ミニマリストになりたい秋子さん『使い果たす習慣』の説得力ある提案に頷くばかり

広告

ミニマリストになりたい秋子のブログの森 秋子さんの2冊目の本『使い果たす習慣』を読みました。1冊目の『脱力系ミニマリスト生活』よりパワーが増していて面白く、一気読みしました。

「ステップダウンして深呼吸する生活」という提案が素晴らしいと思います。「たりない」より「あるから大丈夫」を増やすのは、現実をしっかり見据えて、自分軸で行動できていて、若いのに本当にしっかりしているなぁと感心するばかりです。

秋子さんが言われていることは、実は特別のことではなく、日本人が古くから大切にしてきたことです。『使い果たす』という表現が好きとのことですが、昔から『使い切る』ことが大切と言われてきました。

最後まで大切に使い切ってから、次のものを使うのが当たり前だったのに、私たちはいつからまだあるのにどんどん買ってしまうようになったのでしょう・・・。

私たちが高度経済成長時代に使い捨てをし始めてからかなと責任すら感じます。実際、私たちの世代はバブルも経験し、ものを大切にする心を失ってきた背景があります。でも、東日本大震災を経験してから若い人たちを中心にものに対する考え方が大きく変わってきました。『使い果たす』『使い切る』やっぱり大切です。

魚焼きグリルを使い果たす

足りないときは、すぐ買わずに今あるもので工夫します。スーパーのパンもガスレンジに付いている魚焼きグリルで焼いたら、びっくりするほど香ばしく美味しくなったそうです。我が家の魚焼きグリル・・・全く使われていません。

使わない乳液でトイレ掃除、ビニール袋でお風呂掃除

乳液・リンス・クリームは、油と乳化剤が入っているので、掃除に使うことができるそうです。また、DMが入っていたビニール袋をクシャクシャと丸めてスポンジにすると弾力が絶妙でお風呂掃除・キッチンシンク掃除にピッタリなんだそうです。

袋にロゴや模様が入っていると、その色が落ちる場合があるので、そのときは裏返して使いましょうなんて、素晴らしい。要らないモノもただ捨てるのでなく、使い果たして捨てるのですね。

服は好きなものをとことん着たおす

「微妙な服」は即捨てて一軍だけを着るというのは、ミニマリストさんたちの定番です。わかっているけど、なかなかできないのが一般人(笑)

秋子さんは、洋服の全てを上下セットを決めて着ることにしているそうです。着たおして、次の年、またお気に入りの服を買うのもいいですね。上手にリサイクルショップを利用しているようです。

持たないほど、ものが生きる

世の中は1年中セールやイベントに溢れています。初売りに始まり、今や恵方巻きまで商業ベースに乗ってしまっていますね。お誕生日やお祝い事も入れると、いつも買わなければならない場面ばかり。

自分が欲しい時に自分のペースで買うのが良いですね。

「統一感」の呪いを手放すという表現も、私にはグサッと突き刺さってきました。全部お揃いのものに統一しようとしたら大変です。別に1個ずつ違っていても構わないのに、なぜか全部揃っていた方が良いと思い込んじゃっていましたね-。

うちの母なんて、湯のみは30客揃いで置いておかないといけないんだと主張していました。昔、報恩講というお参りがあって各家庭に全員分の湯のみが必要だったのです。今はもうすっかりそういう風習がなくなったのに。

さいごに

とにかく『使い果たす』ことを楽しんでいるのがいいなぁと思います。私も使いきれない洗剤が山ほどあって、結局捨ててしまいました。それなのに、また新しいものを買ってしまっています。

『使い切る』が100%使うことを意味するとすれば、『使い果たす』は120%使うことかもしれません。さすが25歳で中古マンションを買い、5年で返済して、その後の10年で3000万円貯めた人は違うなぁと感心します。

若い人から学ぶことが多いミニマリズムです。良いと思ったことは、どんどん今日から取り入れていきたいです。

森秋子さんの1冊目の本『脱力系ミニマリスト生活』について書いた記事は、こちらです。
ミニマリストになりたい秋子さんの『脱力系ミニマリスト生活』一番お金を貯められるのは、やっぱりこれね

ミニマリストさんたちの本をまとめました。良い本ばかりなので、ぜひのぞいてみてください。

ミニマリスト本 16冊 「時間」「お金」「心」が豊かな生き方の参考になります

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!