ちゅらさんの『それ、いらない』を読んで 食品はスーパーに保管してあると考える

広告

予約していた本がやっと届きました。

それくらい待ち遠しかったです。

ちゅらさんの 『持たない暮らし、使い切る暮らし それ、いらない。』です。

ちゅらさんのブログを読んでいたので、本もぜひ読みたいと思いました。

この本は、すごいです。

私は、いつも、ちゅらさんのブログを読んでいて、ここまで簡潔に書ける人は、なかなかいない!と感心しています。

そして、いつも、もっと続きを読みたい…という気持ちになります。

女子会などでよくある、同じ話をグルグルぐるぐるしている感じなんていうのは、まったくありません!

たくさんあったものを9割捨てたら人生が変わった!という、ちゅらさん。

なんだかとってもカッコイイです☆彡

ミニマリストというと、必要最低限のものしかない・・・殺風景みたいなイメージを持っている人がいると思います。

もしかしたら、ほとんどの人がそう思っているかもしれません。捨てたいんだけど捨てられないんだよね~なーんて言っている人にとっては、すっぱり捨てられる人って真逆の存在ですね。

私は、ちゅらさんのように、9割のいらないものを捨てて1割の大切なものを大事にする生き方に憧れます。

洋服から捨てる

今は、必要枚数しか所有せず、シーズンごとに総入れ替えするそうです。

洋服を増やさない

私も半年前に、下着を3組だけにしてみるという実験をしてみたら、なんと今でもほぼOKです。足りなくなったらすぐ買いに行こう!と思っているのに、毎日洗濯していると3組でちょうどよく回っていて、足りなくなりません。正直、びっくりしています。

靴下やストッキング゙・タイツ・ハンカチなども「3」にこだわってみました。全然、OKです。

ダメになったら新しいのを買えると思うとそれも楽しみです。

食品は家ではなく、近所のスーパーに保管してあると考える

食料品については、いろいろ考え方があるでしょうが、日用品のストックなどは、確かに必要なく、今使っているものがなくなったら買うのにすれば無駄がないですよね。

スーパーに保管してあるという考え方、とってもいいですよね。

将来設計もばっちり!

ちゅらさんの一番すごいなぁと思うところは、老後の資金に充てるために20代後半から長期投資を始めている点です。お金についてもしっかりした考え方で、自分たちが将来もずっと幸せに生きていけるように考えて貯めています。

モノを持たない暮らしを始めてから6年で、資産が1000万円以上になったというのを聞いたら、どんなにちゅらさんがしっかりした人なのか、わかると思います。

さいごに

家族で沖縄に移住し、きれいな海を眺めながら、今後の生活形態の変化にも対応できるよう賃貸マンションで、幸せに暮らしている・・・そんなちゅらさんって魅力的だと思いませんか?

 

応援していただけると励みになります(^^)

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!