ミュージカル李香蘭 昭和の歴史を重く受け取り、苦しかった 劇団四季 浅利慶太 追悼記念

広告

自由劇場で、劇団四季のミュージカル李香蘭を観てきました。

戦争を背景にしていることを少し軽く考えてしまっていた私は、観ていてとても苦しくなりました。

でも、戦争のことを知ることは大切なことだと思います。

興味がないという人もいるかと思いますが、私自身、自分が感じたことを伝えていかなければならないという思いでいます。

演出家 浅利慶太さんが「今日我々を包み込む平和は、戦争で犠牲になった人たちの悲しみの果てにもたらされたもの。あの悲劇を語り継ぐ責任がある。哀悼と逸歌は、我々の手で奏でなければならない。」と語られています。

戦争のために人生がメチャクチャにされてしまった人たちのことを、私たちは決して忘れてはいけないと思うのです。

李香蘭ってどんな人?

李香蘭は、日本語・中国語を流暢に話し、歌う映画女優として満洲映画協会で活躍した日本人美女 山口淑子さんです。

お父さんが日中友好の夢を幼い娘に託し、親友李将軍の幼女にしたため、李香蘭と名乗ることになりました。

戦争が進んでいく中、李香蘭は何も知らず、日本軍によって利用されていったのでした。その人気は、満州国だけでなく、日本でも日劇でリサイタルが行われるほどの大盛況。

敗戦の時まで、新聞報道を鵜呑みにして、日本の勝利を信じ込んでいました。

そして、敗戦により、満州国は消え、李香蘭は日本の宣伝工作に加担した裏切り者としてその罪を問われることになります。

検察官が死刑を求刑したその時、李香蘭は驚くべき告白をします。

「私は中国人ではありません。日本人なんです。」

日本人であれば「祖国反逆」の罪に問うことは出来ない。

裁判長が「無罪」を申し渡し、不服を申し立てる傍聴人たちに「憎しみを憎しみで返すなら争いは何時までも続く。徳を以って怨みに報いよう」と。

徳を以って怨みに報いよう

以徳報怨という思想は、中国の指導者たち、周恩来や蒋介石が抱いていた、度量の深い東洋的平和思想です。

この恩赦によって、李香蘭は死刑を免れ、国外退去を命じられます。

そして、李香蘭という名前を捨て、山口淑子となって、日本に帰国したのでした。

戦後の山口淑子さんの活躍

戦後は、山口淑子として舞台や映画で活躍、「暁の脱走」(谷口千吉監督)、「醜聞(スキャンダル)」(黒澤明監督)、「白夫人の妖恋」(豊田四郎監督)などの話題作に出演しました。

51年に彫刻家のイサム・ノグチさんと結婚したが、数年で離婚。その後再婚し、一時芸能界から引退したが、テレビのワイドショー「3時のあなた」の司会として復帰しました。

パレスチナ問題を取材してレバノンで日本赤軍の元最高幹部に単独インタビューを行うなど、精力的に活動しました。

昭和49年には当時の田中角栄総理大臣から誘いを受けて参議院議員選挙に立候補して初当選し、3期18年務めて環境政務次官などを歴任しました。

昭和62年には自伝の「李香蘭・私の半生」を出版し、日本人でありながら中国人スターとしてふるまった葛藤と苦しみが多くの人の共感を呼び、ベストセラーになりました。

関東軍や満州国の宣伝に利用され、日本人なのに中国人のふりをして女優を続けねばならぬことをずっと悩み続けていたそうです。

2014年 94歳で亡くなられました。

李香蘭という人生

山口淑子さんは、「李香蘭として過ごした無知と愚かさが口惜しい」と言われています。

でも、誰も少女時代の李香蘭を責めることなどできません。戦争の犠牲者なのです。

戦争で犠牲になった多くの人々

戦争というのは狂気の世界です。人が人を殺すことを平気で行い、国のために命を投げ出すことも当然のこととされてしまう世界です。

愛する人を失うことに誰も抵抗できない、抵抗しようとすると銃殺される。

そんなことが現実に起こっていたんだと改めて実感し、苦しくてたまりませんでした。

さいごに

私の母も小学生の時、戦時中だったため、ろくに勉強もせず、訓練や奉仕活動ばかりだったと聞いています。

金沢は空襲もなかったのですが、浅野川の堤防から隣の富山県の空襲の真っ赤な火が見えたと言います。

私自身はすっかり平和になってから生まれているので、なかなか自分ごととして感じにくいのですが、昭和6年生まれの母にとっては、戦争は辛く悲惨な体験だったと思います。

これからも日本人は、戦争のない平和な世界が保たれるよう貢献していく役割を果たしていかなければいけないと再認識するミュージカル李香蘭、素晴らしいと思いました。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!

あわせて読みたい