ミニマリストやまぐちせいこさん 『少ない物で「家族みんな」がすっきり暮らす』ルール作りは家族会議で

広告

ミニマリストやまぐちせいこさん(以下、やまさん)の新刊『少ない物で「家族みんな」がすっきり暮らす』を読みました。

やまさんは、根っからのミニマリストだなぁといつも思っています。

ブログ「少ない物ですっきり暮らす」の内容はもとより、記事の書き方もいつも簡潔です。

無駄な物がない

無駄な物が徹底して何一つないというところが実に素晴らしい。

そんなやまさんの今回の本は、今までよりもご家族のことがたくさん書かれています。

息子さんや娘さんの写真も載っていて、ご家庭の雰囲気が伝わってきます。

大事なことは家族会議で決める

私がこの本を読んで一番素晴らしいなぁと思うのは、家族会議で物事が決められている点です。

人生の変化に合わせて、もっと自由に、心地よく

娘さんがなかなか片付けができない状態だというところから、やまさんの試行錯誤が始まり、モノを減らしてどこに何があるか、一目瞭然にしておくことで、娘さんの自立を支援していかれました。

『少ない物ですっきり暮らす』の方では、やまさん自身の捨て方およびシンプルな生き方が描かれていましたが、その成果が今回の『少ない物で「家族みんな」がすっきり暮らす』では、家族みんなに波及しているのがわかります。

お子さんが大きくなってきて、その成長に合わせて、家族みんなが自由に心地よく過ごせるように柔軟に変えていくのが、できそうでなかなかできてないことに思えます。

4人家族で家事を分担

自分の考え方を家族全員にわかってもらい、協力してもらい、自分のものにしていってもらうということをどんなふうにすればうまくいくかが紹介されています。

要は、自分も相手もわかりやすいようにすればいいのです。

つまり、いるものだけしか置かない。

4人家族で家事を分担して気持ちよく暮らすには、やはりルールが必要だし、それは親が決めて躾けるというのでなく、みんなで話し合って着地点を決めるというのは、最高です。

そして、それを徹底する。

掃除が行き届き、美しい家

やまさんの家はいつも水拭きされて美しい。

なかなかこの通りにできる人はいないだろうけど、禅寺へ行って心が落ち着くと感じる人は、ぜひこの本を読んで、やまさんの世界を見てほしい。

家族みんなで少ない物ですっきり暮らしたいという人は、ぜひご一読ください。

さいごに

親が自分の世界を持つことで、子どもの自立を心から応援できるような気がしていますというやまさんの言葉が突き刺さっています。

親として一番大切な仕事は、子どもに生きるスキルを教えることなんですよね。

辰巳 渚さんの遺作「あなたがひとりで生きていく時に知っておいてほしいこと」と重なる部分があり、親として考えさせられるテーマです。

よろしければこちらもどうぞ

辰巳 渚さんの遺作 ひとり暮らしのバイブル 親としての溢れる愛情に涙が出る
https://sawako3.jp/recommend/book/21309

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

あわせて読みたい