「斎藤一人 俺の人生 すべてが成功する絶対法則」を読んで 悪口言わない 愚痴もこぼさない

広告

斎藤一人さんは、健康食品・自然化粧品「銀座まるかん」創設者で、2003年に累計納税額日本一になった人です。

その、事業で大成功している一人さんが、人生の残っている時間を意識して、もう「本当のこと」を教えなきゃ、時間がないと思ったということで、この本が書かれました。

私は、何気なく入った本屋さんで、何となく目についたこの本を手に取り、いつもは何ページか読んで中身を確認する立ち読みもせず、すっとレジへ持って行き、買いました。

1350円する本でしたが、不思議と迷いがありませんでした。

そして、その後、すぐ読み始めました。他に家には積んである本が何冊もあるのに。

一人さん自身、「この本を読んでも信じられないという人がいるかもしれない。そしてこの本のことを、ごくごく限られた人しか喜んでもらえないかもしれない」と書いています。

私は、ごくごく限られた人のようです。書かれていることを信じられたし、読んで楽しかった。

一人さんが伝える「本当のこと」を紹介します。

悪口や愚痴をやめると人生が変わる

自分の言っていることに、愛があるだろうか?
自分の言っていることが、人を傷つけていないだろうか?
自分の顔に、今、愛があるだろうか?
自分が出している波動に、愛があるだろうか?

相手が嫌なことを言おうが何をしようが、関係なく、自分のできる範囲で、人に優しく、親切にする。悪口や愚痴を言わないようにする。

ただそれだけで、一人さんはずっとうまくいってきた。

うまくいかないときはやり方が間違っているサイン

人生を変えたかったら今までと違うことをしてみる。

うまくいかないということは、何か間違っているから、改良すればいい。失敗するたびに見えない階段を上がっている。

思い込みをなくせば、したいことができる方法がある。

人をゆるすにはまず自分を許すこと

人をゆるせる人のそばって居心地がいいから、あちこちから人が大勢集まってくる。そして、集まってきた人が幸せになることを考えていると、神様からうんといい知恵がもらえたりする。

人生はとにかく面白くなくちゃいけない。人を大笑いさせたかったら、まず自分を笑わせてみよう。

一番笑わせるのが大変なのは自分。だから、いつも自分を笑わせるか、考えていこう。

人をゆるすには、まず自分が笑っていよう。

さいごに

普通は、「笑う門には福きたる」っていうけど、一人さんは、笑ったら福が来るという1回の当たりじゃなくて、1回笑うと100も福がくる大当たりだから、俄然やる気になるよと言います。

そういう考えかたって楽しいですよね。

どんどん面白いことをして、いっぱい笑って「大当たり」を連発していく人生、楽しいです。

私も人の悪口言わないで、愚痴をこぼさないで、笑顔でいいことをいっぱいしていきたいです。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!