穴が開いた靴下を捨てる【使い切ると気持ちいい】

広告

毎日履いていた靴下に、ついに穴が開きました。

なんで毎日履いているの?と思われた方もおられると思いますが、毎晩洗濯乾燥機にかけていると、毎朝乾いているので、また履きます。

たまに、お出かけする時だけストッキングを履く時がありますが、コロナ禍の今、ほとんどそんなこともなく、毎日毎日同じ靴下を履いています。

そして、ついに、穴が開きました。

穴を見た時、嬉しかったです。

なぜかと言うと、ここまでちゃんと使い切ることができたと満足したからです。

それこそ、針と糸で穴をふさいで、まだ履けると言われると何も言えませんが、今まで使えるモノ・まだ着れるモノを大量に捨ててしまい、心苦しかった私が、ようやく堂々と手放せるのです。

去年の冬、ワークマンで購入して半年くらい履きました。

今話題のワークマンで買った高品質・低価格のアウトドアウェア&雪道用防水ブーツ【買って良かったもの】

回数にしたら150回くらい履いたことになるでしょうか。

裏のポチポチがツボを刺激して気持ちいいのです。

今は、色違いで購入したもう1足を履いています。

穴が開くまで履き切って、満足したという話でした。

これからは靴下も3足1000円のものでなく、1足ずつ買って、傷んだら次のを買うのにしようと思います。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!