マネーコンサルタント市居 愛さんの「お金を整える」を読んで、 冷蔵庫を整えようと思った。

広告

マネーコンサルタント 市居 愛さんの「お金を整える」を読みました。

実は、お金は「ない」のではなく、「散らかっている」のです。という表現にハッとさせられました。

お財布や通帳でお金の通り道を整えるのは、そのものズバリですが、「冷蔵庫を整える」とお金が貯まるというのが、いいなと思ったので、その部分を紹介します。

お金は、冷蔵庫の中で腐る。

買ってきた食材や調味料など、冷蔵庫には、使いきれず処分するものがあります。

冷蔵庫の中が汚部屋状態になって、大事なものが見つからないことも。

これを「お金は、冷蔵庫の中で腐る」と表現されると、うまいこと言うなぁと妙に感心してしまいました。

食費が”自然に”減る5つのステップ

冷蔵庫の整え方のポイントが5つ。

1 不要なものを捨てる。

捨てたものを覚えておき、それが本当に必要か、考えるようにしよう。

2 「1週間買い物リスト」を作る。

1週間に使い切る量を把握して、買い物リストの精度を上げていこう。

3 買い物は週に2回、曜日を決める。

「まとめ買いデー」「補足買いデー」を決め、「まとめ買いデー前日」には冷蔵庫の中のものを食べ切ろう。

4 冷蔵庫の段ごとに食材の位置を決める。

指定席を決めて、奥まで入れず、全ての食材が見えるようにしよう。

5 「足りない栄養コーナー」を作る。

例えば、カルシウム不足を補うために、冷蔵庫内に適量のチーズ、わかめ、ひじき、桜えび、ごまなどを入れる「カルシウムコーナー」を作り、1週間で食べきるようにしよう。

整えた後、起きる変化

1 1週間に食べきる量がわかるようになり、食材を買う量が減った。

2 買い物の回数と曜日を決めたことで、いらないものを買わなくなった。

3 段ごとに食材の位置を決めたことで、捨てたり腐らせたりすることがなくなった。

結果、月68,000円だった食費が53,000円に減り、年間18万円も節約できた例が紹介されていました。

金銭的にも大きいですが、食べ物を捨てないようになるということがとても大切に思えます。

冷蔵庫をフレッシュで美味しいものだけに

冷蔵庫の中が常にフレッシュで美味しいものだけになるといいです!

冷蔵庫を保存庫のように使ってきた私は、心を入れ替えたい気持ちです。

1週間で総入れ替えするペースでいこうと思うと、今まで買いすぎていたとつくづく思います。

さいごに

お金の通り道を整えるということで、「財布」「通帳」「冷蔵庫」「手帳」「借金」「お家」さらに「夫」まで整えるという構成で、面白くためになる本でした。

それぞれの人の気になるポイントが違うと思うので、あえて私は「冷蔵庫を整える」部分だけ取り上げました。

お金について、しっかり考えることは、本当に大事なことと思います。

ちゃんとしないといけないと思いながら、まだ手がつけられていない方にオススメです。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!