【化粧品を使い切る】最後まで使いたいものは使い切り、嫌なものは捨ててもいい。

広告

何でも使い切って捨てるとやり切った感があります。

まだ使えるのに捨てるとき、「もったいない」と思ってしまいます。

でも、何でもかんでも最後まで使え切ればいいというものでもありませんね。

使い切った化粧品

化粧水と美容液は、毎回、最後の1滴までキッチリ使い切ります。

当然ですよね。

ポンプを外してから、さらに数滴残っているので、そこまで使う。

途中で諦めた化粧品

残念ながら、最後まで使い切れなかったものもあります。

口紅がポロッと折れてしまいました。

リップクリームもリップブラシを使わないと使えないところまできました。

以前、ほじくるようにして最後の方まで使ったのですが、使いながら嫌な気分でした。

今回、たまたま新しいリップクリームと口紅をプレゼントしてもらったので、もうそちらを使いたくてたまりません。

ということで、捨てました(^^)/

さいごに

最後まで使いたいものは、しっかり使えばいいし、もう嫌だなって思ったら、それはそれでいい。

特に化粧品は、気持ちよく使いたい!

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!