精神科医 樺沢紫苑さんの「アウトプット大全」を読んで やる気が一気に出た!

広告

精神科医 樺沢紫苑さんの「学びを結果に変える アウトプット大全」を読みました。

一気に読み終え、やる気がみなぎってきました!

実は家に、買ったけど読んでいない本が20冊くらいあります。途中まで読んでそのままにしている本もあります。

それなのに、買ったばかりの「アウトプット大全」は、一気に読み終えました。

途中で全く止まらなかったです。

それくらい惹きつけられました。今の私にピッタリで、腑に落ちることばかりでした。

どこがそんなに良かったのか、紹介します。

今までアウトプットの定義を狭く考え過ぎていた。

今まで私は、アウトプット=情報発信と思っていました。

でも、この本を読んで、「読む」「聞く」というインプットによって「脳内世界」が変わ理、「話す」「書く」「行動する」というアウトプットによって「現実世界」が変わることがわかりました。

これからは、さらにアウトプットして成長していこうと思います。月10冊読書して1冊もアウトプットしない人よりも、月3冊読書して3冊アウトプットする人の方が自己成長が加速するのは、明白です。

実際、私も昔、受験生だった時、友達に問題を出している私の方が内容がよく頭に入りました。人に教えようとするのが一番、記憶に残るのは実感としてわかります。

2週間に3回使った情報は、長期記憶されるそうなので、何回もアウトプットすることは、自分の記憶を確かなものにするのに効果的なんですね。

大事なことを忘れることが多いので、「話す」「書く」「行動する」ことでどんどんアウトプットしようと思います。

本を読んで、すぐ実践したいこと

一気に読みながら、すぐ実践したいことがどんどん浮かびました。

そのうちの2点

1.TO DOリストは、紙に書く。

1日の仕事の流れが把握でき、集中力を途切れさせずに、うっかりミスもゼロにするTO DOリストは、仕事効率化の必要不可欠です。

ところが、私はどうしても続きません。スマホのアプリで入力してみましたが、やはりダメでした。

この本を読んで、その原因がわかりました。

スマホは誘惑の塊で、スマホを見るたびに脱線していくからでした。

これからは、紙に書き、常に見えるところに置き、達成したら豪快に消すというやり方でいきます。

2.ポジティブ日記を書く。

個人的な日記なんて、書いても仕方ないと思っていました。

でも、本を読んで、毎日日記を書くことで「書く能力が高まる」「自己洞察力、内省能力、レジリエンス(ストレス耐性)が高まる」ことを知りました。

「楽しい」を発見する能力を高めるためにも、ポジティブ日記を書いていこうと思います。

具体的な書き方例が載っていたので、参考にします。

「5分」で「3行」からスタート。

ネガティブなことをポジティブに変換して、毎日「5分」で書く。

ポジティブな出来事、楽しい出来事、嬉しい出来事などを「3つ」書く。

短いブログを書いてみたいと思っていたので、今日からやってみます。

さいごに

久しぶりに1冊最後まで本を読み終えることができて、とても満足です。

そして、それをすぐアウトプットしようという気持ちになりました。

分厚い本なのに、講演会でお話を聞いているような感覚で、すっと頭に入ってきます。

読んだ人を即、行動に移させるというこの本、すごいなと思います。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!