一度食べたら忘れられない 蜜入りりんご「こみつ」輪切りで皮ごと食べる

広告

一度食べたら忘れられない“幻のりんご”と言われる究極の蜜入りりんご「こみつ」をいただきました。

輪切りにして食べるりんごなんて、びっくりです。

果肉全体に蜜が入ることから「こみつ」と呼ばれるそうです。

小さめのサイズのりんごです。

デコポンより一回り小さいです。

輪切りにして皮ごと食べると書いてあったので、切ってみました。

一応、芯があるのに、普通の力で輪切りにできます。

断面がとっても綺麗です。

食べてみたら、甘い!

香りも良く、とっても美味しいりんごです。

この「こみつ」は、平成18年9月に商標登録申請し、平成19年8月に認可されたそうです。

35年ほど前から試作栽培されていたにもかかわらず、何年経っても大きな実にならず、2名の生産者以外は栽培を諦めてしまったりんごです。

ところが、こんなにいっぱい蜜が入り、美味しいりんごを無くしてはいけないと「こみつの会」が結成され、再び生産を増やす努力し、百貨店・生協・ネット通販を通して数量限定販売が行われるようになってきたものです。

こんな素晴らしいりんごを食べることができ、とても幸せです。

11個入りの1箱をいただきました。

常温では、「蜜」が徐々に少なくなるので、保管の際はポリ袋に入れ冷蔵庫で保管しないといけないようです。

毎日1個ずつ食べるのが楽しみです。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!