「1日1捨」ミニマリストすずひさんの世界観と究極のモノ選びが見える本【書評】

広告

超人気ブロガーすずひさんの初出版本「ミニマルな暮らしが続く理由 『1日1捨』」は、ずっとすずひさんのブログを読んできたファンにとって待望の本です。

ブログでのすずひさんは、いつも控えめで、最後に「読んでくれて本当にありがとうございました」と丁寧に書かれているのがとても愛おしいのです。

だから、ついつい気になり、長いブログなのに惹きつけられるように読み入ってしまうの人がたくさんいるのでしょうね。

それが、本の中では、編集者さんの力も入っているためか、すずひさんの素晴らしさが1冊の中に簡潔にクッキリハッキリ浮き上がっています。

今まですずひさんのブログを読んだことがなく、初めてすずひさんに出会う人もスッとすずひさんの世界に入っていけるように構成されているのです。

本の中で、すずひさんのモノを選ぶ目がどれだけ研ぎ澄まされているか、美しい写真とともにワクワクして見せてもらうことができます。

私は、毎日のブログで発信されてきたのを読んで知っているつもりでいましたが、改めて1冊の本で読むと、いかに首尾一貫しておられるかがわかりました。

最高にオシャレな究極のミニマリスト

私にとっては、すずひさんはそんな存在です。

自分よりずっと若い方ですが、見習って、モノを見る目を鍛えていきたいと思います。

これからは、単にモノを捨てるというのでなく、自分が持つモノやコトを極める時代なのですよね。

すずひさんは時代のさきがけで、みんなが憧れる人です。

モノを捨てたら一体どうなるのか?と思う人は、ぜひこの本を読まれたらいいと思います。

モノを捨てたら、自分の世界がこんなに素敵なモノだけになるんだということがわかりますよ。

本当に気に入っているものだけを選び抜くというのは至難の技です。

なかなかここまでできる人はいません。

ただ減らすというのでなく、靴やバッグまでトータルに考えて毎日素敵にコーディネートできる服が12着になったということです。

持っているものを手放す時の心の葛藤なども丁寧に書かれています。

最高にオシャレなミニマリストさんです。

ミニマリストの人気ブロガーにオシャレな人が多いのもわかる気がします。

ものを買うときに妥協しない

大切なものだけを持つ

すばらしいです。

ガラーンとして、本当に必要なものだけしかない暮らし。

しかもそれらは全て、自分が納得して買ったものだけ

最高です。

一気に読んで一気に気持ちが高まりました。

私ももっと捨てる!

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

あわせて読みたい