高める必要があること、そしてインプットの質を高めるためには不要な情報は入れないようにしなければならないことがわかりました。

情報が溢れている中、いかに惑わされずに大切なものだけを入れていけるか、アンテナをしっかり立てて行かないといけないと思います。

8月10日金沢でも樺沢先生の出版記念講演会が開催されます。

直接お話を聞くことでさらに深く理解できると楽しみにしています。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!

あわせて読みたい