『体幹リセットダイエット 究極の部分やせ』下腹やせにチャレンジ

広告

毎朝体重と体脂肪率を測っているのですが、そのことにあまり意味が見出せなくなってきました。

体重や体脂肪率が減っても全然お腹ポッコリが解消されないからです。

それでも油断するとすぐ体重が増えて体は重くなるし、お腹周りはどんどん太くなっていってしまいます。

そんな時に本屋さんで目に入ってきたのが『モデルが秘密にしたがる 体幹リセットダイエット 究極の部分やせ』という本でした。

2019ミス・インターナショナル世界大会公式トレーナー 佐久間健一さんという方が書かれた本です。

「絶対にやせられない人」は、いつも体重の増減ばかり気にしている

「自分の設定通りに体重を落としてくれる魔法なんて、この世に存在するわけがありません。」と断言されているのを読んで、あぁその通りと天を仰ぎました。

まず姿勢を整えて体幹リセット

体幹の筋肉を使って、きれいな姿勢をとれるようになれば、代謝も上がって体形が変わります。

体形の悩みに立ち向かう

一生付き合う体のことなので、体形の悩みに立ち向かうことが大切。

見た目が変わることで、人の印象もさることながら、自分の中の「自信」も変わります。諦めずに、いくつになっても年齢を感じさせず、輝きながらかっこよく生きていけたら素敵だと思います。

下腹やせエクササイズ1〜4

4つのエクササイズが紹介されているので、今日から毎日やってみようと思います。

1 両ひじをつかみ腕を上げて、上体を真横に傾けるポーズ

2 上体を前傾させて、両腕を正面から上げるポーズ

3 片足を踏み出し、後ろ脚の膝を床につけ、出した足と反対側の腕を上に伸ばして、上体を横に傾け、もう一方の手を下に伸ばすポーズ

4 膝を軽く曲げて、上体を股関節から前に傾けていくポーズ

この4つをそれぞれ3秒ずつ10セットします。

たった3秒なので我慢できますが、結構キツイです。

さいごに

体重を減らすことが目標ではないことはわかっていました。

目に見える数値の変化に踊らされて、本質的な健康を失うところでした。食べたいものを我慢して体重を減らすのではなく、栄養あるものをしっかり食べて、体幹を鍛える運動をすることが大切なのです。

下腹ポッコリは、姿勢の悪さからきています。

根本的なところを改善しない限り、緩みきった下腹が引き締まることなどありえないのですよね。

この本には、「ウエスト」「下腹」「太もも」「ふくらはぎ」「二の腕」「ヒップ」「背中」のそれぞれの部分やせエクササイズが紹介されています。

私が1ヶ月続けて効果があったと実感できたら、また報告したいと思いますので、ぜひご期待くださいませ。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!