ゆうこす『共感SNS』お金の稼ぎ方知ってる こんなすごい女の子がいる なんて!

広告

「ゆうこす」の『丸く尖る発信で仕事を創る 共感SNS』という本を読みました。

正直に言います。私は、新聞でこの本が紹介されているのを見るまで、「ゆうこす」という人を知りませんでした。

さすが、かつてHKT48というアイドルグループに所属していただけあって、とってもかわいいです。

「モテる為に生きてる」というキャッチコピーで”モテクリエイター”と名乗り、YouTube・Instagram・Twitter・ブログ・生配信と様々なSNSで「モテに関する情報」を発信しているという1994年生まれの女の子です。

ゆうこすは、ただのインフルエンサーじゃない、次世代の起業家だ!

私がこの本を読んでみようと思ったのは、ホリエモンが「ゆうこすは、ただのインフルエンサーじゃない、次世代の起業家だ!」と本の帯に買いていたからです。

フォロワーが2万人いてもイベントで3人しか集まらないことも

現在は、SNSの総フォロワー数は150万人を超え、元アイドルなのに、その8割は女性というゆうこす。

HKT48脱退直後は、Twitterフォロワー数2万人いたのに、イベントを開催したらファンが3人しか集まらなかったそうです。

SNSでなりたい自分をつくる

SNSで発信力をつけ、それを仕事にしたいと思ったら、自分のやりたいことや方向性を語り、思い入れを持ってもらうことがどんなテクニックよりも、一番大事。

寝食を忘れるくらい大好きで、ワクワクすることじゃなければ、発信しても意味がないと、ゆうこすは言い切ります。

コアなファンと一緒に自分を広めていく

自分が何を目指しているのかをはっきりさせて発信していくことで、コアなファンができ、そのコアなファンの方々と一緒に自分を広めていくことで、フォロワーの伸び方が変わってきたそうです。

ゆうこすの場合は、「モテたい」という気持ちが男性向けではなく、ぶりっ子したい女性に共感してもらいたいと掲げたことが大成功に繋がりました。

コアなファンがどんどん拡散してくれる仕組みですね。

ゆうこすのファッションが「真似しやすい」というのもフォロワーが多い理由でしょう。

ゆうこすは、戦略家である

本の中で詳しくどんなふうにしてファンを増やしていったか、そのやり方が書かれています。一流プロデューサーの手腕かと思える賢さです。

しかも、自分で作り上げてきているところが凄すぎます。

人の商品を売っても数%しか利益が入らないことを見越して、自分ブランドの化粧品を開発して自分で売っているなんて、20代の女の子がどうしてそこまでできるのかと驚くばかりです。

スーツ着て一流会社で商品販売の戦略会議を開いている人たちに全然負けていません。

なぜ、ゆうこすが人気なのか

なぜ、ゆうこすが人気なのか、私なりの意見をまとめます。

ゆうこすは、時代の波を読んでいるからでと思います。

実に勉強熱心です。

自分のフォロワーである女の子たちが、今、どんなものに興味があり、何を感じ、何を求めているか、アンテナを張りまくって調べています。

そして、その子たちに喜んでもらえるものを提供していっています。

さらに、フォロワーを自ら立ち上げたブランドの制作チームに巻き込み、フォロワー自身が「他の人にも広めたい」という強い気持ちになっています。

これは、新しい形の会社経営のようなものではないでしょうか?

自分たちのリーダーを信頼し、ついていきたいファンが一緒に働いてくれているのです。

さいごに

今の若い者は・・・なんて言うのは、全くもって時代遅れです。

どんどん自分で考えて、尖って生きていくしかないのです。

こんなに上手に丸く尖って大成功している人を尊敬します。

興味のある人はぜひ読んでみてください。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!

あわせて読みたい