冬物は、来年も絶対着たい洋服だけ残す【冬服の断捨離】

広告

中学校の同級生であるピラティス仲間たちで、「来年2月の金沢市ゴミ有料化までに(無料の間に)いらないものを捨てよう!」と話しています。

まずは、「冬物の捨て」から始めることになりました。

捨てるものはあるか

私はかなり捨てたので、もうほとんど捨てるものはないかなと思っていましたが、まだまだありました。

セーター2枚・チュニック1枚・ストール1枚捨てることにしました。逆にカバーをかけて「よそいき」と構えていたスーツとジャケットをいつでも気軽に着れるよう、カバーを外し、スタンバイ。

コートももう少ししたら、処分して、来年、新しいのを買いたいです☆

着る服しか残っていない

今まで、「あまり着なかった服」というものがあったのですが、今は、「着る服」しか残っていません。

やっと私もブログでよく見るミニマリストさんたちの状態になってきたのかなぁと嬉しくなります。

買い物が慎重になった

今日も雑貨屋さんへ行っていたとき、70%オフというコーナーがありました。

実は1枚服を手に持っていたのですが、「春になるのにこれを着るかな?」って冷静に考えて手放すことができました。

クローゼットの中に同じようなものがあることを把握できているって大事ですね。

出費が多い時は

東京へ行ってセミナーを受講していると、出費がすごいです。

でも、今の自分にとって必要なことで、どうしても行きたい。

それを考えたら、別に70%オフだからと言って、特別好きでもない服を買いたいとは思わなくなりました。というか、そんなものを買ってる場合じゃない!

私は、首元が寒いのがダメなので、マフラーやストールで補っていくようにしていきたいです。

さいごに

引き出しも全部中身を確認し、防虫剤を入れ直して、おしまい。

すっきりしました。

ぽちっと応援していただけると励みになります(^^)

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!